麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/29 Mリーグ2022-23 第2試合結果】二階堂亜樹が東場に大きくリードして個人3連勝!白鳥翔は今季初4着の危機を脱して2着確保!

【11/29 Mリーグ2022-23 第2試合結果】二階堂亜樹が東場に大きくリードして個人3連勝!白鳥翔は今季初4着の危機を脱して2着確保!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」34日目が11月29日(火)に開催された。

11月29日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂亜樹

南:魚谷侑未

西:仲林圭

北:白鳥翔

第2試合

東1局、白鳥が中のポンから仕掛けて、ソーズのホンイツ。親の亜樹からリーチを受け、トイトイテンパイになったところで全押しするが、[二]は亜樹のアタリ牌。亜樹の7700のアガリとなった。

東1局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東1局 亜樹 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×1 7700 ©ABEMA

このアガリから亜樹が東3局で8000、東4局で5200と加点。

東3局 亜樹 リーチ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA
東4局 亜樹 タンヤオ, 赤ドラ×2 5200 ©ABEMA

南1局の親番。仲林からの先制リーチに立ち向かい、亜樹は連荘に成功。次局亜樹は12000のヤミテンを入れるが、テンパイ打牌で魚谷に放銃。

南1局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 魚谷 中, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

南2局、南3局と白鳥が2000・4000を連続で和了。魚谷と白鳥は100点差のオーラスへ。

南2局 リーチ, ツモ, 一気通貫 2000・4000 ©ABEMA
南3局 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南4局、トップ目の亜樹が[発]をポンして先制テンパイだが、アガリは出ず、白鳥、魚谷、亜樹のテンパイで流局。

連荘に成功した白鳥、次局に4000オールを決め、トップの亜樹まで1100点差に迫るが、亜樹の8000のアガリでゲーム終了。

南4局1本場 白鳥 ツモ, ピンフ, 三色同順, ドラ×1 4000オール ©ABEMA
南4局2本場 亜樹 ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

オーラス厳しい状況であったが、素点も大きい8000のアガリで亜樹は個人3連勝となった。

第2試合トップの亜樹 ©ABEMA

第2試合結果
1位 亜樹(風林火山)+65.5
2位 白鳥(ABEMAS)+7.2
3位 魚谷(フェニックス)▲20.5
4位 仲林(Pirates)▲52.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月29日トータル結果

フェニックス(近藤1着・魚谷3着)+52.8
ABEMAS(日向2着・白鳥2着)+14.0
風林火山(松ヶ瀬4着・亜樹1着)▲1.3
Pirates(小林3着・仲林4着)▲65.5

フェニックスが近藤の初勝利でポイントを加算、6位に浮上して4位までもあと僅かの差となった。ABEMASは堅実に加点して風林火山との200ポイント差を維持して11月を終えた。Piratesはポイント面では苦しい結果となったが、小林、仲林共に要所で好プレーを見せ実力で安心感を見せつけたとも言えるだろう。次戦はいよいよ12月に突入する。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月1日の対戦カード ©ABEMA
11月28日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top