麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
中打点量産型タイムマネジメントシステムFUJITA! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第6節 33、34回戦レポート

中打点量産型タイムマネジメントシステムFUJITA! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第6節 33、34回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

5/19(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第6節 33、34回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

32回戦終了時のポイントはこちら↓

  RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_1_R                  

 

藤田といえば大トップを獲っているイメージであるため、アガリ打点も高いかといえばそうでもない。

ただし、打点が低いわけでもない。

藤田のアガリ打点は、まさに中打点。3900~5200クラスのアガリが多い印象である。

しかも、そのどれもが、アガリやすい鋭さを備えているため、アガリ率が高い。

すなわち、中打点を量産している打ち手というわけだ。

 

33回戦でも、中打点量産型の雀風は健在。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_2_R

南場のオヤでをポンして切りでテンパイを果たした次巡、をノータイムでツモ切った。

の両面に取る打ち手も多いと感じるが、自分の河が平坦であるため役牌が打たれやすいこと、がドラそばであまり良くないこと、他家がまだ役牌を持っている可能性があることなどを踏まえ、を狙いにいった。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_3_R

その結果、直後にたろうからが手出しされて最速の3900をアガり切る。

 

すると、2本場では、前巡にいったんダマテンに構えた単騎で、1巡回して空切りリーチといった。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_4_R

このリーチは、実に藤田らしい。

ツモ切りリーチや空切りリーチが多い藤田なのだが、そのどれもが、相手のスピードを見事に読み切ったリーチとなっている。

今回もそうだ。

前巡の動きを見てみると・・・

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_5_R

まっすぐに役牌を打ち出した勝又が少考して打でイーシャンテン。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_6_R

同じく役牌から打ち出した内川が、手出しの後、少考してをツモ切っている。

藤田のリーチは、これを見てのもの。

「このタイミングでリーチをしておかなければまずい」

そういう他家のスピード感を敏感に感じ取った「タイミングでかけたリーチ」である。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_7_R

これに対し、こちらも手の整っていたたろうが掴んだを打ち、藤田の4800が炸裂した。

完璧なタイムマネジメントでの鋭い中打点。

このアガリこそ、藤田の強さを凝縮したアガリに見えた。

 

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_8_R

すると、オーラスでは、たろうの強烈な3フーロに対し、フリテンリーチを敢行。ツモればトップなので、着落ちリスクを取って前に出る。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_9_R

たろうもをツモると倍満でトップになるテンパイにこぎつけ、めくりあいとなったが、藤田が最終手番で力強くを引き寄せた。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_10_R

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_11_R

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_12_R

逆転でトップを獲った藤田は、続く34回戦でも躍動する。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_13_R

石橋のこのオヤリーチを受けた藤田。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_14_R

にくっつけば三色になるのだが、石橋に対し、はワンチャンスながら無スジで、の後の切りリーチであるためも打ちにくい。

巡目も深いため、99%の打ち手がここでオリを選択すると思われるのだが、藤田はを打って前に出た。

すると、を引いてテンパイした藤田は、を勝負すると、次巡にを引く。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_15_R

石橋のリーチ直前の手出しがであるため、のシャンポンをケアしてきっちりをツモ切り。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_16_R

そして、石橋からツモ切られた最後ので5200をアガり切った。

アガリまでの関門が多く、ほとんどの打ち手が拾えていないアガリである。

これで一歩抜け出すと、トップを逆転していった石橋をオーラスのオヤ番で再逆転した2本場。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_17_R

石橋とは1万点差ほどで、これをアガれればトップ当確であるためきっちりダマテンに構え、石橋の第1打に照準を合わせた。

すると、想定通り石橋がをツモ切り、トップを決める大きな3900直撃。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_18_R

藤田の良さがふんだんに盛り込まれた内容の濃い2連勝で、トータルでもほぼ借金を返済している。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節33-34回戦_19_R

 

■次回5/22(月)21:00からWHITE DIVISION 第6節35、36回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9hKQCd4kvGGvbq

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top