麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/19 Mリーグ2022-23 第2試合結果】萩原聖人が雪原を掻き分け三色を掴み取る!魂の逆転勝利で28戦ぶりのトップ獲得!

【12/19 Mリーグ2022-23 第2試合結果】萩原聖人が雪原を掻き分け三色を掴み取る!魂の逆転勝利で28戦ぶりのトップ獲得!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」45日目が12月19日(月)に開催された。

12月19日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:岡田紗佳

南:萩原聖人

西:二階堂亜樹

北:園田賢

第2試合

東1局、萩原が自風の南をポンして3900のアガリを決める。

東1局 萩原 南, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

東2局、岡田がカン[⑤]の役ナシテンパイをヤミテン。次巡[赤⑤]をツモって700・1300で局が進む。

東2局 岡田 ツモ, 赤ドラ×1 700.1300 ©ABEMA

東3局、園田がタンヤオ赤ドラの手牌をヤミテンに構えてツモアガリ。2000・4000でトップ目に浮上。

東3局 園田 ツモ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、岡田が先制リーチも流局。連荘ナシでスピーディーに南入。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局1本場は亜樹がリーチを決めてトップ目の園田と僅差の2着目に浮上。

南1局1本場 亜樹 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南2局、岡田がリーチもアガリは出ずに流局。全員2万点台で南3局1本場へ。

南2局 流局 ©ABEMA

南3局1本場、萩原が三色が一気通貫が狙える手でイーシャンテン。

南3局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA

345の三色カン[4]待ちでリーチをすると一発でツモアガリ。2000・4000でトップ目に立った。

南3局1本場 萩原 リーチ, 一発, ツモ, 三色同順 2000・4000 ©ABEMA

南4局、萩原が配牌でイーシャンテン。すぐにテンパイしてピンフをダマテンに構え、アガリを決めた。

南4局 萩原 ピンフ, ドラ×1 2000 ©ABEMA

萩原は今シーズン初トップ。昨シーズンから数えて28戦ぶりのトップとなった。

第2試合トップの萩原 ©ABEMA

久々のトップインタビューとなった萩原はチーム、ファンへの感謝と麻雀が打てる事の喜びを語った。

第2試合結果
1位 萩原(雷電)+52.8
2位 園田(ドリブンズ)+6.1
3位 亜樹(風林火山)▲16.5
4位 岡田(サクラナイツ)▲42.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月19日トータル結果

雷電(黒沢2着・萩原1着)+67.4
風林火山(瑠美1着・亜樹3着)+41.9
ドリブンズ(村上3着・園田2着)▲10.4
サクラナイツ(渋川4着・岡田4着)▲98.9

萩原の渾身のトップで雷電は遂にプラス圏内に浮上。上3下5の展開が続いていた序盤戦から遂に上5下3の展開にシフトした。準決勝に向けてのことを考えるとサクラナイツ、ドリブンズ、フェニックスはこの状況を脱することが第一。少なくとも年内の残りの戦いで1トップを掴み取りたい所だろう。フェニックスは残り4戦。2トップ獲得すれば順位浮上も見えてくるか。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月20日の対戦カード ©ABEMA
12月19日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top