麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/4  Mリーグ2022-23 第2試合結果】リードを守ったABEMAS・日向藍子が初陣を飾る!デビュー戦のサクラナイツ・渋川難波は終盤の巻き返しで2着に!

【10/4 Mリーグ2022-23 第2試合結果】リードを守ったABEMAS・日向藍子が初陣を飾る!デビュー戦のサクラナイツ・渋川難波は終盤の巻き返しで2着に!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」2日目が10月4日(火)に開催された。

10月4日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合出場選手 ©ABEMA

東:渋川難波

南:二階堂亜樹

西:鈴木たろう

北:日向藍子

渋川は初登場。

第1試合

東1局、親番の渋川が[白]のポンから仕掛けてテンパイ。

東1局 渋川の手牌 ©ABEMA
東1局 渋川の副露 ©ABEMA

しかしたろうの1000・2000のアガリで局が進む。

東1局 たろう タンヤオ・ドラ1・赤1 1000・2000 ©ABEMA

東2局は親の亜樹が2000オール、1000オールと加点し連荘。

東2局 亜樹 リーチ・ツモ・赤1 2000オール
東2局1本場 亜樹 白・ドラ1 1000オール

東2局2本場、日向がピンフ赤1のリーチ。

[③]が早い段階で切られている[②][⑤]待ち。手牌が整ってきた親の亜樹が[②]を切って放銃となる。

東2局2本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

なんと裏ドラが3枚乗り12000。日向がトップ目に躍り出る。

東2局2本場 日向 リーチ・ピンフ・赤1・裏3 12000 ©ABEMA

その後、2局連続流局を挟み、南入。

南1局、ラス目の渋川の親番。ドラドラの先制リーチをかけるが、たろうが追いつき、攻め切った。

南1局 渋川の手牌 ©ABEMA
南1局 たろう 南・ドラ1 2600 ©ABEMA

南2局は日向がカン[②]待ちの一気通貫テンパイ。ヤミテンに構え、2着目のたろうからのアガリでトップに近づいていく。

南2局 日向 一気通貫・赤1 5200 ©ABEMA

南3局、[白]を仕掛けて日向がテンパイ。

南3局 日向の手牌 ©ABEMA

ここまでアガリがない渋川も8000のヤミテンに構えると、テンパイした亜樹がリーチ。

南3局 渋川の手牌 ©ABEMA
南3局 亜樹の手牌 ©ABEMA

しかし宣言牌は渋川のアタリ牌。苦しい展開の渋川の初アガリとなった。

南3局 渋川 タンヤオ・ドラ1・赤2 8000 ©ABEMA

オーラス、2着目のたろうと3着目の渋川の点差は2200点。ピンフのみの手で、リーチをかけると、ライバルのたろうが一発目に渋川のアタリ牌[8]をつかむ。

南4局 たろうの手牌 ©ABEMA

たろうはイーシャンテンで渋川との点差がないため、[8]を勝負。裏ドラが1枚乗り、リーチ・一発・ピンフ・ドラ1の2着に浮上する8000のアガリを渋川が決めて第2試合終了。

南4局 渋川 リーチ・一発・ピンフ・ドラ1 8000 ©ABEMA

高打点を決め、放銃ゼロの日向が今シーズン初戦トップとなった。

第2試合トップの日向 ©ABEMA

第2試合結果
1位 日向(ABEMAS)+57.7
2位 渋川(サクラナイツ)+10.7
3位 たろう(ドリブンズ)▲23.1
4位 亜樹(風林火山)▲45.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月4日トータル結果

ABEMAS(松本2着・日向1着)+64.3
ドリブンズ(園田1着・たろう3着)+34.2
サクラナイツ(岡田3着・渋川2着)▲5.9
風林火山(瑠美4着・亜樹4着)▲92.6

ABEMASが連続連対で本日の勝ち頭となった。ドリブンズも最後の着順ダウンは不満だが園田の幸先良い滑り出しは好感触と言えるだろう。サクラナイツも渋川の終盤の逆襲は今期の戦いが期待できるものとなった。風林火山は振るわないスタートとなったが、展開が変われば結果も変わってくるだろう。木曜以降の戦いに注目だ。

10月3日終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月6日の対戦カード ©ABEMA
10月4日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top