麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【4/18  Mリーグ2021-22 ファイナル初日 第2試合結果】堀慎吾が冷静な立ち回りで大きな1勝!ファイナル未出場の沢崎と共に4人チームとしての優勝を目指す!

【4/18 Mリーグ2021-22 ファイナル初日 第2試合結果】堀慎吾が冷静な立ち回りで大きな1勝!ファイナル未出場の沢崎と共に4人チームとしての優勝を目指す!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22ファイナルシリーズ、初日が4月18日(月)に開催された。

4月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:近藤誠一

西:堀慎吾

北:日向藍子

第2試合

東1局、親の高宮が先制リーチも、堀が追いつき高宮から8000のアガリでリード。

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA
東1局 堀 ピンフ・一盃口・赤2 8000 ©ABEMA

近藤が親番でドラ3赤1のリーチを入れるも流局。

東2局 近藤のリーチは流局に ©ABEMA

大きなアガリは出ずに東4局4本場。高宮が2000・4000のツモアガリで2着目に浮上。

東4局4本場 リーチ・ツモ・タンヤオ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南1局 親番を迎えた高宮。ドラの[北]単騎で先制リーチも、北家で[北]が対子の日向が[中]をポンして押し切り、高宮から8000を打ち取った。

南1局 高宮の手牌 ©ABEMA
南1局 日向 中・ドラ2・赤1 8000 ©ABEMA

南2局は堀が一盃口が完成した赤赤のテンパイ。ツモって堀がリードを広げ局が進む。

南2局 堀 ツモ・一盃口・赤1・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

南3局、近藤がカン[④]テンパイを一旦ヤミテンにとるが、次巡[七]の空切りリーチ。

このリーチに手牌が整っていない堀が一発消しのチー。この一発消しで高宮のテンパイ牌とアガリ牌が流れ、結果は高宮が近藤への放銃となった。近藤が聴牌打牌の[⑨]でリーチを打っていたら、堀の一発消しは発生せず、大きく結果が変わることになっていただろう。

南3局 高宮の手牌 ©ABEMA
南3局 近藤 リーチ・赤1 2600 ©ABEMA

オーラスは親の日向が好形高打点の一向聴も、テンパイ叶わず、流局して第2試合は終了した。

南4局 日向の手牌 ©ABEMA
南4局 流局 ©ABEMA

堀が一時もリードを手放すことなくゲームをすすめ、サクラナイツは再び首位に。一方、格闘俱楽部は2ラスと厳しい一日になった。

第2試合トップの堀 ©ABEMA

この日の堀は沢崎のブレード&ポーズで最後を締めくくった。サクラナイツは4人で優勝を勝ち取るんだという意気込みが見て取れる一幕だった。

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+60.1
2位 近藤(フェニックス)+5.2
3位 日向(ABEMAS)▲19.9
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲45.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

4月18日トータル結果

フェニックス(近藤1着・近藤2着)+83.5
サクラナイツ(岡田2着・堀1着)+72.6
ABEMAS(松本3着・日向3着)▲45.0
麻雀格闘倶楽部(滝沢4着・高宮4着)▲111.1

大きく明暗が分かれるファイナルの開幕となった。しかしまだサクラナイツから麻雀格闘倶楽部の差は215.5ポイント。まだまだすぐにひっくり返るポイント差。サクラナイツとフェニックスはまだまだひるまず加点を狙っていきたいところだ。

4月18日終了時点のチームランキング ©ABEMA
ファイナルシリーズの対局チーム ©ABEMA
4月18日終了時点ファイナルシリーズ個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top