麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【3/3  Mリーグ2021-22 第2試合結果】近藤誠一が東場に怒涛の高打点ラッシュで完勝!2着争いは松本吉弘が接戦を制する!

【3/3 Mリーグ2021-22 第2試合結果】近藤誠一が東場に怒涛の高打点ラッシュで完勝!2着争いは松本吉弘が接戦を制する!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021-22シーズン」85日目が3月3日(木)に開催された。

3月3日の対戦カード © ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA
NASPAニューオータニとMリーグのコラボルーム宿泊期間延長!プレゼントキャンペーン実施中! ©ABEMA

NASPAニューオータニのコンセプトルーム“M.LEAGUE FUN ROOM”の宿泊期間が5月8日まで延長!公式ツイートのRTキャンペーンも開催中!

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 本田がトップで雷電3連勝! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:近藤誠一

西:松本吉弘

北:小林剛

第2試合

東1局、近藤がドラの[七]単騎リーチを一発でツモアガり、2000・4000のリード。

東1局 近藤 リーチ・一発・ツモ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東2局は本田が国士無双テンパイも、最終手番で[四]を掴み撤退。近藤と松本の2人テンパイで流局。

東2局 本田の手牌 ©ABEMA
東2局 流局 ©ABEMA

次局、親番の近藤。ラス牌の[7]単騎待ち七対子をツモって裏ドラが2枚乗り、6000オール。

東2局1本場 リーチ・ツモ・七対子・ドラ2 6000オール ©ABEMA

カン[二]待ち赤赤を即リーチとせず、[1][4][7]待ちに変化し松本から打ち取った12000と連続して高打点を決め、持ち点は6万点を超えた。

東2局2本場 近藤の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 近藤の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 松本の手牌 ©ABEMA
東2局2本場 リーチ・一発・赤2 12000 ©ABEMA

東2局3本場、松本が本田のリーチに追いかけ、一発で本田からアガって回復。

東2局3本場 松本 リーチ・一発・ドラ1 5200 ©ABEMA

東3局松本親番でタンヤオ赤ドラをヤミテンにかまえ、テンパイしていた本田から7700をアガり2着目に浮上。

東3局 本田の手牌 ©ABEMA
東3局 松本 タンヤオ・ドラ1・赤1 7700 ©ABEMA

東3局1本場は、本田が仕掛けて[中]を加槓してテンパイするも、アガリは出ずに流局。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東4局2本場、タンヤオで仕掛けた松本、本田、近藤の2軒リーチに発展するが、松本がアガリ切って南入。

東4局2本場 本田の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 近藤の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 松本 タンヤオ・赤1 500・1000 ©ABEMA

南1局、近藤が500・1000のツモアガリで局を進める。

南1局 近藤 リーチ・ツモ 500・1000 ©ABEMA

南2局、親の近藤、かなりリードがあること、手牌が悪いことから国士無双に向かう。

終盤に本田と小林のリーチ対決となり、結果は小林に軍配。

南2局 本田の手牌 ©ABEMA
南2局 本田の手牌 ©ABEMA
南2局 小林 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、本田が四暗刻の一向聴だが、ピンフ赤1をヤミテンに構えた近藤がツモアガり、オーラスへ。

南3局 本田の手牌 ©ABEMA
南3局 近藤 ツモ・ピンフ・赤1 700・1300 ©ABEMA

南4局、2着目小林と3着目松本の差は600点。親の小林が[五]のリャンメンチーから仕掛け、567の三色か[中]バックの仕掛け。

南4局 小林の手牌 ©ABEMA

この仕掛けに配牌からはテンパイも厳しいと見た松本がカン[②]からチーして、123の三色や役牌の重なりなどをみた。

南4局 松本の手牌 ©ABEMA

すると近藤もタンヤオ仕掛けでテンパイ。小林が放銃して小林と松本の着順が入れ替わり決着した。

南4局 小林の手牌 ©ABEMA
南4局 近藤 タンヤオ 1000 ©ABEMA

1回戦目の東城のラスをカバーする近藤の大きなトップで、フェニックスは本日トータル32.6ポイントをプラスした。

勝利者インタビューに淡々とこたえた近藤。

しかし最後には久しぶりの大きなトップへの嬉しさ(?)からか「さやかー!りおー!ゆうみー!お父ちゃん待ってるからねー!!」と家出(?)三人娘に呼びかけるシーンが見られた。

第2試合トップの近藤 ©ABEMA

第2試合結果
1位 近藤(フェニックス)+84.4
2位 松本(ABEMAS)+0.4
3位 小林(Pirates)▲20.0
4位 本田(雷電)▲64.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月3日トータル結果

フェニックス(東城4着・近藤1着)+32.6
雷電(本田1着・本田4着)▲5.6
Pirates(石橋2着・小林3着)▲11.1
ABEMAS(白鳥3着・松本2着)▲15.9

本日は着順が入れ替わる形でフェニックスがやや加点したがほぼポイント動かずの一日となった。ゲーム数がそのまま少なくなる結果でドリブンズにとっては苦しさが増す結果となった。

レギュラーシーズンも残すはあと5日。どのような決着となるのか最後まで注目だ。

3月3日終了時点のチームランキング ©ABEMA
3月4日の対局チーム ©ABEMA
3月3日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top