麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/19 Mリーグ2022-23 第1試合結果】松ヶ瀬隆弥がオーラスにフリテン8000オールを決めて高打点咲き乱れる試合を制す!風林火山は麻雀格闘倶楽部をかわして首位に浮上!

【1/19 Mリーグ2022-23 第1試合結果】松ヶ瀬隆弥がオーラスにフリテン8000オールを決めて高打点咲き乱れる試合を制す!風林火山は麻雀格闘倶楽部をかわして首位に浮上!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」59日目が1月19日(木)に開催された。

1月19日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:東城りお

南:渋川難波

西:萩原聖人

北:松ヶ瀬隆弥

第1試合

東1局、萩原が4巡目にドラ1の手で先制リーチ。[③][⑥]は7枚山。

ほどなくして[⑥]をツモ、1000・2000のアガリでスタートを切る。

東1局 萩原 リーチ, ツモ, ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東2局は親番の渋川と松ヶ瀬がリーチでぶつかる。

松ヶ瀬が渋川の当たり牌である[7]を掴んで決着。

渋川が5800を加点して連荘となる。

東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局 渋川 リーチ, ピンフ, 赤ドラ×1 5800 ©ABEMA

続く東2局1本場は東城が両面チーでテンパイを取り、500・1000のアガリ。

冷静な判断で渋川の勝負手をかわした。

東2局1本場 東城 タンヤオ, 三色同順 500・1000 ©ABEMA
東2局1本場 渋川の手牌 ©ABEMA

東3局、東城が残した[⑧]を暗刻にして先制リーチ。

[七]をツモ、2000・4000のアガリを決めトップ目に浮上。

東3局 東城 リーチ, ツモ, タンヤオ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、続く東4局1本場は流局。

渋川がチャンタで仕掛けて[9][白]待ち、萩原が七対子[白]待ちでリーチを打つなか、松ヶ瀬が[白]を止めるファインセーブを見せた。

東4局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

南入して南1局2本場。

親番の東城がピンフ・ドラ1でリーチを掛けて2600オールをツモ。

東城はこのアガリで40,000点を超え、1人突き抜ける格好に。

南1局2本場 東城 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 2600オール ©ABEMA

南1局3本場は終盤に松ヶ瀬が1000・2000のアガリ。

東城のテンパイ、渋川の七対子リーチをかわしつつ戦線に復帰した。

南1局3本場 松ヶ瀬 チャンタ, ドラ×2 1000・2000 ©ABEMA

渋川の親番となった南2局。

萩原がダブ[南]とドラの[白]をポン、そこに渋川がピンフ・赤2のリーチをぶつける。

松ヶ瀬も繊細なヤミテンを入れるが、制したのは渋川。

[赤五]を引き寄せ、6000オールのアガリを咲かせた。

東城を捲り、トップ目へ。

南2局 萩原の手牌 ©ABEMA
南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局 渋川 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×3 6000オール ©ABEMA

続く南2局1本場は渋川がマンズのホンイツに舵を切り、1300オールのアガリ。

リードを広げていく。

南2局1本場 渋川 ホンイツ 1300オール ©ABEMA

南2局2本場、東城がドラの[発]を暗刻にして嵌[8]のヤミテンを入れる。

次巡に[7]を引くと、[②][7]のシャンポン待ちに変えてリーチを敢行。

[赤⑤]を前巡に打っていたことで、[②]が狙い目と見たか。

南2局2本場 東城の手牌 ©ABEMA

結果はなんと[②]を一発ツモ。

更に裏が1枚乗り、4000・8000のアガリが決まった。

再び渋川を逆転し、トップ目に返り咲く。

南2局2本場 東城 リーチ, 一発, ツモ, 發, ドラ×3, 裏ドラ×1 4000・8000 ©ABEMA

南3局は松ヶ瀬がタンヤオで仕掛けて2000・4000のアガリ。

萩原が痛恨の親被りとなり、ラスが色濃くなってしまった。

南3局 松ヶ瀬 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

オーラス、持ち点は東城が46,100、渋川が34,100、親番の松ヶ瀬が14,600、萩原が5,200という並び。

松ヶ瀬がタンヤオ・ドラ3の[六]単騎をヤミテンに構えると、[七]を引いてフリテン[五][八]待ちに。

少考の末、リーチに踏み切る。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

[五]ツモなら三色も付いて倍満になるという超弩級のリーチ。

その[五]が山に3枚残っていた。

最終手番でツモ。8000オールのアガリを決めた。

オーラス 松ヶ瀬 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 三色同順, ドラ×1, 赤ドラ×2 8000オール ©ABEMA

松ヶ瀬が東城を500点差でかわしてオーラス1本場。

再逆転を目指す東城は何度かテンパイを外して[八][東]のシャンポン待ちに辿り付く。

そこに渋川がタンヤオ・ピンフの三面張リーチ。

ツモかつ偶発役2(一発・裏・赤の何れか2つ)でトップに浮上する。

オーラス1本場 渋川の手牌 ©ABEMA

直後に松ヶ瀬が[一][四]待ちで満貫テンパイ、ダマを選択。

東城が[一]を掴む。渋川に[四]が通っていたことで、ツモ切って放銃となる。

12000の直撃によって松ヶ瀬のトップが決定的に。

オーラス1本場 東城の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 松ヶ瀬 ピンフ, ドラ×2, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

オーラス2本場、持ち点は松ヶ瀬が51,900、東城が25,800、渋川が25,100、萩原が-2,800と変わる。

最後は渋川がホーテイで東城から8000をアガって決着。

2着争いを渋川が制してゲームセットとなった。

オーラス2本場 東城の手牌 ©ABEMA
オーラス2本場 渋川 三色同順, ホーテイ, ドラ×2 8000 ©ABEMA

南3局から高打点のアガリを連発した松ヶ瀬がトップを獲得、今期6勝目を飾った。

風林火山は首位に浮上。チームにとっては20勝目という節目になった。

第1試合トップの松ヶ瀬 ©ABEMA

第1試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+71.9
2位 渋川(サクラナイツ)+13.7
3位 東城(フェニックス)▲22.8
4位 萩原(雷電)▲62.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top