麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/17 Mリーグ2022-23 第1試合結果】鈴木たろうがゼウスの選択で白鳥翔をかわして大逆転トップ!個人2連勝を決め、ドリブンズは-100ポイント台まで復活!

【11/17 Mリーグ2022-23 第1試合結果】鈴木たろうがゼウスの選択で白鳥翔をかわして大逆転トップ!個人2連勝を決め、ドリブンズは-100ポイント台まで復活!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」27日目が11月17日(木)に開催された。

11月17日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木たろう

南:白鳥翔

西:瀬戸熊直樹

北:滝沢和典

第1試合

東1局、白鳥が三暗刻の先制テンパイ。

[8]が山に2枚あり、四暗刻単騎変化を期待して日吉の絶叫が止まらない。

東1局 白鳥の手牌 ©ABEMA

親番のたろうは嵌[2]のテンパイを外し、[中]をポンしてホンイツへ渡る。

ドラの[七]単騎から[②][⑤][⑧]待ちに変わる。

東1局 たろうの手牌 ©ABEMA

白鳥が[九]を暗カンした数巡後に[⑧]をツモって決着。

2000・4000のアガリでリードを築く。

東1局 白鳥 ツモ・三暗刻 2000・4000 ©ABEMA

東2局は親番の白鳥がピンフ・ドラ2の先制リーチ。

東2局 白鳥の手牌 ©ABEMA

山に残り3枚の[二][五]は最終盤まで減らず、17巡目に[赤五]をツモ。

6000オールのアガリが決まり、5万点を超えた。

東2局 白鳥 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1・ドラ2 6000オール ©ABEMA

東2局1本場、滝沢が最後の[七]を引き入れて先制リーチ。

東2局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

安全牌がない瀬戸熊、タンヤオで仕掛けてかわしに行くが[④]を掴んで放銃。

滝沢8000のアガリ。

東2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 滝沢 リーチ・ピンフ・赤1・ドラ1・裏1 8000 ©ABEMA

東3局は白鳥が満貫のテンパイを入れ、ダマに受ける。

東3局 白鳥の手牌 ©ABEMA

たろうが追いつく。タンヤオ・赤2の3900テンパイ。

東3局 たろうの手牌 ©ABEMA

そこに親番の瀬戸熊がリーチ。嵌[7]はたろうと同じ待ち。

東3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

瀬戸熊が[八]を掴んで白鳥のアガリ。

8000の加点で白鳥の持ち点は6万点に。瀬戸熊は痛恨の2連続満貫放銃となる。

東3局 白鳥 タンヤオ・ピンフ・一盃口・赤1 8000 ©ABEMA

東4局は親番の滝沢がダブ[東]を仕掛け、終盤にたろうがリーチをぶつけるが、2人テンパイで流局。

東4局 流局 ©ABEMA

続く東4局1本場、白鳥が567の三色でテンパイ。嵌[六]のヤミテンを入れる。

東4局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

たろうが追いつき、[六]での放銃が危ぶまれるが、[六][九]待ちを選択してリーチ。

東4局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA

たろうが残り1枚の[九]を一発ツモ。

2600放銃回避の先には2000・4000のアガリが待っていた。

東4局1本場 たろう リーチ・一発・ツモ・赤2 ©ABEMA

南1局は瀬戸熊が南・一盃口・赤1の先制リーチ。跳満抽選を狙う。

南1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

親番のたろうがドラ3で追いかけリーチ。

南1局 たろうの手牌 ©ABEMA

またしてもたろうが最後の[八]を手繰り寄せ決着。

4000オールのアガリで白鳥に迫る。

南1局 たろう リーチ・ツモ・赤1・ドラ2 4000オール ©ABEMA

続く南1局1本場は滝沢がピンフ・ドラ1のリーチかけて[一]をツモ。

1300・2600の加点で原点付近へ回帰する。

南1局1本場 滝沢 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 1300・2600 ©ABEMA

南2局は親番の白鳥が七対子・赤1のヤミテンを入れる。そこに滝沢が先制リーチ。

南2局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA

滝沢の当たり牌[④]は山に0。

白鳥はダブルワンチャンスの[②]を長考したのちプッシュ。

直後に滝沢が[7]を掴み、白鳥4800のアガリ。2着目のたろうを引き離す。

南2局 白鳥 七対子・赤1 4800 ©ABEMA

続く南2局1本場、白鳥が再び七対子のテンパイ。9600の[7]単騎を選ぶ。

南2局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA

そこに瀬戸熊がピンフ・ドラ1のリーチ。

南2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

たろうが[7]を止めるファインプレーを魅せたことで、白鳥が[一]を一発で掴み放銃。

瀬戸熊が起死回生の8000をアガる。

南2局1本場 瀬戸熊 リーチ・一発・ピンフ・赤1・裏1 8000 ©ABEMA

南3局、親番の瀬戸熊がタンヤオで仕掛け、白鳥も[白]の後付けでかわしにかかる。

南3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南3局 白鳥の手牌 ©ABEMA

しかしこの局はたろうが制する。

[九]をチーしてホンイツに向かうと、[中]を重ねてテンパイ。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA

[五]が瀬戸熊にポンされていたためシャンポンに受けるが、なんと[五]を引いてしまう。

満貫のアガリ逃しになってしまったかと思われた矢先、[西]をツモ。

3000・6000のアガリを決め、白鳥をまくってトップ目でオーラスを迎える。

南3局 たろう 中・西・ホンイツ・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

オーラスはたろうが47100点持ち、白鳥が45500、親番の滝沢が15400、瀬戸熊が-8000という並び。

滝沢が絶好の[⑥]を引き入れて先制リーチ。

オーラス 滝沢の手牌 ©ABEMA

白鳥にも条件を満たしたテンパイが入るものの、[三]で滝沢に放銃となる。

オーラス 白鳥の手牌 ©ABEMA

滝沢5800のアガリで連荘へ。

オーラス 滝沢 リーチ・ピンフ・赤1 5800 ©ABEMA

続くオーラス1本場、たろうが[中]をポンして自力での終局を狙う。

400・700をツモ、大逆転からの逃げ切りトップを獲得した。

オーラス1本場 たろう 中 400・700 ©ABEMA

たろうは一昨日の今期初トップから個人連勝。

依然最下位のドリブンズだが、マイナスは200ポイントを下回り水面が見えてきた。

白鳥は3連勝こそ阻まれたものの、レギュラー・ポストシーズン合わせて24戦ラスなしの記録を樹立した。

第1試合トップのたろう ©ABEMA

第1試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+68.9
2位 白鳥(ABEMAS)+19.2
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲19.6
4位 瀬戸熊(雷電)▲68.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top