麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
大トップを目指した逆境内川の結末は!? RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第5節 27、28回戦レポート

大トップを目指した逆境内川の結末は!? RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第5節 27、28回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

4/27(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第5節 27、28回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

26回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_1_R                 

 

27回戦は、小林と藤田の壮絶な打ち合いとなった。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_2_R

小林がオヤリーチをかけると、ジュンチャン三色イーシャンテンとなった勝又から一発でを打ち取り12000。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_3_R

これに対して、藤田も4000オールで対抗する。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_4_R

しかし、南3局1本場で藤田のオヤリーチを小林が仕掛けてかわすと、オーラスもカン、カンと仕掛けたイッツードラ1を内川から打ち取って小林が再逆転。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_5_R

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_6_R

首位小林がプラスを200台まで伸ばした。

その一方で、ラスを押し付けられてマイナス300を超えてしまったのは最下位の内川。

 

続く28回戦でも点数を失っていた内川。

ポンの藤田に対し、カンのオヤリーチで果敢に勝負を挑むと、藤田が掴んで7700。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_7_R

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_8_R

続いて、手詰まりの藤田からトイツ落としので3900。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_9_R

これで持ち点を原点に戻すと、リーチツモドラ1の2000オールでトップまで浮上した。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_10_R

 

オーラスも、焦らず落ち着いて細かく連荘し、2着目石橋を引き離した内川だったが、ここで石橋に逆転手が入ってしまう。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_11_R

とはいえ、内川から直撃かツモという条件付きの逆転手であり、3着目瀬戸熊にまくられるリスクを考えると、1枚切れの待ちでは見逃しにくく、なかなか逆転条件は満たされそうにない。

内川も、もうオリるだろう。

それが、控室で観戦していた他選手の見解でもあった。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_12_R

しかし、このイーシャンテンに構えていた内川は、1枚切れのをツモ切る。

これは、も切るということ。

内川は、この手にアガリを見ているし、その先に大連荘を見ていたのだ。

 

すると、瀬戸熊からも火の手が上がる。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_13_R

ドラトイツのチートイツで、アガれば2着、ツモってウラが乗ればトップまでいく勝負手である。

 

このタイミングでを掴んだ内川。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_14_R

自身もテンパイだが、このリーチでが止まる可能性が出た。

しかし、内川はこれをノータイムでツモ切り。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_15_R

石橋がマンガン直撃で逆転トップとなった。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_16_R

一瞬、固まる内川。

瀬戸熊に対する安全牌がないこと、唯一切れそうなは石橋に通っていないことなど、を切る理由がいくつか重なったが、一番大きいのは「大トップがほしかった」という感情的で、勘定的な理由だろう。

マイナスが積み重なっても、ここまで冷静に打ちまわしていた内川だったが、マイナスが300を超えて残り試合数半分という状況に追い込まれ、「通常のトップでは満足できず、連荘での大トップを狙いにいってしまった」と、悔しさをにじませた。

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_17_R

RTDリーグ2017_WHITE_第5節27-28回戦_18_R

これで、ついに全試合数の半分を消化。

準決勝進出の4枠を争う戦いも、ついに後半戦を迎える。

 

■次回5/1(月)21:00から29、30回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9kdM5Doawstygs

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top