麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/15 Mリーグ2022-23 第1試合結果】二階堂瑠美が怒涛の親番連荘で大量に得点を稼ぎ7万点超えの大トップ!今期まだトップが無い丸山奏子は2着に!

【12/15 Mリーグ2022-23 第1試合結果】二階堂瑠美が怒涛の親番連荘で大量に得点を稼ぎ7万点超えの大トップ!今期まだトップが無い丸山奏子は2着に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」43日目が12月15日(木)に開催された。

12月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:滝沢和典

南:丸山奏子

西:二階堂瑠美

北:岡田紗佳

第1試合

東1局、丸山が[東][発]をポンして3900のテンパイ。

3段目に差し掛かった辺りで[四]をツモ。1000・2000のアガリ。

東1局 丸山 東・發・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA

東2局は滝沢が自風の[北]をポンしてピンズの染め手に向かう。

誰にも追いつかれることなく1000・2000のアガリ。

東2局 滝沢 北・混一色 1000・2000 ©ABEMA

東3局、親番の瑠美に大物手が入る。

ターツ選択で[5][6]を外していき、跳満や倍満が見えるイーシャンテンに。

東3局 瑠美の手牌 ©ABEMA

丸山から打たれた[中]をポンしてテンパイ。

シャンポン待ちに受ける手もあったが、ここは満貫の[③][⑥]待ちに取る。

東3局 瑠美の手牌 ©ABEMA

山には[③]が1枚のみだったが、これをあっさりとツモ。

4000オールのアガリが決まった。

東3局 瑠美 中・混一色・ドラ1 4000オール ©ABEMA

続く東3局1本場、滝沢に三色のテンパイが入る。滝沢はダマを選択。

東3局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

丸山も[⑤][⑧]待ちピンフのテンパイをダマに受ける。

東3局1本場 丸山の手牌 ©ABEMA

直後に滝沢が[八]をツモ。

リーチをかけていれば一発という結果だったが、ここは1000・2000のアガリで局を進める。

東3局1本場 滝沢 ツモ・三色同順 1000・2000 ©ABEMA

東4局は丸山が絶好の[赤五]を引き入れて三面張の先制リーチ。

東4局 丸山の手牌 ©ABEMA

滝沢がドラ雀頭の手で追いつく。

東4局 滝沢の手牌 ©ABEMA

この時点で丸山の[二][五][八]は山に1枚、滝沢の[⑤][⑧]は山に3枚。

滝沢が有利かと思われたが、丸山が最後の[二]をツモ。

裏ドラが雀頭の[3]になり、3000・6000のアガリを決めた。

東4局 丸山 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1・裏2 3000・6000 ©ABEMA

丸山がトップ目で南入。

南1局は瑠美の1人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

続く南2局1本場は親番の丸山が6巡目に先制リーチ。

南2局1本場 丸山の手牌 ©ABEMA

瑠美にも同じ[③][⑥]待ちのテンパイが入る。

[⑧]をプッシュしてダマを選択。

南2局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA

滝沢が[③]を打ち放銃。

丸山と瑠美のロン発声が重なるが、頭ハネで丸山のアガリ。

5800の加点でリードを築く。

南2局1本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 丸山 リーチ・タンヤオ・ピンフ 5800 ©ABEMA

南2局2本場は瑠美が[発]を仕掛けて岡田から3900のアガリ。

丸山と2600点差まで迫り自身の親番へ。

南2局2本場 瑠美 發・赤1・ドラ1 3900 ©ABEMA

南3局は親番の瑠美が[⑦]を引き入れて先制リーチ。

南3局 瑠美の手牌 ©ABEMA

絶好の[赤⑤]をツモ。4000オールのアガリで丸山をまくり、トップ目に立った。

南3局 瑠美 リーチ・ツモ・赤2 4000オール ©ABEMA

続く南3局1本場も瑠美の勢いが止まらない。

岡田が[二]をカンすると、新ドラが瑠美に対子の[発]

リンシャンから[発]が堀り起こされ、ポンしてフリテン三面張のテンパイ。

南3局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA

すぐに[⑦]をツモ、4000オールのアガリで6万点を超えた。

南3局1本場 瑠美 發・ドラ3 4000オール ©ABEMA

南3局2本場は岡田がピンフの先制リーチ。

南3局2本場 岡田の手牌 ©ABEMA

瑠美が追いつく。高目跳満のテンパイをダマに受ける。

南3局2本場 瑠美の手牌 ©ABEMA

この局も瑠美に軍配が上がる。

最後の1枚だった[④]をツモ。6000オールの加点で更に引き離した。

南3局2本場 瑠美 ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1・ドラ3 6000オール ©ABEMA

南3局3本場は滝沢、丸山、瑠美が同順にリーチでぶつかる。

南3局3本場 滝沢の手牌 ©ABEMA
南3局3本場 丸山の手牌 ©ABEMA
南3局3本場 瑠美の手牌 ©ABEMA

瑠美の宣言牌である[五]を滝沢が仕留め、12000のアガリ。

丸山を捲る条件を作ってオーラスへ。

南3局3本場 滝沢 リーチ・一発・ピンフ・赤2・ドラ1 12000 ©ABEMA

オーラスは瑠美が68400点持ち、丸山が24700、滝沢が15800、親番の岡田が-8900という並び。

不具合により点数表示が出なくなっていたが、卓内の表示に間違いは無かったため続行となる。

満貫ツモで2着目への浮上を目指す滝沢は、ダブ[南]のポンから発進。

一度テンパイを外し、条件を満たす[3][4]待ちに。

オーラス 滝沢の手牌 ©ABEMA

しかし瑠美が立ちはだかる。

[発]をポンして岡田から3900をアガり、最後は自力で決着させた。

オーラス 瑠美 發・赤1・ドラ1 3900 ©ABEMA

親番の連荘で大量に得点を稼いだ瑠美。

風林火山に嬉しい大トップを持ち帰った。

一方、丸山と滝沢の今期初トップは叶わなかった。

第1試合トップの瑠美 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瑠美(風林火山)+92.3
2位 丸山(ドリブンズ)+4.7
3位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲24.2
4位 岡田(サクラナイツ)▲72.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top