麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/5 Mリーグ2023-24 第2試合結果】隙を全く見せない局回し!仲林圭が4000オールのアガリを活かして逃げ切り勝ちの個人連勝!2着は小三元の跳満をアガった滝沢和典!

【2/5 Mリーグ2023-24 第2試合結果】隙を全く見せない局回し!仲林圭が4000オールのアガリを活かして逃げ切り勝ちの個人連勝!2着は小三元の跳満をアガった滝沢和典!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」77日目が2月5日(月)に開催された。

2月5日の対戦カード ©ABEMA
解説:村上淳 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:萩原聖人

南:仲林圭

西:猿川真寿

北:滝沢和典

第2試合

東1局は猿川が[中]をポン。仲林は役なしのカン[七]待ちでテンパイをし、ダマテンに構える。猿川は手が進んでカン[6]待ちでテンパイをする。滝沢、萩原も形式テンパイを狙って仕掛けを入れる。結果、全員テンパイで流局。

東1局 流局 ©ABEMA

東1局1本場は猿川が[東]をポン。ピンズのホンイツへ向かう。親の萩原はドラ表示牌のカン[六]待ちでテンパイするがダマテンに構える。猿川は手が進みカン[③]待ちでテンパイ。萩原はテンパイを崩して打点を求める。そこに仲林が[二][五]待ちでリーチをかける。猿川は食い伸ばしで[⑥][⑨]待ちに変化させ、滝沢から討ち取り3900のアガリ。

東1局1本場 仲林の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 猿川 東, ホンイツ 3900 ©ABEMA

東2局は萩原が[2][5]待ちで先制リーチ。さらに親の仲林がドラ表示牌のペン[7]待ちで追いかけリーチをかける。めくり合い仲林が勝ち、4000オールのツモアガリで大きく抜け出した。

東2局 萩原の手牌 ©ABEMA
東2局 仲林 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東2局1本場は親の仲林が仕掛けて[②][⑤]待ちで先制テンパイ。猿川も自風の[南]をポンして[六][九]待ちでテンパイ。猿川の300・500のツモアガリで親を蹴ることに成功。

東2局1本場 仲林の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 猿川 南 300・500 ©ABEMA

東3局は萩原が[3][6]待ちで先制リーチ。ドラ3の猿川も終盤に追いつきペン[③]待ちで追いかけリーチをかけるが、めくり合いは萩原が制す。裏も1枚乗り猿川から8000のアガリで2着目の浮上。

東3局 猿川の手牌 ©ABEMA
東3局 萩原 リーチ, ピンフ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

東4局は親の滝沢がダブ[東]をポンして[⑥][⑨]待ちでテンパイ。そこに萩原が[4][7]待ちで追いついてリーチをかける。すぐに滝沢がツモり1300オールのアガリで失点を回復。

東4局 萩原の手牌 ©ABEMA
東4局 滝沢 ダブ東 1300オール ©ABEMA

東4局1本場はトップ目の仲林が[三][六]待ちでテンパイ。役ありの5200をダマテンに構える。猿川から討ち取り5200の加点でさらにリードを広げる。

東4局1本場 仲林 白, ドラ×1, 赤ドラ×1 5200 ©ABEMA

南1局は親の萩原がカン[③]待ちで先制リーチ。猿川も[⑥]単騎待ちで一旦テンパイをとりダマテンに構える。しばらくして無筋を引いて撤退を選択。仲林も仕掛けて粘りながら[⑤][⑧]待ちでテンパイをとり切る。この局は萩原と仲林の2人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

南1局1本場は滝沢がカン[三]を仕掛けてマンズのホンイツへ向かう。さらに[発]をポン、すぐにテンパイし、小三元の[中]単騎待ちでハネマンの先制テンパイ。仲林も仕掛けてカン[⑦]待ちで追いつく。猿川もチートイツの[北]単騎待ちでリーチを敢行し3人のめくり合いとなる。仲林はすぐに撤退を選択する。滝沢が猿川12000のアガリを決め、トップ目の仲林を追いかける。

南1局1本場 猿川の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 滝沢 白, 發, 小三元, ホンイツ 12000 ©ABEMA

南2局は親の仲林はカン[⑥]待ちでテンパイして役なしのダマテンに構える。自風の[北]をポンした萩原は[白][1]待ちでテンパイを入れる。さらに滝沢も仕掛けて[二][五][八]待ちでテンパイを入れる。萩原がタンヤオに変化した仲林から[1]を捉え、1300のアガリ。

南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南2局 仲林の手牌 ©ABEMA
南2局 萩原 北 1300 ©ABEMA

南3局は仲林が[白]、親の猿川が[南]をポンする。滝沢がチートイツの先制テンパイをいれ、[八]単騎待ちのダマテンに構える。そこに仲林がさらに仕掛けを入れ[四][七]待ちのテンパイ。すぐに滝沢が掴み、仲林の1000のアガリで局消化に成功。

南3局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南3局 白 1000 ©ABEMA

南4局は親の滝沢が[発]をポンして連荘を狙いつつソーズのホンイツへ向かう。アガればトップの仲林は[⑥]をポンしてタンヤオへ向かう。そして、仲林が[2][5]待ちの先制テンパイを入れる。あっさり[赤5]をツモり、500・1000のアガリで終局。

南4局 仲林 タンヤオ, 赤ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

終始安定していた仲林の個人連勝で1戦目ラスだった優の負債を取り返す!

 

第2試合トップの仲林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 仲林(Pirates)+63.8
2位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)+12.1
3位 萩原(雷電)▲12.4
4位 猿川(BEAST)▲63.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月5日トータル結果

雷電(本田1着・萩原3着)+44.0
麻雀格闘倶楽部(高宮2着・滝沢2着)+19.6
Pirates(優4着・仲林1着)+15.4
BEAST(中田3着・猿川4着)▲79.0

本日はBEASTが苦しむ1日となり、ここで悔しい9位陥落となった。雷電は本田のトップで前進、一旦風林火山の上に立ったが萩原は三着で微差で7位で本日を終えた。

まだまだボーダー争いは熾烈な状況。終盤戦に向けてひりつくような戦いが続いていく事だろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
2月5日の対戦カード ©ABEMA
2月5日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top