麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【11/27 Mリーグ2023-24 第2試合結果】オーラスに差し返して値千金の勝利!魚谷侑未がチームを鼓舞する今季3勝目を獲得!2着はラス前に赤ツモで逆転するが、惜しくもオーラスに捲り返された瑞原明奈!

【11/27 Mリーグ2023-24 第2試合結果】オーラスに差し返して値千金の勝利!魚谷侑未がチームを鼓舞する今季3勝目を獲得!2着はラス前に赤ツモで逆転するが、惜しくもオーラスに捲り返された瑞原明奈!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」41日目が11月27日(月)に開催された。

11月27日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:魚谷侑未

南:瑞原明奈

西:高宮まり

北:松本吉弘

第2試合

東1局は親の魚谷が[④][⑦]待ちで先制リーチ。高目をツモって6000オールの好発進を決めた。

東1局 魚谷 リーチ, ツモ, ピンフ, イーペーコー, 赤ドラ×2 6000オール ©ABEMA

東1局1本場は松本が[白]をポン。そこに親の魚谷が[三][六]待ちで先制リーチ。しかしこの局は流局し、魚谷の1人テンパイ。

東1局1本場 流局 ©ABEMA

東1局2本場は[北]をアンカンした瑞原が2巡目に[2][5]待ちで先制リーチ。終盤にツモり、2000・4000のアガリでトップを追う。

東1局2本場 瑞原 リーチ, ツモ, 南, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東2局は魚谷が[八]をポンして染めに向かう。そこに親の瑞原が[五][八]待ちのマンガンをダマテンに構える。高宮もテンパイするが、余った[五]を瑞原が捉え、12000のアガリでほとんどトップに並んだ。

東2局 高宮の手牌 ©ABEMA
東2局 瑞原 ピンフ, タンヤオ, ドラ×2 12000 ©ABEMA

東2局1本場は松本が[4][7]待ちで先制リーチ。一発でツモり1000・2000のアガリ。

東2局1本場 松本 リーチ, 一発, ツモ 1000・2000 ©ABEMA

東3局は瑞原が仕掛けて[②][⑤]待ちで先制テンパイ。親の高宮も仕掛けてカン[四]待ちで追いつく。形式テンパイを取りにいった松本から[②]が出て、瑞原の1000のアガリ。

東3局 高宮の手牌 ©ABEMA
東3局 瑞原 タンヤオ 1000 ©ABEMA

東4局は高宮が[中]とドラの[発]のシャンポン待ちで先制リーチ。そこに魚谷が[3][6]待ちで追いつきリーチを敢行。このめくり合いは魚谷が制す。高宮から5200のアガリで2着の瑞原との差を広げた。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA
東4局 魚谷 リーチ, タンヤオ, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南1局は松本がカン[8]待ちで先制リーチ。そこに瑞原もカン[六]待ちでテンパイするがここはダマテンを選択。高宮も[⑤]をチーして[五][八]待ちで押し返す。瑞原は無筋を引いて降りを選択。このめくり合いも松本が制して高宮から8000のアガリ。高宮は箱下10000を超えて厳しい展開となった。

南1局 高宮の手牌 ©ABEMA
南1局 松本 リーチ, ドラ×1, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

南2局は高宮が[三][六]待ちで先制リーチ。すぐにツモり1000・2000のアガリで素点を回復。

南2局 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南3局は松本が[④][⑦]待ちで先制リーチ。そこに親の高宮もカン[4]待ちで追いかけリーチ。ここは高宮が制し、松本から12000のアガリで地上へ復帰。

南3局 松本の手牌 ©ABEMA
南3局 高宮 リーチ, イーペーコー, ドラ×2 12000 ©ABEMA

南3局1本場は高宮が[④][⑦]待ちで先制リーチ。1巡目に[⑥]で先切りの格好となった。安目ではあったが[④]をツモり、6000オールのアガリで原点復帰。

南3局1本場 高宮 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×2 6000オール ©ABEMA

南3局2本場は瑞原がカン[⑤]で先制テンパイ。ダマテンを選択するが、7巡目でツモ切りリーチを決行。親の高宮も粘って形式テンパイを取りにいく。瑞原が[赤⑤]をツモり、2000・4000のアガリで逆転し、トップ目に躍り出る。

南3局2本場 瑞原 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

瑞原が39000、魚谷が36200持ちの2人のトップ争いで南4局を迎える。瑞原、高宮が仕掛ける中、親の松本が[三][六]待ちで先制リーチ。瑞原も回りながらカン[⑦]待ちでテンパイする。さらに魚谷も仕掛けてアガればトップの[⑤][⑧]待ちで追いつく。結果は魚谷の執念の500・1000のツモアガリ。再び逆転し、魚谷のトップで終局。

南4局 松本の手牌 ©ABEMA
南4局 瑞原の手牌 ©ABEMA
南4局 魚谷 タンヤオ, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

魚谷が瑞原とのデッドヒートを制して反撃の狼煙をあげる今季3勝目を獲得!

第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+59.6
2位 瑞原(Pirates)+18.5
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲20.9
4位 松本(ABEMAS)▲57.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月27日トータル結果

フェニックス(茅森3着・魚谷1着)+43.7
Pirates(小林2着・瑞原2着)+23.1
ABEMAS(日向1着・松本4着)+1.5
麻雀格闘倶楽部(寿人4着・高宮3着)▲68.3

フェニックスが魚谷の値千金のトップで加点に成功、麻雀格闘倶楽部はあと一歩でプラスポイントが2桁代に突入する場面まできてしまった。しかし寿人、高宮共に要所で冴える判断をしていることは明白、一歩歯車がかみ合えばまた大きくプラスを積み上げていくだろう。

明日は多井、土田のダブル解説となるのでその模様も注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
11月28日の対戦カード ©ABEMA
11月27日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top