麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/5 Mリーグ2022-23 第1試合結果】本田朋広が南3局に18000の直撃を決め今期9勝目となるトップを獲得!逆転を許した茅森早香は悔しさの残る2着に!

【1/5 Mリーグ2022-23 第1試合結果】本田朋広が南3局に18000の直撃を決め今期9勝目となるトップを獲得!逆転を許した茅森早香は悔しさの残る2着に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」51日目が1月5日(木)に開催された。

1月5日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:二階堂瑠美

南:茅森早香

西:本田朋広

北:多井隆晴

第1試合

東1局は本田の先制リーチに茅森が追いかける展開。

枚数では2対1と茅森が不利だったものの、本田が[7]を掴んで茅森のアガリ。

5200の加点でスタート。

東1局 本田の手牌 ©ABEMA
東1局 茅森 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

東2局は茅森の親番。

多井にドラの[南]暗刻の大物手が入る。

チャンタで仕掛けて辺[七]の満貫テンパイ。

東2局 多井の手牌 ©ABEMA

多井が打ち出した[②]を茅森がポン。

茅森にも赤3の大物手が入っていた。

[5][8]ではなく[3][6][五]の三面張を選択。

東2局 茅森の手牌 ©ABEMA

直後に多井が[3]を掴み、茅森の12000が決まった。

東2局 茅森 タンヤオ, 赤ドラ×3 12000 ©ABEMA

東2局1本場は瑠美のリーチを多井がかわし、300・500のアガリ。

東2局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 多井 白 300・500 ©ABEMA

東3局は茅森の先制リーチに本田が追いつき、多井もダマで押していく。

この局も茅森が物にする。本田から2000のアガリ。

東3局 本田の手牌 ©ABEMA
東3局 多井の手牌 ©ABEMA
東3局 茅森 リーチ, ピンフ 2000 ©ABEMA

東4局は本田が[東]を仕掛けると、[②]をチーして嵌[四]の満貫テンパイ。

更にドラの[五]を引き、三面張に変わる。

多井と瑠美の放銃が危ぶまれるなか、本田が[五]をツモ。

3000・6000のアガリとなり、2着目へと浮上した。

一方この局多井は親被りとなり、苦しい点数状況で南入。

東4局 本田 東, ドラ×3, 赤ドラ×2 3000・6000 ©ABEMA

南1局は茅森の対々和、多井のかわし手、本田の混一色がぶつかる。

南1局 茅森の手牌 ©ABEMA
南1局 多井の手牌 ©ABEMA
南1局 本田の手牌 ©ABEMA

茅森が本田の当たり牌である[3]を掴む。

放銃になるかと思われたが、ノータイムで[東]を選び撤退。

南1局 茅森の手牌 ©ABEMA

更にテンパイを取りきり、本田との2人テンパイで流局となった。

南1局 流局 ©ABEMA

続く南2局1本場、親番の茅森が5巡目にノベタンのテンパイ。

手変わりを見てダマを選ぶが、次巡に[二]をツモ。1300オールの加点で連荘となる。

南2局1本場 茅森 ツモ, 赤ドラ×1 1300オール ©ABEMA

南2局2本場も茅森が止まらない。

[⑦]をポンして5800のテンパイを取ると、終盤にリーチを掛けた多井の[④]を仕留める。

茅森は持ち点が5万点を突破。多井は珍しく箱下へ沈む。

南2局2本場 多井の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 茅森 タンヤオ, 三色同順, 赤ドラ×1 5800 ©ABEMA

南2局3本場、再び茅森がピンフ・ドラ1の先制リーチ。

現状2着目の本田が待ったをかける。

タンヤオで仕掛けて無筋を押していき、1000・2000のアガリを手にした。

南2局3本場 茅森の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 本田の手牌 ©ABEMA

本田の親番となった南3局。

7巡目に七対子をテンパイすると、1枚切れの[一]単騎で即リーチを敢行。

南3局 本田の手牌 ©ABEMA

追われる立場の茅森が[五]をポンしてテンパイ、[一]を勝負して放銃となる。

裏が乗ったことで、18000の直撃。本田の跳満が炸裂した。

南3局 茅森の手牌 ©ABEMA
南3局 本田 リーチ, チートイツ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 18000 ©ABEMA

南3局1本場は多井が執念の一発ツモ。

2000・4000のアガリで箱下を脱し、オーラスへ。

南3局1本場 多井 リーチ, 一発, ツモ, ダブ南 2000・4000 ©ABEMA

オーラスは本田が持ち点47,300、茅森が32,300、瑠美が14,300、親番の多井が6,100という並び。

先制リーチは多井の[2][5]

リーチのみの手だったが、[赤5]をツモ、更に裏が乗って4000オールのアガリとなった。

3着に浮上して1本場へ。

オーラス 多井 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 4000オール ©ABEMA

オーラス1本場は瑠美が再逆転を目指してリーチを打つもアガることは叶わなかった。

着順はそのまま、流局でゲームセット。

オーラス1本場 流局 ©ABEMA

トップとなったのは個人スコア暫定1位の本田。

本田は今期、16戦登板して9トップと絶好調だ。

雷電は3桁プラスとなり、3位の風林火山の背中が見えてきた。

第1試合トップの本田 ©ABEMA

第1試合結果
1位 本田(雷電)+63.3
2位 茅森(フェニックス)+7.3
3位 多井(ABEMAS)▲22.9
4位 瑠美(風林火山)▲47.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top