麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/24 Mリーグ2023-24 第2試合結果】堀慎吾がトップからラスまで1900点差という大接戦のオーラスを制し、同日個人連勝を達成!2着は小林剛、オーラスを4着目で迎えるもリーチ棒と横移動でまさかの浮上を果たす!

【11/24 Mリーグ2023-24 第2試合結果】堀慎吾がトップからラスまで1900点差という大接戦のオーラスを制し、同日個人連勝を達成!2着は小林剛、オーラスを4着目で迎えるもリーチ棒と横移動でまさかの浮上を果たす!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」40日目が11月24日(金)に開催された。

11月24日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:萩原聖人

南:堀慎吾

西:白鳥翔

北:小林剛

第2試合

東1局、小林が軽快に[中]を仕掛けるなか、3段目に差し掛かったところで親の萩原がピンフドラ2の[五][八]待ちのリーチ。そこに白鳥もピンフドラ1高目三色の[一][四]待ちで追いかける。白鳥は小林の仕掛けを受けて一度は[九]暗刻落としを選んでいたが、価値ある手に変わり勝負に出た。

リーチ宣言牌をチーした小林が[四]を打ち出して白鳥に放銃。高目でのアガリとなり、白鳥が8000を加点して第2試合スタート。

東1局 萩原の手牌 ©ABEMA
東1局 小林の手牌 ©ABEMA
東1局 白鳥 リーチ, ピンフ, 三色同順, ドラ×1 8000 ©ABEMA

東2局、東3局1本場は2局続けての流局。東2局では萩原が[北]の後付け狙いで急所のカン[六]をチーし、満貫聴牌の勝負手に仕上げる好プレーを見せた。

東2局 流局 ©ABEMA
東3局1本場 流局 ©ABEMA

続く東4局1本場は堀がピンフドラ3の[②][⑤]待ちでテンパイすると、萩原の仕掛けも考慮してヤミテンを選択。ほどなくして[②]をツモ、2000・4000のアガリでトップ目に浮上して南入。

東4局1本場 堀 ツモ, ピンフ, ドラ×2, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

南1局、小林が[発]暗刻の[⑤][⑧]待ちで先制リーチ。白鳥が追いつくと、少考の末[⑤]を横に曲げて放銃となる。小林が5200のアガリを決めて点棒を回復。

南1局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局 小林 リーチ, イーペーコー, 發 5200 ©ABEMA

南2局は親の堀が[発]を仕掛けて[6][9]待ちのテンパイ。そこに白鳥が絶好の[二]を引き入れると、イーペーコー赤2の[④][⑦]待ちでヤミテンを選択。堀からツモ切られた[⑦]を仕留め、5200の直撃が決まった。微差ながらトップ目は白鳥に。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA
南2局 堀 イーペーコー, 赤ドラ×2 5200 ©ABEMA

南3局は親の白鳥が山3枚のカン[二]待ちでリーチを掛けるも、白鳥以外の3者に1枚ずつ回収され流局。

南3局 流局 ©ABEMA

続く南3局1本場、小林が僅か4巡で[4][発]シャンポン待ちのリーチ。1枚目の[発]はスルーしていたことで、白鳥が一発で打ち出して放銃。5200の直撃を決め、1着から4着までが1900点差に収まってオーラスへ。

南3局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 小林 リーチ, 一発, 發 5200 ©ABEMA

オーラス、持ち点は堀が25,900、白鳥が25,800、萩原が24,300、親の小林が24,000という並び。いわゆる全員集合の状態に。

先制テンパイ萩原。[②][3]のシャンポン待ちでリーチに打って出る。

オーラス 萩原の手牌 ©ABEMA

2000点以上放銃で4着落ちという痺れる展開のなか、白鳥はタンヤオで果敢に仕掛けて[四][七]待ちのテンパイ。

オーラス 白鳥の手牌 ©ABEMA

終盤に堀も追いつく。現物の[二]を切り、安全に[3][6]待ちのテンパイ。

オーラス 堀の手牌 ©ABEMA

直後に白鳥が[6]を掴むと、ツモ切って堀に放銃。最後は堀が3900のアガリを決め、大接戦を制した。

オーラス 白鳥の手牌 ©ABEMA
オーラス 堀 ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

大接戦のオーラスを制した堀が同日個人連勝を達成。

サクラナイツは2位まで浮上を果たした。

第2試合トップの堀 ©ABEMA
「至極の一局」に南3局1本場を挙げられ苦笑いする白鳥 ABEMAS

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+50.8
2位 小林(Pirates)+4.0
3位 萩原(雷電)▲16.7
4位 白鳥(ABEMAS)▲38.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月24日トータル結果

サクラナイツ(堀1着・堀1着)+111.5
Pirates(瑞原3着・小林2着)▲17.6
ABEMAS(日向2着・白鳥4着)▲21.1
雷電(瀬戸熊4着・萩原3着)▲72.8

堀慎吾が個人デイリーダブルを飾って一気にサクラナイツが2位に。首位風林火山まであと一歩に迫った。

苦しい結果となった雷電はここで7位に陥落。しかし上位との差はまだまだ僅差。来週以降の戦いで巻き返したい。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月27日の対戦カード ©ABEMA
11月24日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top