麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/15 Mリーグ2022-23 第2試合結果】衝撃の裸単騎!高宮まりが親リーチにも果敢に立ち向かい今期3勝目!園田賢はオーラス跳満ツモで2着に浮上!

【12/15 Mリーグ2022-23 第2試合結果】衝撃の裸単騎!高宮まりが親リーチにも果敢に立ち向かい今期3勝目!園田賢はオーラス跳満ツモで2着に浮上!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」43日目が12月15日(木)に開催された。

12月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:堀慎吾

西:園田賢

北:高宮まり

第2試合

東1局、園田が[白]のポンから仕掛けて300・500のアガリ。

東1局 園田 白 300・500 ©ABEMA

東2局は[白]を暗刻にした園田が[③]を両面チー。5200の辛いテンパイを入れる。

東2局 園田の手牌 ©ABEMA

マンズの清一色まで狙える松ヶ瀬が[3]を切って放銃。

園田5200の加点でリードを築く。

東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局 園田 白・赤2 5200 ©ABEMA

東3局も園田。親番で[発]をポンすると、高宮から2900のアガリ。

3局連続のアガリで主導権を握っていく。

東3局 高宮の手牌 ©ABEMA
東3局 園田 發・ドラ1 2900 ©ABEMA

続く東3局1本場は園田が[白]をポンして辺[3]のテンパイ。

松ヶ瀬から1500のアガリ。

東3局1本場 園田 白 1500 ©ABEMA

東3局2本場は高宮が嵌[五]で先制リーチ。

東3局2本場 高宮の手牌 ©ABEMA

堀が中スジの[五]を選び放銃。

高宮が2600のアガリで局を進めた。

東3局2本場 堀の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 高宮 リーチ・タンヤオ 2600 ©ABEMA

東4局は園田がドラ表示牌の嵌[四]でドラ3の先制リーチ。

東4局 園田の手牌 ©ABEMA

[四]は山に3枚全て残っていた。

そこに堀が絶好の[七]を引き入れて追いかけリーチ。

東4局 堀の手牌 ©ABEMA

園田が一発で高目の[6]を掴んで放銃。

リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・三色同順・一盃口、堀の12000のアガリが決まった。

東4局 堀 リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・三色同順・一盃口 12000 ©ABEMA

堀がトップ目に立っての南入。

南1局、高宮が[③]のポンから発進すると、[9][一]をポンして手牌を4枚に縮める。

南1局 高宮の手牌 ©ABEMA
南1局 高宮の手牌 ©ABEMA

ドリブンズ・たろうを彷彿とさせるかのような仕掛けに園田と堀は撤退。

しかし親番の松ヶ瀬はチャンス手のイーシャンテン。

構わず押していき、[四][七]待ちでリーチを放つ。

南1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

松ヶ瀬が掴んだ[南]に高宮がポンの発声。

なんと4副露の[白]裸単騎で親リーチに立ち向かう。

南1局 高宮の手牌 ©ABEMA
南1局 高宮の手牌 ©ABEMA

この時点で松ヶ瀬の[四][七]は山に4枚、高宮の[白]は山に1枚。

しかし制したのは高宮。

[白]をツモ、1300・2600の衝撃的なアガリを決めた。

南1局 高宮 南・対々和 1300・2600 ©ABEMA

南2局は好配牌を手にした親番の堀が4巡目にピンフ・赤1のリーチ。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA

ほどなくして[⑤]をツモ、2600オールのアガリとなった。

南2局 堀 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1 2600オール ©ABEMA

続く南2局1本場は松ヶ瀬が[②]とドラ[七]のシャンポン待ちで先制リーチ。

南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

そこに高宮が急所の[③]を引き入れて追いかけリーチ。

南2局 高宮の手牌 ©ABEMA

五分のめくり合いになったが、この局も高宮に軍配が上がる。

[③]をツモ、3000・6000のアガリで堀を捲りトップ目に立った。

南2局 高宮 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤2・裏1 3000・6000 ©ABEMA

南3局は松ヶ瀬と親番の園田が同じ[⑤][⑧]待ちでリーチをかけるも、決着は付かず流局。

南3局 流局 ©ABEMA

続く南3局1本場、供託回収を目指して園田、堀、高宮の各者が仕掛けていく。

激しい空中戦は園田が制し、堀から1500のアガリ。

南3局1本場 園田 タンヤオ 1500 ©ABEMA

南3局2本場、松ヶ瀬が[5][六]のシャンポン待ちから嵌[6]に変えリーチ。

南3局2本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

園田も押し返してタンヤオのテンパイ。

南3局2本場 園田の手牌 ©ABEMA

そこに高宮が最後の[6]を暗刻にしてフリテン解消の満貫テンパイ。

南3局2本場 高宮の手牌 ©ABEMA

直後に松ヶ瀬が[四]を掴み、高宮8000のアガリ。

セーフティリードを築きオーラスへ。

南3局2本場 高宮 タンヤオ・ドラ3 8000 ©ABEMA

オーラスは親番の高宮が50000点持ち、堀が31600、園田が20300、松ヶ瀬が-1900という並び。

園田は跳満で2着目に浮上する。

残した[2]で上手く雀頭を作り、7巡目にタンヤオ・ピンフ・ドラ2の手でリーチ。

オーラス 園田の手牌 ©ABEMA

[③]をツモ。条件を満たす3000・6000のアガリを決め、終局となった。

オーラス 園田 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1・ドラ1 3000・6000 ©ABEMA

高宮は今期3勝目。

インタビューでは園田の真似をするお茶目な一面も見せた。

第2試合トップの高宮 ©ABEMA

第2試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+64.0
2位 園田(ドリブンズ)+12.3
3位 堀(サクラナイツ)▲11.4
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲64.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月15日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(滝沢3着・高宮1着)+39.8
風林火山(瑠美1着・松ヶ瀬4着)+27.4
ドリブンズ(丸山2着・園田2着)+17.0
サクラナイツ(岡田4着・堀3着)▲84.2

麻雀格闘倶楽部、風林火山、ドリブンズが加点に成功する中、サクラナイツにとっては苦しい1日となった。苦しいムードを抱えたまま年越しはしたくない所、次の出番の日には挽回していきたい所だ。ドリブンズは6連続連対。着実に巻き返しを続けている。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月16日の対戦カード ©ABEMA
12月15日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top