麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/16 Mリーグ2022-23 第1試合結果】倍満の応酬となった激戦を制して日向藍子がABEMASに15戦ぶりのトップをもたらす!ABEMASは再び3位浮上!

【1/16 Mリーグ2022-23 第1試合結果】倍満の応酬となった激戦を制して日向藍子がABEMASに15戦ぶりのトップをもたらす!ABEMASは再び3位浮上!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」57日目が1月16日(月)に開催された。

1月16日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木優

南:瀬戸熊直樹

西:高宮まり

北:日向藍子

第1試合

東1局、日向が赤赤ドラの先制リーチを打つと、高宮が3副露して競り合いに。

ここを制したのは日向だったがその裏ドラはなんと暗刻の[一]。満貫がいきなり倍満に化けるスタートダッシュを決めた。

東1局 日向 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×2, 裏ドラ×3 4000・8000 ©ABEMA

東2局、高宮が[②][⑤][⑧]待ちの先制リーチに出るも日向が[⑤][⑧]待ちで追いつく。

東2局 高宮のリーチ ©ABEMA
東2局 日向のリーチ ©ABEMA

ここを制したのは日向。望外の[赤⑤]ツモで更にリードを広げた。

東2局 日向 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

日向の独走を許さなかったのは優。ドラドラ赤赤の七対子の[北]単騎をリーチ。しっかりツモって4000・8000のアガリで一気に追い上げた。

東3局 優 リーチ, ツモ, チートイツ, ドラ×2, 赤ドラ×2 4000・8000 ©ABEMA

倍満をツモったものの、日向との点差はまだ残っていた優。南1局に地道な連荘を重ね、2本場の2900のアガリで遂に捉えて微差のトップ目に浮上した。

南1局 優 東 500オール ©ABEMA
南1局1本場 優 リーチ, タンヤオ, ドラ×1 7700 ©ABEMA
南1局2本場 優 タンヤオ, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA

しかし追いつかれても日向は動じなかった。その後の3本場では仕掛けての3900、南2局でもダマテンで着実にアガリを決めた。

南1局3本場 日向 三色同順, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA
南2局 日向 中 1300 ©ABEMA

南4局、1000・2000、5200で逆転トップとなる優は一気通貫とダブ南を狙って仕掛け発進をしたが、なかなか手は進まず役無しの仮聴に。ポンしている[八]の4枚目を引き、加カンしての嶺上開花に望みをかけたがリンシャンでツモることはできずに流局。日向がABEMASに15戦ぶりのトップをもたらすことに成功した。

南4局 優、高宮の2人聴牌 ©ABEMA

今試合を終えて雷電とABEMASの順位が入れ替わり、ABEMASが3位へ浮上した。

第1試合トップの日向 ©ABEMA

第1試合結果
1位 日向(ABEMAS)+68.2
2位 優(Pirates)+26.6
3位 瀬戸熊(雷電)▲26.9
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲67.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top