麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【3/21 Mリーグ2023-24 第2試合結果】華麗な守備で魅せる!園田賢が東発で一歩リードすると完璧な守備でトップ目の座を一度も譲らず勝利!2着はリーチで攻めたてるも惜しくも届かなかった萩原聖人!

【3/21 Mリーグ2023-24 第2試合結果】華麗な守備で魅せる!園田賢が東発で一歩リードすると完璧な守備でトップ目の座を一度も譲らず勝利!2着はリーチで攻めたてるも惜しくも届かなかった萩原聖人!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」103日目が3月21日(木)に開催された。

3月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:菅原千瑛

南:魚谷侑未

西:園田賢

北:萩原聖人

第2試合

東1局、萩原が[6][9]待ちの先制リーチを敢行。

そこに園田が[五][八]待ちの追いかけリーチをかける。

園田は[五]を一発でツモ。

園田は2000・4000の加点で好スタートを切った。

東1局 萩原の手牌 ©ABEMA
東1局 園田 リーチ, 一発, ツモ, 裏ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

 

東2局、園田がカン[四]待ちの先制リーチ。

ホンイツに向かっていた魚谷から[四]が余ってしまう。

園田は2600の獲得となった。

東2局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東2局 園田 リーチ, 裏ドラ×1 2600 ©ABEMA

東3局、[白]をポンした園田が[6][9]待ちテンパイに。

直後、場風[東]をポンしていた魚谷も[④][⑦]待ちテンパイ。

[④]を掴んだ園田はしっかりオリに回る。

魚谷が[⑦]をツモって決着。

魚谷は1000・2000の加点となった。

東3局 魚谷 東, ドラ×1, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東4局、魚谷が先制テンパイ、[8][西]シャンポン待ちリーチを敢行。

程なくして萩原が[四][七]待ち追いかけリーチをかける。

さらに菅原もリーチを宣言するも余った牌は[四]

萩原は5800の加点に成功した。

東4局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局 菅原の手牌 ©ABEMA
東4局 萩原 リーチ, ピンフ, タンヤオ 5800 ©ABEMA

東4局1本場、[発]ポン、[東]ポンと鳴いた魚谷が[4][7]待ちテンパイに。

数巡後、[中]をポンしていた菅原が[二][⑤]シャンポン待ちテンパイとなる。

萩原から[二]が溢れてしまう。

菅原は2000の獲得となった。

東4局1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA
東4局1本場 菅原 中, 赤ドラ×1 2000 ©ABEMA

南1局、魚谷が早々にペン[三]待ちリーチをかける。

菅原から[三]が余りこれに魚谷がロンの声。

魚谷は2600の加点となった。

南1局 菅原の手牌 ©ABEMA
南1局 魚谷 リーチ, 赤ドラ×1 2600 ©ABEMA

南2局、[中]をポンした園田が[4][7]待ちのテンパイ。

園田はあっさり[4]をツモ。

園田は300・500の加点で局消化に成功した。

南2局 園田 中 300・500 ©ABEMA

南3局、萩原が[三][六]待ちの先制リーチ。

萩原の一人旅の格好となるも流局。

園田がややリードを持ったトップ目でオーラスに入った。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス1本場、菅原が[一][四]待ちの先制リーチをかける。

テンパイした魚谷から一発で[一]が放たれてしまう。

菅原は5200の加点で3着目に浮上した。

またこの菅原のアガリで園田のトップが確定した。

オーラス1本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
オーラス1本場 菅原 リーチ, 一発, ドラ×1 5200 ©ABEMA
第2試合トップの黒沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+54.7
2位 萩原(雷電)+7.2
3位 菅原(BEAST)▲20.9
4位 魚谷(フェニックス)▲41.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月21日トータル結果

BEAST(猿川1着・菅原3着)+37.0
ドリブンズ(浅見4着・園田1着)+8.0
雷電(本田3着・萩原2着)▲14.5
フェニックス(魚谷2着・魚谷4着)▲30.5

猿川、園田がトップ獲得、なんとか浮上を目指したい雷電、フェニックスは一歩届かずで苦しい結果となり、セミファイナル進出は厳しくなった。

BEASTは加点に成功して風林火山との差を101.2ポイント差となりまだまだセミファイナル進出が見える位置で耐えている。

明日は上位チームの戦い。焦点となるのは個人成績争いか。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
3月22日の対戦カード ©ABEMA
3月21日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top