麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/29 Mリーグ2022-23 第1試合結果】東4局親番で怒涛の5連続和了を決めて近藤今シーズン初トップ!オーラスは日向が100点差で2着に浮上!

【11/29 Mリーグ2022-23 第1試合結果】東4局親番で怒涛の5連続和了を決めて近藤今シーズン初トップ!オーラスは日向が100点差で2着に浮上!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」34日目が11月29日(火)に開催された。

11月29日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:小林剛

西:松ヶ瀬隆弥

北:近藤誠一

第1試合

東1局、親の日向が2000オールのアガリでリード。

東1局 日向 リーチ, ツモ, 裏ドラ×1 2000オール ©ABEMA

その後も日向の大物手を決まった東3局1本場。ピンフドラ3赤2の[①][④]待ちをヤミテンに構え、小林が飛び込んだ。

東3局2本場 日向 ピンフ, ドラ×3, 赤ドラ×2

日向4万点越えのトップ目に立ったところで東4局、親番の近藤が1500、12000、4000オール、6000オール、1500と5回連続でアガリを決め、日向を捲りトップ目に立つ。

東4局 近藤 中 1500 ©ABEMA
東4局1本場 近藤 中, ホンイツ, ドラ×1 12000 ©ABEMA
東4局2本場 近藤 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 裏ドラ×1 12000 ©ABEMA
東4局3本場 近藤 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 6000オール ©ABEMA
東4局4本場 近藤 ピンフ 1500 ©ABEMA

東4局6本場で小林がタンヤオでアガって南入。

東4局6本場 小林 タンヤオ 300・500 ©ABEMA

南1局、日向がタンヤオドラ1のカン[五]待ちをヤミテンに構え、小林からアガって連荘。

南1局 日向 タンヤオ・ドラ1 3900 ©ABEMA

次局、小林が残りツモ番2回を残したドラのカン[⑦]待ちでリーチ。

すると残り1枚の[⑦]を一発でツモ。3000・6000で2着目の日向に肉薄。

南1局1本場 小林 リーチ, 一発, ツモ, ドラ×2, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

南2局、日向が[発]をポンしてピンズのホンイツへ。

南2局 小林の手牌 ©ABEMA

[3][6]待ちのピンフ赤1でテンパイした親の小林。即リーチとせず、[1][4][一]待ちに変化したところでリーチ。

南2局 小林 リーチ, 一発, ツモ, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

狙い通り[1]を一発でツモ。4000オールで日向を捲って2着に浮上。

流局して南3局1本場、小林がドラの[八]単騎七対子から、1枚切れの[南]単騎でリーチ。山にしっかり残っていた[南]をツモ。裏ドラが乗り、3000・6000でトップまで射程圏内のオーラスへ。

南3局1本場 小林 リーチ, ツモ, チートイツ, 裏ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南4局、小林が5巡目にホンイツ七対子、[白]待ちでリーチ。ツモか近藤からの直撃で着順アップ。

南4局 小林の手牌 ©ABEMA

しかし[白]は山に深く、終盤日向、松ヶ瀬が追いついた。

南4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬の待ちの[④]はすでにないが、小林、日向の待ちはそれぞれ2枚。

南4局 日向 リーチ, ピンフ, ドラ×2 8000 ©ABEMA

結果は日向が小林からアガってゲーム終了。松ヶ瀬からのリーチ棒で小林を100点まくって2着となった。

近藤は9戦目にして今シーズン初トップを獲得した。

第1試合トップの近藤 ©ABEMA

第1試合結果
1位 近藤(フェニックス)+73.3
2位 日向(ABEMAS)+6.8
3位 小林(Pirates)▲13.3
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲66.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top