麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
土俵際内川の新境地! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第5節 29、30回戦レポート

土俵際内川の新境地! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第5節 29、30回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

5/1(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第5節 29、30回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

28回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_1_R                    

 

29回戦、首位小林がオヤ番で気持ちよく先制リーチをかける。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_2_R

また小林か・・・という空気を切り裂いたのは、後手で踏み込むリスクに見合う手牌を冷静に作り上げた勝又。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_3_R

高目イッツーのリーチを小林からで打ち取ると、そのまま冷静にリードを保って2万点台のカラ~いトップ。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_4_R

勝又がトータル4位をがっちりキープした。

 

続く30回戦では、ここまで最下位が定位置になってしまっている内川が登場。

石橋・瀬戸熊の2軒リーチに対して、先にテンパイしていたオヤの内川。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_5_R

終盤、2人に無スジのをツモ切ってリーチを宣言したが、これが瀬戸熊に8000の放銃となってしまう。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_6_R

それでも折れない内川は、次局にこの好配牌。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_7_R

真っすぐに役牌から打ち出していくと、5巡目に選択。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_8_R

ドラ引きリーチを想定し、ここで打としてしまう打ち手もいるだろう。

しかし、この手材料では、タンヤオか好形のリーチを狙うのが本筋。

内川は、何事もなかったかのようにをツモ切った。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_9_R

すると、安全牌候補のもツモ切ってを残した後、が重なってリーチ。

このリーチ、先切りの後、をツモ切ってから切りリーチのため、が関連牌に見える。

が関連牌ならば、がアンコのケース以外は、を持っている可能性が極めて高い、ということになる。

その前提で、を掴んだ瀬戸熊に視点を移そう。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_10_R

自身がを3枚持っているため複合形は消え、を持っている前提だと、が当たるのは、辺りということになる。

は自由に待ちを選べるため、わざわざその待ちでリーチしないだろう。

も、リーチするイメージは内川にない。

そして、そもそもアンコのワンチャンスである。

そんな思考で、「全く放銃すると思っていなかった」と言う瀬戸熊が、ほぼノータイムでをツモ切り、内川の12000が炸裂した。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_11_R

タンヤオに固執したからこその引っ張りで、待ちの濃度を薄めるという副産物も導出する、見事な手順で内川が2着目に復活する。

 

すると、次局、内川が新境地を見せた。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_12_R

と序盤にポンすると、チーで3フーロのノーテン。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_13_R

仕掛けだけを見ると、手牌の主が鈴木たろうに見えてくるが、これは紛れもなく内川の手牌なのである。

しかも、チーして切るのは字牌ではなくで、「ほらほら、ピンズが余っちゃいましたよー( ̄▽ ̄)」の演出付きだ。

この仕掛けは強い。

こんな仕掛けをするイメージのない内川にこれをやられると、周りは対応せざるを得なくなってしまう。

実際に、全員が真っすぐに進めることができなくなり、内川が場を制圧した状況となる。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_14_R

そして、最終巡目で内川がようやくテンパイを果たし、1人テンパイで大きなテンパイ料3000点を得た。

 

これでトップ目のたろうに迫ると、たろうのオヤ番で先制リーチをかける。

すると、瀬戸熊から追いかけリーチで2軒リーチとなった。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_15_R

2軒リーチに挟まれたのは石橋。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_16_R

瀬戸熊のスジで、内川の第1打を見て、ノータイムのアンコ落としにいく。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_17_R

なんと、これが内川の8000に放銃となるのだから驚きだ。

実は1巡目、内川はこんなところからをツモ切りしていた。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_18_R

好配牌に溺れて手拍子でを切ってしまいそうだが、内川は冷静にをツモ切り、シャンポン先引きの効率より、待ちになったときの出アガリ効率を取りにいったのである。

この8000でトップを逆転すると、オーラスのアガリ競争にも競り勝ってトップ。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_19_R

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_20_R

ここまで今一つ牌勢に恵まれなかった内川が、ようやく訪れた好機にも溺れず、冷静に打ち切って反撃の狼煙を上げた。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節29-30回戦_21_R

 

■次回5/4(木)21:00からBLACK DIVISION 第5節25、26回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8kQXXSty5tRg7y

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top