麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【9/22 Mリーグ2023-24 第2試合結果】BEAST初勝利!菅原千瑛が東1局から3局連続のアガリで自身・チームともに初めてのトップ獲得!鈴木優はオーラスに逆転手をテンパイするも一歩及ばず2着でフィニッシュ!

【9/22 Mリーグ2023-24 第2試合結果】BEAST初勝利!菅原千瑛が東1局から3局連続のアガリで自身・チームともに初めてのトップ獲得!鈴木優はオーラスに逆転手をテンパイするも一歩及ばず2着でフィニッシュ!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」4日目が9月22日(金)に開催された。

9月22日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:黒沢咲

西:鈴木優

北:菅原千瑛

第2試合

東1局から菅原、松ヶ瀬、黒沢の3軒リーチ。

捲り合いはリーチ時点で6山だった菅原に軍配。

Mリーグ初アガリは2000・4000のツモで幕を開けた。

東1局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東1局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局 菅原 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

東2局、優が[東]をポンして[六][九]待ちのテンパイ。

ドラ3赤の手が入った菅原も動く。

優が打ち出した[6]を両面チーして[④][⑦]待ちの満貫テンパイ。

ほどなくして[④]をツモ、二局続けての2000・4000を決めた。

東2局 優の手牌 ©ABEMA
東2局 菅原 タンヤオ, ドラ×3, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東3局も菅原が止まらない。

親番の優の先制リーチを受けてもなお、菅原は追いかけリーチを敢行。

3対1の不利な捲り合いを制して1000・2000の加点に成功した。

ここまで3局続けて菅原のアガリ。

東3局 優の手牌 ©ABEMA
東3局 菅原 リーチ, ツモ, ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東4局は流局し、1本場へ。

親番の菅原が2900の[発]ポンテンを拒否して[③][⑥]待ちのリーチに辿り着く。

終盤に優が追いかけリーチを放つも、宣言牌として打ち出した[④]に松ヶ瀬からロンの声がかかる。

松ヶ瀬はひっそりと七対子のテンパイを入れていた。1600のアガリで南入。

東4局1本場 菅原の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 悠の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 松ヶ瀬 チートイツ 1600 ©ABEMA

南1局、ソウズのホンイツに向かった優が[発]をポンして[西][白]待ちのテンパイ。

四暗刻のイーシャンテンだった菅原が一盃口でテンパイし、[白]を打ち出して放銃となる。

優が8000の直撃を決めた。

南1局 菅原の手牌 ©ABEMA
南1局 優 白, 發, ホンイツ 8000 ©ABEMA

南2局は松ヶ瀬と優のリーチ対決。

松ヶ瀬の[3][6]、優の[六][九]はどちらも山に残っている優秀な待ちだったが、この局も優に軍配。

[六]をツモ、1300・2600の加点で菅原の背中を捉えた。

南2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南2局 優 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

南3局は松ヶ瀬がピンフの先制リーチ。

終盤に親番の優が追いつくも、宣言牌として打ち出した[⑦]が捕まり松ヶ瀬のアガリ。

裏が1枚乗り、3900のアガリでオーラスへ。

南3局 優の手牌 ©ABEMA
南3局 松ヶ瀬 リーチ, ピンフ, 裏ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス、持ち点は親番の菅原が39,200、優が27,900、松ヶ瀬が20,000、黒沢が12,900という並び。

先制テンパイは優。

ホンイツ七対子に舵を切ったが功を奏し、12000の[白]単騎テンパイ。どこから出ても菅原を逆転する。

オーラス 優の手牌 ©ABEMA

そこに親番の菅原がカン[四]待ちでリーチを敢行。全面戦争の構えを見せる。

オーラス 菅原の手牌 ©ABEMA

このリーチを受けて3着目の松ヶ瀬は[5]の槓子落としを選択。

しかし直後に4着目の黒沢にカン[5]の満貫テンパイが入ってしまう。

オーラス 黒沢の手牌 ©ABEMA

強い牌を打たずにテンパイできたことで、次巡も松ヶ瀬は[5]の連打を選択。

黒沢が8000のアガリを決め、3着浮上に成功した。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
オーラス 黒沢 タンヤオ, 三色同順, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

菅原が東1局から3局連続のアガリで自身・チームともに初めてのトップを獲得。

BEASTは5位に浮上した。

第2試合トップの菅原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 菅原(BEAST)+58.2
2位 優(Pirates)+7.9
3位 黒沢(雷電)▲18.1
4位 松ヶ瀬(風林火山)▲48.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

9月22日トータル結果

Pirates(瑞原2着・優2着)+19.3
風林火山(勝又1着・松ヶ瀬4着)+11.8
BEAST(大介4着・菅原1着)+7.7
雷電(本田3着・黒沢3着)▲38.8

2着2着でまとめたPiratesがデイリートップとなったものの大きな加点とはならず。BEASTがチームにとって大きな初勝利を飾った。

ウィークリートップは麻雀格闘倶楽部が獲得。2戦ながらもいきなり連勝を飾るスタート。一歩突き抜けた3桁プラススタートとなった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
9月25日の対戦カード ©ABEMA
9月22日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top