麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【3/7  Mリーグ2021-22 第2試合結果】白鳥翔がオーラスの粘りの連荘の末に6000オールを決めて逆転トップ!堀慎吾は4着でMVP争いは瑞原明奈と沢崎誠の一騎打ちか!?

【3/7 Mリーグ2021-22 第2試合結果】白鳥翔がオーラスの粘りの連荘の末に6000オールを決めて逆転トップ!堀慎吾は4着でMVP争いは瑞原明奈と沢崎誠の一騎打ちか!?

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021-22」87日目が3月7日(月)に開催された。

3月7日の対戦カード © ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA
3月4日終了時点のチームランキング ©ABEMA
NASPAニューオータニとMリーグのコラボルーム宿泊期間延長!プレゼントキャンペーン実施中! ©ABEMA

NASPAニューオータニのコンセプトルーム“M.LEAGUE FUN ROOM”の宿泊期間が5月8日まで延長!公式ツイートのRTキャンペーンも開催中!

3月31日(木)「Mリーグプレミアムナイト」開催決定!チケットサポーター先行販売中!

「Mリーグ2021プレミアムナイト」 2022年3月31日(木)に約2年ぶりの開催決定!観戦チケットを2022年3月4日より先行販売開始

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 沢崎トップでMVPに近づく! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:朝倉康心

西:勝又健志

北:白鳥翔

朝倉は連闘。

第2試合

第1局は勝又、朝倉、白鳥テンパイ。枚数は勝又が有利だったが、白鳥がアガリきった。

東1局 勝又の手牌 ©ABEMA
東1局 朝倉の手牌 ©ABEMA
東1局 白鳥 白・ホンイツ 3900 ©ABEMA

東2局は一時全員テンパイ。しかし、親の朝倉のリーチに勝又は撤退。この場を制したのは堀だった。

東2局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東2局 朝倉の手牌 ©ABEMA
東2局 勝又の手牌 ©ABEMA
東2局 堀 タンヤオ・ドラ2 1000・2000 ©ABEMA

東3局、堀がピンフドラドラ赤の先制リーチ。

東3局 堀の手牌 ©ABEMA

親の勝又が変則三面張で追いつき、リーチをかける。勝又のアガリ牌は山に残り1枚だったが、堀が掴み勝又の12000のアガリとなった。

東3局 勝又 リーチ・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

次局も勝又が7700のアガリを決めてリードを広げた。

東3局1本場 勝又 白・トイトイ 7700 ©ABEMA

東3局2本場、白鳥が七対子[②]単騎でリーチ。先に[⑤]を切っておりスジの待ちになっている。ピンズの下も多く切られている場況だ。

東3局2本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

[②]は堀の手に暗刻だったが、安全牌に窮しており押し出された。裏ドラが乗り、白鳥が12000のアガリで勝又に迫る。

東3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 白鳥 リーチ・七対子・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

東4局は朝倉がメンホンテンパイでリーチも流局。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局1本場、朝倉赤もドラも無い手だが、積極的にリーチ。リーチ後に切られた[5]のスジとなった[8]を切って手を進めた白鳥がつかまった。

南1局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 朝倉 リーチ・ドラ1 2600 ©ABEMA

南2局、西家の白鳥が西をポン。[中]とドラの[⑨]のシャンポン待ちになり、のちにきた勝又からのリーチに押していくが、勝又のアガリとなった。

南2局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南2局 勝又 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

南3局、勝又の一人テンパイで流局すると、次局はダブ南の[南]をポンしてテンパイした白鳥に、朝倉がリーチ宣言牌で放銃。オーラスへ。

南3局1本場 朝倉の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 白鳥 ダブ南・ドラ1 3900 ©ABEMA

オーラスは2局連続で勝又1人ノーテンで流局。1局目は朝倉が早々に両面聴牌を入れたが、アガリは生まれなかった。

南4局 流局 ©ABEMA
南4局1本場 流局 ©ABEMA

南4局2本場、トップ目勝又と2500点差となった白鳥がダマテンの6000オールで一気に突き抜けた。

南4局2本場 白鳥 ツモ・タンヤオ・ドラ3・赤1 6000オール ©ABEMA

次局は朝倉が勝又からの跳満直撃で着順が変わる手になるが、ツモアガって終了。白鳥がオーラスの連荘で逆転トップを決めた。

南4局2本場 朝倉 ツモ・タンヤオ・ピンフ・一盃口・ドラ1・赤2 3000・6000 ©ABEMA
第2試合トップの白鳥 ©ABEMA

第2試合結果
1位 白鳥(ABEMAS)+70.5
2位 勝又(風林火山)+11.2
3位 朝倉(Pirates)▲16.6
4位 堀(サクラナイツ)▲65.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月7日トータル結果

ABEMAS(日向3着・白鳥1着)+44.0
サクラナイツ(沢崎1着・堀4着)+4.4
Pirates(朝倉2着・朝倉3着)▲1.2
風林火山(松ヶ瀬4着・勝又2着)▲47.2

ABEMAS、サクラナイツが加点で上位争いはより接戦となった。風林火山がやや苦しみ7位ドリブンズとの差が縮まった。まだまだ差は大きいがドリブンズとしてのターゲットは風林火山となるか、明日の直接対決がある麻雀格闘倶楽部か。明日の戦い次第となるだろう。

MVP争いは瑞原と沢崎が12.8ポイント差となった。最終日の最終戦、着順勝負の直接対決といった場面が見られるかもしれない。

3月7日終了時点のチームランキング ©ABEMA
3月7日の対局チーム ©ABEMA
3月7日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top