麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【Mリーグ】渋谷ABEMASインタビュー「それぞれの個性、人間性、麻雀の魅力を前面に押し出して、Mリーグの象徴のようなチームにしたい。」

【Mリーグ】渋谷ABEMASインタビュー「それぞれの個性、人間性、麻雀の魅力を前面に押し出して、Mリーグの象徴のようなチームにしたい。」

CABO求人全自動麻雀卓スリム

2019年2月12日にレギュラーシーズンを終えたMリーグ。株式会社サイバーエージェントが指名したRMUの多井隆晴@takaharu_ooi)、日本プロ麻雀連盟の白鳥翔(@s_Shochan0827)、日本プロ麻雀協会の松本吉弘@yoshihiro_npm)の3名のチーム「渋谷ABEMAS(@shibuya_Abemas)」は開幕直後にスタートダッシュに成功、道中に苦しみ一時6位まで陥落するも、終盤はエース多井が怒涛の大活躍で個人スコア首位に。チームも2位まで浮上しレギュラーシーズンを終えた。

大和証券Mリーグ2018 レギュラーシーズン 最終結果
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 281.7 80/80
2 ABEMAS 184.6 80/80
3 麻雀格闘倶楽部 39.2 80/80
4 ドリブンズ ▲8.7 80/80
5 Pirates ▲99.2 80/80
6 フェニックス ▲170.1 80/80
7 雷電 ▲227.5 80/80

ABEMASは80戦中、1位は24回、2位は16回、3位は20回、4位は20回。トップ争いの競り合いをうまく制してきた印象だ。

大和証券Mリーグ2018 レギュラーシーズン 個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 476.3 27
2 滝沢(風林火山) 314.8 30
3 寿人(麻雀格闘倶楽部) 228.3 37
4 朝倉(Pirates) 178.8 28
5 近藤(フェニックス) 144.4 24
6 園田(ドリブンズ) 123.2 31
7 黒沢(雷電) 116.9 22
8 前原(麻雀格闘倶楽部) 84.8 27
9 たろう(ドリブンズ) 30.1 29
10 松本(ABEMAS) 22.1 27
11 勝又(風林火山) 15.9 25
12 亜樹(風林火山) ▲49.0 24
13 萩原(雷電) ▲61.0 30
14 茅森(フェニックス) ▲65.4 29
15 小林(Pirates) ▲115.6 27
16 村上(ドリブンズ) ▲162.0 20
17 石橋(Pirates) ▲162.4 25
18 魚谷(フェニックス) ▲249.1 27
19 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲273.9 16
20 瀬戸熊(雷電) ▲283.4 28
21 白鳥(ABEMAS) ▲313.8 26

多井は27戦の出場で着順は上から11-7-5-4、平均着順はなんと2.07でトータルポイントは476.3。圧倒的な成績を残してレギュラーシーズンを終えた。終盤は11連続連対となり、恐ろしいほどの強さを見せた。ファイナルでも持ち前の経験と判断力、勝負強さを見せつけるのか。

松本は27戦の出場で着順は上から7-7-6-7、Mリーグ初役満を放銃してしまう不運があったものの、最年少ながらも臆せず戦い抜き、トータル22.1ポイントとプラスで終えた。若武者の果敢な戦いがチームに大きなエネルギーを与えることは間違いない。

白鳥は26戦の出場で着順は上から6-2-9-9、開幕当初は調子が良かったものの個人最下位に沈んでしまった。しかし冷静に場を見ることに長けている白鳥は確実にチームの力となるだろう。

2019年2月13日午後 浜松町Mリーグスタジオにてプロ麻雀リーグ「Mリーグ」2018のファイナルシリーズ記者会見が行われ、その中で各チームメンバーのインタビューも行われた。

左から松本吉弘、多井隆晴、白鳥翔

RTDリーグでも活躍し、AbemaTV麻雀chで大きく存在感を現した3名による「渋谷ABEMAS」のレギュラーシーズンの戦い、ファイナルをどう戦っていくのかに迫った。

>>次ページ 渋谷ABEMASチームインタビュー!

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top