麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/23 Mリーグ2022-23 第2試合結果】鋭い踏み込みで場を制圧!勝又健志が攻め切ってトップ獲得!すかさずチーム首位奪還!

【1/23 Mリーグ2022-23 第2試合結果】鋭い踏み込みで場を制圧!勝又健志が攻め切ってトップ獲得!すかさずチーム首位奪還!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」61日目が1月23日(月)に開催された。

1月23日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:佐々木寿人

南:勝又健志

西:松本吉弘

北:内川幸太郎

第2試合

開始3局流局が続き、東3局。寿人が[赤⑤]単騎待ちの七対子でリーチとするが、親番の松本のアガリに。

東3局3本場 寿人の手牌 ©ABEMA
東3局3本場 松本 中, 赤ドラ×1 2900 ©ABEMA

松本がここから清一色の12000、3900と連続でアガって抜けたトップ目に立つ。

東3局4本場 松本 清一色 12000 ©ABEMA
東3局5本場 松本 リーチ, 裏ドラ×1 3900 ©ABEMA

しかし、その後は勝又が東4局2000・4000、南1局2本場でも2000・4000のアガリを決め、松本を捲ってトップ目にたった。

東4局 勝又 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA
南1局2本場 勝又 リーチ, ツモ, ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

親番でも寿人の仕掛け、松本のリーチに対して一発目にドラの[西]をプッシュ。松本からドラポンが入るも押し切り、アガって連荘。

南2局1本場 松本の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 勝又 中 2000 ©ABEMA

南2局3本場、松本が8000をアガって南3局の親番を迎える。

先制リーチにたどり着くも、勝又が鋭くかわしてオーラスへ。

南3局 松本の手牌 ©ABEMA
南3局 内川の手牌 ©ABEMA
南3局 勝又 南, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

オーラス、ラス目の内川が粘って連荘。2000オール、1500とアガって寿人を捲って着順アップも、南4局4本場では松本のドラポンに撤退。

南4局4本場 流局 ©ABEMA

勝又の大きなトップで風林火山は本日のトータルはしっかりプラス。再び首位となった。

第2試合トップの勝又 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+73.4
2位 松本(ABEMAS)+16.2
3位 内川(サクラナイツ)▲32.7
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲56.9

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA
第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

1月23日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬4着・勝又1着)+27.6
ABEMAS(日向2着・松本2着)+24.8
麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・寿人4着)▲2.3
サクラナイツ(堀3着・内川3着)▲50.1

麻雀格闘倶楽部が1戦目のトップで首位に浮上したが、2戦目で逆トップラスを決められ加点しきれず、サクラナイツのみがややポイントを失う結果となった。しかし内川のラス回避はとても大きい。

明日はフェニックスとドリブンズが出場。どちらが加点を決めるのか、セミファイナル進出に向けての熾烈な戦いに注目だ。

1月24日の対戦カード ©ABEMA
1月23日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top