麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【4/18  Mリーグ2021-22 ファイナル初日 第1試合結果】リーチ7回アガリ5回放銃0回の完全勝利!近藤誠一の大トップでフェニックス4位から1位にジャンプアップ!

【4/18 Mリーグ2021-22 ファイナル初日 第1試合結果】リーチ7回アガリ5回放銃0回の完全勝利!近藤誠一の大トップでフェニックス4位から1位にジャンプアップ!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22ファイナルシリーズ、初日が4月18日(月)に開催された。

4月18日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:岡田紗佳

南:滝沢和典

西:松本吉弘

北:近藤誠一

第1試合

東1局、親の岡田が1300オール、4000オールを連続で決めてリード。

東1局1本場 發・ドラ1・赤2 4000オール ©ABEMA

東1局2本場に近藤が8000、次局も1000・2000、滝沢のリーチに押し切り1000と3局連続でアガって岡田に迫る。

東1局2本場 東・トイトイ・ドラ2 8000 ©ABEMA
東2局 リーチ・ツモ・タンヤオ 1000・2000 ©ABEMA

東4局松本が仕掛けてホンイツテンパイ、岡田もドラ3のカン[4]待ちでヤミテンとしていたところ、親の近藤がリーチ。

東4局 近藤の手牌 ©ABEMA
東4局 岡田の手牌 ©ABEMA

岡田は途中で撤退、松本が近藤の現物[⑥]を切って[⑦]単騎にとる。[⑤][⑧]待ち続行なら近藤から捉えていた。松本の表情がゆがむ。アガリは出ずに流局。

次局は松本の一人テンパイで流局し、南入。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

南1局は近藤が高目三色のリーチも流局。近藤の一人テンパイで岡田と近藤が同点に。

南1局2本場 流局 ©ABEMA

南2局3本場、岡田が自風の[北]を仕掛けてテンパイ。加槓して攻めていくも、近藤が高目三色のテンパイ。リーチしてツモアガリ3000・6000で岡田を突き放す。

南2局3本場 岡田の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 近藤 リーチ・ツモ・ピンフ・三色・ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

南3局は近藤がカン[⑥]のタンヤオテンパイをヤミテン。

親の松本が純チャンの仕掛けでテンパイを目指す。近藤が[7]を暗槓。新ドラが2枚のり、リャンメンに振り替わりリーチに踏み切った。

南3局 近藤の手牌 ©ABEMA

しかし松本、終盤に滝沢も粘りテンパイを取り切って流局。

南3局 流局 ©ABEMA

なんとか連荘に成功した松本だったが、近藤がピンフドラ1をリーチ。ツモって裏ドラが1枚乗って2000・4000のツモアガリ。

南3局1本場 近藤 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

近藤がダントツでオーラス親番を迎え、終盤でタンヤオ七対子のリーチをかけるが、岡田が七対子をツモアガり、第1試合は決着した。

南4局 岡田 ツモ・七対子 800・1600 ©ABEMA

フェニックスは一気に首位に立った。

第1試合トップの近藤 ©ABEMA

第1試合結果
1位 近藤(フェニックス)+78.3
2位 岡田(サクラナイツ)+12.5
3位 松本(ABEMAS)▲25.1
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲65.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top