麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/15 Mリーグ2023-24 第2試合結果】常に攻め続けた女海賊!めくり合いの多い展開を制した瑞原明奈が個人連勝を達成!2着は細かい加点を活かしてリードを守りきった魚谷侑未!

【1/15 Mリーグ2023-24 第2試合結果】常に攻め続けた女海賊!めくり合いの多い展開を制した瑞原明奈が個人連勝を達成!2着は細かい加点を活かしてリードを守りきった魚谷侑未!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」65日目が1月15日(月)に開催された。

1月15日の対戦カード ©ABEMA
解説:村上淳 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:白鳥翔

南:瑞原明奈

西:魚谷侑未

北:勝又健志

第2試合

東1局は終盤に魚谷がペン[三]で先制リーチ。魚谷の一人テンパイで流局。静かな幕開けとなる。

東1局 流局 ©ABEMA

東2局1本場は親の瑞原がカン[2]を仕掛けてソーズの染め手へ向かう。さらに進んでカン[4]待ちでテンパイ。そこに魚谷が[東]を打ち出して[③][⑥]待ちでピンフのテンパイし、ダマテンに構える。さらに瑞原がそのダブ[東]をポンして[3][6]待ちに変化する。ここは魚谷が瑞原から3900のアガリで、親の大物手を蹴ることに成功。

東2局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 魚谷 ピンフ, タンヤオ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

東3局は親の魚谷が[白]をポン。さらに仕掛けて[⑥][⑨]待ちで先制テンパイ。すぐにツモって1000オールのアガリで連荘に成功。

東3局 魚谷 白, ドラ×1 1000オール ©ABEMA

東3局1本場は勝又が仕掛けて[2][5]待ちで先制テンパイを果たす。そして勝又の500・1000のアガリで局消化に成功。

東3局1本場 勝又 タンヤオ, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

東4局は親の勝又が[発]をポン。魚谷がカン[五]待ちでテンパイして役ありのダマテンを選択。さらに勝又も[④][⑦]待ちで追いつく。魚谷はツモり三暗刻に手替わりをする中、白鳥もカン[七]待ちで追いついてリーチをかける。3人のめくり合いは勝又がすぐにツモって500オールのアガリで連荘に成功。

東4局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東4局 勝又 發 500オール ©ABEMA

東4局1本場は親の勝又が[②]をアンカンし、なんと新ドラでモロ乗りする。さらに仕掛けてカン[④]待ちでハネマンのテンパイをする。子3人は対応を迫られ、勝又の一人旅となるがアガれずに勝又の一人テンパイで流局。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

東4局2本場は白鳥が[六][九]待ちで先制リーチ。高目はハネマンからの大物手である。そこに瑞原がチートイツの[北]単騎待ちで追いかけリーチ。白鳥が一発で掴み、瑞原の6400のアガリ。

東4局2本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 瑞原 リーチ, 一発, チートイツ 6400 ©ABEMA

南1局は瑞原がカン[2]待ちで先制テンパイ。役ありのマンガンでダマテンに構える。勝又も[4][⑧]待ちでテンパイするが役なしのダマテンに構える。瑞原は[2][5]待ちに変化してリーチを選択。さらに魚谷もペン[3]待ちで一盃口のテンパイをし、ダマテンを選択。勝又は降りを選択。仕掛けた親の白鳥もカン[⑥]待ちで追いつき、さらに手替わりして[⑤][8]待ちを選択。その後も白鳥、魚谷は手替わりを挟みながら、結果として3人のめくり合いは決着がつかず、白鳥、瑞原、魚谷の三人テンパイで流局 

南1局 流局 ©ABEMA

南1局1本場は勝又が仕掛けてペン[三]待ちで先制テンパイ。親の白鳥も仕掛けて[三][六]待ちで追いつく。さらに瑞原も[③][⑥]待ちで追いついてリーチを敢行。さらに魚谷も回りながら仕掛けて[2][5]待ちで追いつき、4人のめくり合いとなるが勝又が[三]をツモり、1300・2600のアガリでトップ目に立つ。

南1局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 勝又 南, ドラ×1, 赤ドラ×1 1300・2600 ©ABEMA

南2局はドラ5の勝又が[四][七][九]で先制リーチ。そこに親の瑞原が[白]をポンして[②][⑤][⑧]待ちで押し返す。勝負手だった白鳥から[⑧]が出て、瑞原の1500のアガリで連荘に成功。

南2局 勝又の手牌 ©ABEMA
南2局 瑞原 白 1500 ©ABEMA

南2局1本場は瑞原が[二][五]待ちで先制リーチ。そこに魚谷が役なしのカン[三]待ちで追いつき役なしのダマテンに構える。さらに勝又も仕掛けて[四][七]待ちでテンパイ。魚谷はホウテイで降りを選択し、瑞原、勝又の二人テンパイで流局。

南2局1本場 流局 ©ABEMA

南2局2本場は親の瑞原が[中]をポン。そこに勝又は[2][一][四]待ちで先制リーチをかける。さらに白鳥も追いついて[④][⑦]待ちで追いかけリーチを敢行。さらに親の瑞原も[四][七]待ちで追いついて押し返す。このめくり合いを白鳥が制す。勝又から12000のアガリで一気に持ち点を回復する。

南2局2本場 勝又の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 白鳥 リーチ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×1, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 12000 ©ABEMA

南3局は白鳥が[発][一]待ちで先制リーチ。そこに仕掛けていた瑞原が[3][6]待ちで押し返す。さらに魚谷も役なしの[3][⑧]待ちでダマテンに構える。勝又も仕掛けて片上がりのペン[4]待ちでテンパイ。この4人のめくり合いも白鳥が制す。勝又から5200のアガリで2局で2着目まで浮上した。

南3局 瑞原の手牌 ©ABEMA
南3局 魚谷の手牌 ©ABEMA
南3局 勝又の手牌 ©ABEMA
南3局 白鳥 リーチ, 發, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南4局はトップ目の魚谷が30700、2着の白鳥が27000、3着の瑞原が25300、ラス目の勝又が17000持ちと接戦でオーラスを迎える。親の勝又が[中]をポン。しかしそこから中々手が進まない。そこに2着目の白鳥が高目なら無条件トップの[②][⑤]待ちで先制リーチをかける。そこに瑞原もアガれば無条件トップの[三][六][北]待ちで追いかけリーチを敢行。トップ目の魚谷は降りを選択した。降りる選択肢がないラス目の勝又が一発で[北]を掴み放銃。瑞原の8000のアガリで逆転トップを獲得。

南4局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南4局 瑞原 リーチ, 一発, 赤ドラ×2 8000 ©ABEMA

常に攻め続けた瑞原が最後に差し切って個人連勝を達成!

第2試合トップの瑞原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瑞原(Pirates)+54.3
2位 魚谷(フェニックス)+10.7
3位 白鳥(ABEMAS)▲14.0
4位 勝又(風林火山)▲51.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月15日トータル結果

Pirates(仲林3着・瑞原1着)+38.5
フェニックス(醍醐2着・魚谷2着)+16.2
風林火山(亜樹1着・勝又4着)+3.0
ABEMAS(多井4着・白鳥3着)▲57.6

Piratesが瑞原のトップで更に抜け出した。フェニックスはなんとか2着2着で粘り切りポイントを加算。次の試合に繋げたと言えるだろう。

火曜日は雷電とBEASTが出場、どちらも加点していきたい状況、どのような攻防が見られるか注目!

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月16日の対戦カード ©ABEMA
1月15日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top