麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【1/19 Mリーグ2022-23 第2試合結果】風林火山同日連勝!二階堂瑠美が親番で大量リードを築き、逃げ切りトップを獲得!清一色リーチを決めた茅森早香は一歩届かず2着に終わる!

【1/19 Mリーグ2022-23 第2試合結果】風林火山同日連勝!二階堂瑠美が親番で大量リードを築き、逃げ切りトップを獲得!清一色リーチを決めた茅森早香は一歩届かず2着に終わる!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」59日目が1月19日(木)に開催された。

1月19日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:本田朋広

南:茅森早香

西:二階堂瑠美

北:堀慎吾

第2試合

東1局、続く東2局1本場は流局。

東2局2本場、親番の茅森がタンヤオで仕掛けてドラをポン。

そこに瑠美が[二][五]待ちのヤミテンを入れる。

直後に堀が[二]をツモ切って放銃。瑠美が8000のアガリを決めた。

東2局 堀の手牌 ©ABEMA
東2局 瑠美 ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

瑠美の親番となった東3局。

[4]の役無しテンパイから[6]を引き入れて高目三色の先制リーチを放つと、[4]を一発ツモ。

6000オールのアガリが決まり、一気に突き抜けた。

東3局 瑠美 リーチ, 一発, ツモ, 三色同順, ドラ×1 6000オール ©ABEMA

続く東3局1本場も瑠美。

僅か4巡でピンフのリーチを打つと、ほどなくしてドラの[⑨]をツモ。

2600オールの加点で持ち点は60,000を超えた。

東3局1本場 瑠美 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 2600オール ©ABEMA

東3局2本場は茅森の先制リーチに本田が追いかける展開。

安全牌に窮した瑠美が真っ直ぐ[五]を打ち、本田が8000のアガリを決めた。

東3局2本場 茅森の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
東3局2本場 本田 リーチ, ピンフ, 三色同順, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東4局は茅森のリーチと瑠美のヤミテンを本田が300・500でかわし、南入となる。

東4局 本田 南 300・500 ©ABEMA

南1局、嵌[③]のテンパイを入れていた瑠美が[赤⑤]を引き入れて先制リーチ。

親番の本田が一発で[⑥]を選んで放銃。

瑠美が8000を加点して局を進める。

南1局 本田の手牌 ©ABEMA
南1局 瑠美 リーチ, 一発, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

南2局、本田が茅森から1000をアガって局消化に成功。

南2局 本田 白 1000 ©ABEMA

南3局、本田が嵌[二]で即リーチを敢行。

前巡からホンイツのテンパイを入れていた茅森が[⑤]を引き、[発]単騎から[④][⑤][⑥]待ちのチンイツに変わる。

ダマでも跳満以上が確定しているが、茅森は追いかけリーチを選んだ。

南3局 本田の手牌 ©ABEMA
南3局 茅森の手牌 ©ABEMA

直後に親番の瑠美もテンパイ、[⑥]が打ち出されて放銃となる。

リーチ・一発・チンイツ・赤1・裏1、16000の直撃が決まった。

南3局 瑠美の手牌 ©ABEMA
南3局 茅森 リーチ, 一発, チンイツ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 16000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は瑠美が43,300、茅森が30,500、本田が18,500、親番の堀が7,700という並び。

先制リーチは茅森の嵌[三]

三色が完成しており、ツモなら跳満で瑠美を捲る。

そこに堀が[一][四][七]の三面張で追いかけリーチ。

オーラス 茅森の手牌 ©ABEMA
オーラス 堀の手牌 ©ABEMA

更に本田もテンパイして着浮上を狙うが、宣言牌の[三]が茅森に掴まる。

リーチ棒が出ていたため、裏が1枚乗れば逆転トップとなる茅森だったが、裏は乗らず8000のアガリとなった。

一方裏が乗ればラス落ちしていた本田にとっては助かる結果となった。

オーラス 本田の手牌 ©ABEMA
オーラス 茅森 リーチ, タンヤオ, 三色同順, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

最後こそ茅森に後一歩というところまで迫られたものの、瑠美が堂々の逃げ切りトップを獲得。

風林火山は第1試合の松ヶ瀬に続き同日連勝となった。

第2試合トップの瑠美 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瑠美(風林火山)+63.3
2位 茅森(フェニックス)+19.5
3位 本田(雷電)▲29.5
4位 堀(サクラナイツ)▲53.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月19日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬1着・瑠美1着)+135.2
フェニックス(東城3着・茅森2着)▲3.3
サクラナイツ(渋川2着・堀4着)▲39.6
雷電(萩原4着・本田3着)▲92.3

風林火山が連勝で一気に麻雀格闘倶楽部を抜き去り首位浮上となった。松ヶ瀬はインタビューでサクラナイツに不利になる立ち回りを考えていたと宣言するなど、チームのセミファイナルへの進出にかける執念の強さを見せていた。サクラナイツ、フェニックス、ドリブンズはこの先より厳しい戦いが待っているかもしれない。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月20日の対戦カード ©ABEMA
1月19日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top