麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/25 Mリーグ2023-24 第2試合結果】前人未踏の個人5連勝!戦闘民族らしさ全開の鈴木優が自ら勝負を決めた!2着は高打点を2発決めた黒沢咲!

【12/25 Mリーグ2023-24 第2試合結果】前人未踏の個人5連勝!戦闘民族らしさ全開の鈴木優が自ら勝負を決めた!2着は高打点を2発決めた黒沢咲!

CABO求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」57日目が12月25日(月)に開催された。

12月25日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

今年の試合は明日(12月26日)で終わりだが、12月29日には宇宙一を決める戦い、最強星人位決定戦が、12月31日には今年のMリーグを振り返る2023年振り返り〜年の瀬SPECIAL〜が開催される。是非そちらもご覧頂きたい。

麻雀星人位決定戦 ©ABEMA
2023年振り返り〜年の瀬SPECIAL〜 ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木優

南:岡田紗佳

西:高宮まり

北:黒沢咲

第2試合

東1局は親の優がドラの[6]待ちで先制リーチ。さらに黒沢も追いついて[4][7]待ちで追いかけリーチをかける。この局は流局で優、黒沢の二人テンパイで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

東1局1本場は岡田が[④][⑦]待ちで先制リーチ。高打点だった黒沢も追いつくが余った[④]を岡田が捉え、2000のアガリ。

東1局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 岡田 リーチ, ピンフ 2000 ©ABEMA

東2局は高宮が[①][④]待ちで先制リーチ。時間はかかったがタンヤオがつく高目の[④]をツモ。さらに裏裏で4000・8000のアガリ。一気に突き抜けた。

東2局 高宮 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 4000・8000 ©ABEMA

東3局は黒沢が[中]をポン。ピンズのホンイツへ向かい、[②][⑤][⑧]のテンパイ。そこに岡田が[一][三][四][六][七]待ちで追いついてリーチ。お互いに待ちが多いめくり合いを制したのは黒沢。岡田から8000のアガリで2着に浮上。

東3局 岡田の手牌 ©ABEMA
東3局 黒沢 中, ホンイツ, ドラ×2 8000 ©ABEMA

東4局は親の黒沢がチートイツで[赤⑤]単騎で先制のリーチ。仕掛けている優もペンカンのドラ[7]待ちで追いつく。枚数は少なかったが優がすぐにツモアガリ、1300・2600のアガリでトップ戦線に復帰する。

東4局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東4局 優 東, ドラ×2 1300・2600 ©ABEMA

南1局、親の優が赤3の配牌をもらう。手も順調に伸び、[中]をポンして[五][北]でテンパイ。そして手を進めていたトップ目の高宮から12000の直撃でトップ目に躍り出る。

南1局 優 中, 赤ドラ×3 12000 ©ABEMA

南1局1本場は優が仕掛けてカン[⑥]でテンパイ。さらに高宮はカン[五]で追いついてリーチ。黒沢もドラを使い切るカン[二]で追いかけリーチを敢行。3人のめくり合いになるが、優が高宮の[五]を掴んで高宮の2600のアガリ。

南1局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 優の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 高宮 リーチ, タンヤオ 2600 ©ABEMA

南2局は親の岡田が[四][七]で先制リーチ。優も回りながらテンパイを取り切る。この局は岡田、高宮の2人テンパイで流局。

南2局 流局 ©ABEMA

南2局1本場も親の岡田が[1][4]待ちで先制リーチ。一人旅になり岡田の1300オールのアガリで徐々に点数を回復していく。

南2局1本場 岡田 リーチ, ツモ, ピンフ 1300オール ©ABEMA

南2局2本場も親の岡田が好配牌。岡田が[3][6]待ちの高目一気通貫のリーチをかける。またもや岡田の一人旅となる。この局はアガれず岡田の一人テンパイで流局。

南2局2本場 流局 ©ABEMA

南2局3本場は優が仕掛けて[⑤][⑧]待ちでテンパイ。そこにまたも岡田がカン[5]待ちでリーチをかけるが、このめくり合いは優が岡田から2000のアガリ。供託も2本付き、持ち点は40000を超える大きなアガリとなった。

南2局3本場 岡田の手牌 ©ABEMA
南2局3本場 優 タンヤオ, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南3局は黒沢が[6][9]待ちで先制リーチ。タンヤオも三色同順もつく[6]ツモり、3000・6000のアガリでトップに詰め寄る。

南3局 黒沢 リーチ, ツモ, タンヤオ, 三色同順, 赤ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

南4局はトップの優が37800、2着目の親の黒沢が31700、3着目の高宮は20200、ラス目の岡田が10300持ちと縦に長い展開で迎える。黒沢が[東]をポンして[⑥][⑨]待ちでテンパイ。そこにトップ目の優がカン[5]をぶつけ、自力で決めにいく。残り一枚の[赤5]を優が力強くツモり、2000・4000のアガリで試合にケリをつけた。

南4局 黒沢の手牌 ©ABEMA
南4局 優 リーチ, ツモ, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

鈴木優がMリーグ史上初、前人未踏の個人5連勝を達成!!パイレーツは首位で年内を終了!

 

第2試合トップの優 ©ABEMA

第2試合結果
1位 優(Pirates)+65.8
2位 黒沢(雷電)+7.7
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲21.8
4位 岡田(サクラナイツ)▲51.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月25日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(伊達1着・高宮3着)+55.5
Pirates(小林3着・優1着)+36.7
雷電(瀬戸熊4着・黒沢2着)▲44.5
サクラナイツ(岡田2着・岡田3着)▲47.7

麻雀格闘倶楽部、Piratesが加点、サクラナイツが苦しみ上位同士の順位が入れ替わった。Piratesの優がMリーグ史上初の5連勝、来年最初の出番で6連勝を飾れるかにも注目だ。

明日はドリブンズ、風林火山、ABEMAS、BEASTの対局、年内最終日に勝利を勝ち取るチームはどこか、要注目!

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月26日の対戦カード ©ABEMA
12月25日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top