麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/24 Mリーグ2023-24 第1試合結果】至極のビタ止め!堀慎吾が攻めて良し守って良しのゲームメイクで日向藍子との僅差勝負を制しトップ獲得!サクラナイツは3位に浮上、2位のPiratesに肉薄する状況に!

【11/24 Mリーグ2023-24 第1試合結果】至極のビタ止め!堀慎吾が攻めて良し守って良しのゲームメイクで日向藍子との僅差勝負を制しトップ獲得!サクラナイツは3位に浮上、2位のPiratesに肉薄する状況に!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」40日目が11月24日(金)に開催された。

11月24日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:瑞原明奈

南:日向藍子

西:堀慎吾

北:瀬戸熊直樹

第1試合

東1局、堀がペン[⑦]をチーして[東][南]シャンポン待ちのホンイツテンパイ。直後に瀬戸熊が[東]を掴むと、一度は止めて放銃を回避するもイーシャンテンになったところで放銃となってしまう。堀が3900のアガリを決めて第1試合スタート。

東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東1局 堀 東, ホンイツ 3900 ©ABEMA

東2局、親の日向がカン[三]チーからタンヤオドラ2で発進。副露率が低い日向の仕掛けに注目が集まるなか、同じくドラ対子の瀬戸熊がカン[三]待ちの先制リーチ。日向も現物になった[③]をチーして追いつき、三色も付いて満貫のカン[6]待ちテンパイ。さらに堀も[5][8]待ちで追いかけリーチに打って出る。

3者の激しい捲り合いは日向に軍配。瀬戸熊が掴んだ[6]を仕留め、12000の加点に成功した。

東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局 堀の手牌 ©ABEMA
東2局 日向 タンヤオ, 三色同順, ドラ×2 12000 ©ABEMA

東2局1本場は瀬戸熊がドラ[⑧]を暗刻にして雀頭のない形でテンパイ。亜両面の[三][六]を一度ヤミテンに構えると、1枚切れの[①]単騎に待ちを変えてリーチ。瀬戸熊の河には[④]が切れていたことで、瑞原が[①]を打ち出して放銃となる。8000の直撃で瀬戸熊と瑞原がほぼ並びに。

東2局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 瀬戸熊 リーチ, ドラ×3, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

東3局、親の堀が赤1のカン[二]待ちで先制リーチ。リーチ後に[五]を引いてスジになった上、[一]が3枚切れていたことで瀬戸熊の[二]が捕まる。3900のアガリで連荘に成功。

東3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局 堀 リーチ, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

東3局1本場、瑞原が中盤に[⑤][⑧]待ちでリーチ。入り目が[九]だったことでタンヤオと三色同順が崩れてしまうも、そこは一発ツモでカバー。1300・2600のアガリで原点付近まで返り咲く。

東3局1本場 瑞原 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ 1300・2600 ©ABEMA

東4局は堀が[中]のポンから仕掛けると、[白][発]も対子にして大三元が見える手牌に。しかも[白][発]は直前に1枚ずつ切られていて、誰も止められない状況に。堀は両面チーを入れると、大三元は追わずに[9]の対子を落とていく。この判断が功を奏し、小三元のテンパイを入れた直後に瑞原から[発]が打たれ8000のアガリを決めた。堀はトップ目の日向と僅か600点差まで迫って南入。

東4局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東4局 堀 發, 中, 小三元, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南1局、瀬戸熊が七対子の[中]待ちで先制リーチ。同巡に堀が雀頭のない形で追いくと、[三][六]待ちに狙いを絞って追いかけリーチを敢行。瀬戸熊が[六]を一発で掴み、堀が2600のアガリを決めた。日向を捲って堀がトップ目に。

南1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南1局 堀 リーチ, 一発 2600 ©ABEMA

南2局は瑞原がピンフドラ1の[5][8]待ちでリーチ。終盤に[8]をツモってこの試合2度目の1300・2600のアガリ。

南2局 瑞原 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

南3局は日向が[1]を暗カンして[③][⑥]待ちの先制リーチを掛けるも、堀の繊細なヤミテン判断と押し引きによって決着は付かず流局。勝負はオーラスへ。

南3局 堀の手牌 ©ABEMA
南3局 流局 ©ABEMA

オーラス、持ち点は堀が38,400、日向が37,000、瑞原が18,400、瀬戸熊が5,200という並び。

瀬戸熊が[南]のポンから仕掛けると、[五][八]待ちのテンパイを拒否してピンズのホンイツへ。[①]をポンして[①][④][⑦]待ちのテンパイを入れる。

これを受けて一度は撤退したように見えた堀だったが、[6][9]待ちのピンフテンパイで復活。すると直後に瀬戸熊が[9]を掴み、最後は1000のアガリで決着となった。

オーラス 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
オーラス 堀 ピンフ 1000 ©ABEMA

堀が攻めて良し守って良しのゲームメイクで日向との僅差勝負を制しトップ獲得。

恒例の「至極の一局」には南3局を挙げた。

第1試合トップの堀 ©ABEMA

第1試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+60.7
2位 日向(ABEMAS)+17.0
3位 瑞原(Pirates)▲21.6
4位 瀬戸熊(雷電)▲56.1

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top