麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/17 Mリーグ2022-23 第2試合結果】園田賢が2度のホンイツでリードを築き個人3連勝!ドリブンズは遂に最下位を脱して7位に浮上!

【11/17 Mリーグ2022-23 第2試合結果】園田賢が2度のホンイツでリードを築き個人3連勝!ドリブンズは遂に最下位を脱して7位に浮上!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」27日目が11月17日(木)に開催された。

11月17日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:黒沢咲

南:佐々木寿人

西:多井隆晴

北:園田賢

第2試合

東1局、園田が役牌を2つポンして颯爽とホンイツのテンパイ。

東1局 園田の手牌 ©ABEMA

ほどなくして[4]をツモ。2000・4000のアガリでスタートを切った。

東1局 園田 發・中・ホンイツ 2000・4000 ©ABEMA

東2局は黒沢が[3][6]待ちの先制リーチ。

リーチのみの手で少し不満かと思われたが、[3]を一発でツモ。

更に裏を1枚乗せ、2000・4000のアガリが決まった。

東2局 黒沢 リーチ・一発・ツモ・裏1 2000・4000 ©ABEMA

東3局は親番の多井がダブ[東]の後付けで仕掛けたものの、黒沢が鉄壁の守備を見せ1人テンパイで流局。

東3局 流局 ©ABEMA

続く東3局1本場も多井のリーチが実らず1人テンパイで流局。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東3局2本場は寿人が[白]をポンして赤2のテンパイ。

東3局2本場 寿人の手牌 ©ABEMA

園田が嵌[八]で追いつき、ダマに構える。

東3局2本場 園田の手牌 ©ABEMA

ソウズのホンイツに向かっていた多井が[八]をツモ切って放銃。

園田2600のアガリ。

東3局2本場 多井の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 園田 一盃口・ドラ1 2600 ©ABEMA

東4局は親番の園田が七対子に仕上げ[⑧]単騎のテンパイ。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA

赤3の勝負手が入っていた寿人が[⑧]を掴んで放銃。

園田2400のアガリで連荘に成功する。

東4局 寿人の手牌 ©ABEMA
東4局 園田 七対子 2400 ©ABEMA

東4局1本場は園田が嵌[5]待ちのリーチを放つも、多井が押し切って500・1000のアガリ。

園田トップのまま南入へ。

東4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 多井 發・赤1 500・1000 ©ABEMA

南1局、親番の黒沢が[九][⑨]のシャンポン待ちで先制リーチ。

南1局 園田の手牌 ©ABEMA

園田も嵌[⑦]でテンパイ。ダマで静かに押していくが、ドラの[白]を引いて撤退を決める。

南1局 園田の手牌 ©ABEMA

一方[二][⑦]のシャンポン待ちで追いついた寿人。[白]を河に放ち、横に曲げる。

南1局 寿人の手牌 ©ABEMA

寿人が残り1枚の[二]を一発でツモ。魔王らしい2000・4000が決まった。

南1局 寿人 リーチ・一発・ツモ・發・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南2局は園田が役無し赤1の嵌[五]をそのままツモ。500・1000のアガリで局を進める。

南2局 園田 ツモ・赤1 500・1000 ©ABEMA

南3局は親番の多井が場に1枚切れの[南]単騎に待ちを変え先制リーチ。目立っている仕掛けをしている園田の現物待ちに構えた。

南3局 多井の手牌 ©ABEMA

[④]ポンからピンズのホンイツで仕掛けていた園田が[中]を鳴いてテンパイ。

跳満の手で勝負に出る。

南3局 園田の手牌 ©ABEMA

そこに寿人も追いついてリーチ。雀頭が[南]のため、多井のアガリが無くなる。

南3局 寿人の手牌 ©ABEMA

三者のめくり合いは多井が[北]を掴んで決着。

園田12000の加点で大きなリードを築きオーラスへ。

南3局 園田 中・ホンイツ・赤1・ドラ2 12000 ©ABEMA

オーラス、親番の園田が47500点持ち、寿人が21000、黒沢が20900、多井が10600という並び。

園田は黒沢に倍満をツモられても捲られないため、素点を稼ぎにいく。

4巡目に[①][④][⑥]の三面張でリーチをかけると、[④]をツモ。

2600オールの加点で5万点を超えた。

オーラス 園田 リーチ・ツモ・ドラ1 2600オール ©ABEMA

続くオーラス1本場、黒沢と100点差の寿人が役牌の[西]を仕掛けてテンパイ。

オーラス1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

直後に多井の[②]が掴まり、2000のアガリで終局となった。

オーラス1本場 多井の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 寿人 西・ドラ1 2000 ©ABEMA

第1試合のたろうに続き、園田のトップでドリブンズが連勝。

サクラナイツをかわして遂に最下位を脱出したドリブンズ。

この流れを維持できれば、プラス圏浮上も間もなくだろう。

第2試合トップの園田 ©ABEMA

第2試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+75.3
2位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+0.7
3位 黒沢(雷電)▲21.7
4位 多井(ABEMAS)▲54.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月17日トータル結果

ドリブンズ(たろう1着・園田1着)+144.2
麻雀格闘倶楽部(滝沢3着・寿人2着)▲18.9
ABEMAS(白鳥2着・多井4着)▲35.1
雷電(瀬戸熊4着・黒沢3着)▲90.2

ドリブンズがここで大きな連勝、園田は個人3連勝、たろうは2連勝となり一気に上昇ムード。7位に浮上して更なる上昇も見込める位置となった。
雷電は苦しい戦いとなり、順位は4位だが、上位より下位チームが気になるスコアに。次の試合が粘り所と言えるだろう。

明日は最下位となってしまったサクラナイツが出場。11月はかなり苦しい戦いとなっている。そろそろ逆襲のきっかけを掴みたい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月18日の対戦カード ©ABEMA
11月17日終了時点の個人スコア

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top