麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/17 Mリーグ2022-23 第2試合結果】東城りおが6000オールのアガリを2連続で決めて逃げ切りトップ!4着に終わった園田賢はインタビューで「なんなん」とコメント

【1/17 Mリーグ2022-23 第2試合結果】東城りおが6000オールのアガリを2連続で決めて逃げ切りトップ!4着に終わった園田賢はインタビューで「なんなん」とコメント

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」58日目が1月17日(火)に開催された。

1月17日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:渋川難波

南:勝又健志

西:東城りお

北:園田賢

第2試合

東1局、親番の渋川が先制リーチを打つも園田が1000のアガリでかわしきる。

東1局 渋川の手牌 ©ABEMA
東1局 園田 タンヤオ 1000 ©ABEMA

東2局は渋川が[中]をポンしたのちドラ3のテンパイ。

東城から打たれた[⑤]を仕留めて8000のアガリを決めた。

東2局 東城の手牌 ©ABEMA
東2局 渋川 中, ドラ×2, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東3局は東城の親番。

僅か2巡で跳満以上確定の先制リーチを放つ。

[1][4]は山に6枚残っており、程なくして[1]をツモ。

6000オールのアガリで一気にトップ目へ。

東3局 東城 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー, ドラ×2, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

東3局1本場は渋川のリーチに東城が追いかける展開。

結果は東城の一発ツモ。

2度目の6000オールで一気に突き抜けた。

東3局1本場 渋川の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 東城 リーチ, 一発, ツモ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

流局を挟んで東4局3本場。

親番の園田がドラの[南]をポンしてマンズのホンイツに向かう。

中盤に[二][五]待ちでテンパイ。

東4局3本場 園田の手牌 ©ABEMA

そこに渋川が[六][九]待ちで勝負のリーチを敢行。

東4局3本場 渋川の手牌 ©ABEMA

捲り合いは渋川が[二]を掴んで決着となる。

しかしこの[二]にロンの声を掛けたのは園田だけではなかった。

東城がタンヤオの[二]単騎テンパイを入れており、頭ハネで1300のアガリ。

園田は苦渋の表情を浮かべた。

東4局3本場 東城 タンヤオ 1300 ©ABEMA

東城が1人大幅なリード、他3者がほぼ並びという状況で南入。

南1局、園田の先制リーチを受け渋川がチーしてテンパイを取る。

すぐに渋川が[6]をツモって4000オールのアガリ。

2着目に浮上して親番連荘に成功する。

南1局 園田の手牌 ©ABEMA
南1局 渋川 タンヤオ, 三色同順, ドラ×1, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

南1局1本場は勝又が4枚山の嵌[②]でリーチを打つも1人テンパイで流局。

南1局1本場 流局 ©ABEMA

続く南2局2本場はトップを目指す渋川が[④][⑦]待ちの先制リーチ。

東城が[三]を勝負して満貫のヤミテンを入れるなか、園田も追いつき[④]で放銃。

渋川が5200を加点して東城を追う。

南2局2本場 東城の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 園田の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 渋川 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南3局、ここまでアガリがない勝又が満貫以上確定の先制リーチ。

親番の東城もピンフ・ドラ1の手で追いかけリーチを敢行するが、勝又の当たり牌である[八]を掴んで決着となる。

勝又が8000のアガリを決めてオーラスへ。

南3局 東城の手牌 ©ABEMA
南3局 勝又 リーチ, ピンフ, イーペーコー, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は東城が43,500、渋川が32,500、勝又が18,900、親番の園田が5,100という並び。

東城は前局の放銃によって渋川に跳満条件まで迫られた状況。

先制リーチは園田。苦しい配牌だったが、[1][4]のシャンポン待ちに辿りつく。

オーラス 園田の手牌 ©ABEMA

これを受けてタンヤオ・ピンフのテンパイを入れていた渋川は一度撤退。

そこに東城が[六][八]待ちの役無しヤミテンを入れると、ラス牌の[八]をツモ。

700・1300のアガリを決めて決着となった。

オーラス 東城 ツモ, 赤ドラ×1 700・1300 ©ABEMA

フェニックスにとっては新年初トップ。

東城は今期13戦登板して4勝目となった。

一方4着に終わった園田はインタビューで「なんなん」とコメントした。

悔しい表情を見せつつも、最後は笑顔の「なんなん」で締めくくった ©ABEMA
第2試合トップの東城 ©ABEMA

第2試合結果
1位 東城(フェニックス)+67.2
2位 渋川(サクラナイツ)+11.8
3位 勝又(風林火山)▲21.8
4位 園田(ドリブンズ)▲57.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月17日トータル結果

サクラナイツ(内川1着・渋川2着)+90.3
フェニックス(魚谷4着・東城1着)+14.6
風林火山(松ヶ瀬2着・勝又3着)▲17.9
ドリブンズ(たろう3着・園田4着)▲87.0

6位のサクラナイツが加点し8位のドリブンズが苦しむ結果に。セミファイナル進出ボーダーを考えるとこの推移はかなり大きく、ドリブンズはより一歩厳しい状況に追い込まれたと言えるだろう。

残りの試合数は36試合。少なくとも1試合平均10ポイント程度のプラスを築いていく必要があるだろう。なんとか巻き返しを図っていきたい所だ。

フェニックスは魚谷は苦しんだが東城のトップで持ちこたえた。木曜日は再びサクラナイツとの直接対決。ここの結果も今後に響いてくるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月19日の対戦カード ©ABEMA
1月17日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top