麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【4/25  Mリーグ2021-22 ファイナル5日目 第2試合結果】堀慎吾が万全の立ち回りでトップ!茅森と松本は同点2着に!最終日の明日は17時放送開始!

【4/25 Mリーグ2021-22 ファイナル5日目 第2試合結果】堀慎吾が万全の立ち回りでトップ!茅森と松本は同点2着に!最終日の明日は17時放送開始!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22ファイナルシリーズ、5日目が4月25日(月)に開催された。

4月25日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:堀慎吾

西:茅森早香

北:松本吉弘

堀は連闘。

第2試合

東1局、ドラの[中]が暗刻の茅森がリーチ。

親の高宮もテンパイして追いかけるが、ツモリ四暗刻をテンパイした松本から茅森の当たり牌[四]が放たれる。

いきなり熾烈な1局となったが茅森が8000のアガリで一歩リードを得た。

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA
東1局 松本の手牌 ©ABEMA
東1局 茅森 リーチ・中・ドラ3 8000 ©ABEMA

その後、東場でアガリは出ず、南1局4本場、供託2本。松本がタンヤオで仕掛けてテンパイ。

目立つ仕掛けを入れた松本の現物[七]待ちで高宮がヤミテン。[七]は残り山に1枚で、道中フリテンの[二][六][九]待ちでリーチとするが、松本のアガリとなった。

南1局4本場 高宮の手牌 ©ABEMA
南1局4本場 松本 タンヤオ 1000 ©ABEMA

南2局、親番の堀がタンヤオで仕掛けてドラ3のテンパイ。メンホン七対子テンパイの高宮が[2]を掴み、堀、12000のアガリで他家を引き離す。

南2局 高宮の手牌 ©ABEMA
南2局 堀 タンヤオ・ドラ3 8000 ©ABEMA

次局は堀の先制リーチを松本が[発]のみでかわした。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA
南2局 松本 發 300・500 ©ABEMA

南3局、堀がタンヤオのテンパイから[1][4][7]待ちになりリーチ。

一発でツモアガって2000・4000。茅森と松本は同点になりオーラス。

南3局 堀 リーチ・一発・ツモ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南4局でも堀が高宮から七対子でアガって第2試合終了。

南4局 高宮の手牌 ©ABEMA
南4局 堀 七対子 1600 ©ABEMA

堀は足を痛めている中の連闘で、終わった後の表情からはかなり疲れた様子が見られたが、見事なトップで、サクラナイツはトータル首位で最終日を迎えることとなった。

第2試合トップの堀 ©ABEMA

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+67.0
2位 茅森(フェニックス)▲6.4
2位 松本(ABEMAS)▲6.4
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲54.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

4月25日トータル結果

ABEMAS(多井1着・松本2.5着)+54.1
サクラナイツ(堀3着・堀1着)+51.2
フェニックス(魚谷2着・茅森2.5着)+4.0
麻雀格闘倶楽部(寿人4着・高宮4着)▲109.3

4月25日終了時点のチームランキング ©ABEMA

麻雀格闘倶楽部は苦しい1日となったが、ABEMAS、サクラナイツはトップを確保、フェニックスもポイントを守り残すは最終日のみとなった。

サクラナイツとフェニックスは基本的に着順勝負。もし同じ着順並びになった時は素点の差が大事になる状況となる。

ABEMASは少なくとも1トップは必須、連勝の場合は優勝確率がかなり上昇する。(1トップの場合、もう1勝は麻雀格闘倶楽部になることが最低条件か。)

麻雀格闘倶楽部は、最後までトップを目指した麻雀に徹するだろう。

残すは最終日のみ。4月26日の放送は17時からとなっており、試合後には表彰式も放送される予定だ。

ファイナルシリーズの対局チーム ©ABEMA
4月25日終了時点ファイナルシリーズ個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top