麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
死地に高打点を見出す藤田の慧眼! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第6節 35、36回戦レポート

死地に高打点を見出す藤田の慧眼! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第6節 35、36回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

5/22(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第6節 35、36回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

34回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_1_R

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_2_R

35回戦、瀬戸熊が2軒リーチを制してマンガンを決めると、前に出た勝又からを打ち取り、さらにマンガン。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_3_R

このマンガン2発で抜け出してトップを決めた瀬戸熊が、トータルをプラスまで戻した。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_4_R

 

36回戦では、今節2連勝中の藤田が登場。

その藤田、今回は放銃で点数を失う厳しい展開となってしまう。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_5_R

このままラスを引くと、せっかく積み上げた2連勝の意味が薄れてしまうが、藤田はこの窮地、そしてこの平凡な手牌に、活路を見出していた。

なんと、このテンパイの同巡、たろうから打たれたを見逃したのである。

もう東4局であり、トップ目小林を逃がすような1000点で局を消化するのは損。さらに、をポンしてピンズホンイツ気配の小林が場を制圧した感があり、連荘でもう1局となる未来も濃く見える。

そういう考えでの見逃しはわかるのだが、そこには「自分の手牌が育つ」という前提がなければならない。

果たして、この手牌が高打点で決まるビジョンを持てる打ち手が何人いるだろうか。

確かに567の三色は見えるが、というかなり限定的な2種が必要になるため、少し厳しいように見える。

藤田のこの見逃しの後、を鳴いていたオヤの小林がもポンしてドラ切り。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_6_R

これでテンパイが明白になった。

 

そこに、石橋も手ごたえのある待ちリーチで応戦。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_7_R

 

この2人に挟まれては、藤田も安全牌を抜いてテンパイを崩さざるを得なかった。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_8_R

 

そして、同じく挟まれてしまったのがたろう。たろうは安牌に窮した。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_9_R

リーチの現物はなのだが、それはピンズ仕掛けの小林に危険牌。

ピンズと字牌を切らない前提だと、マンズかソウズになるが、当たったときに打点が高くならなさそうな(石橋の捨て牌的に234や678・789の三色、チャンタが本線)を切って見事に放銃を回避していく。

そして、次巡もたろうがを切る。

そもそも2巡の安全を買うためのトイツ落としであるため、当然の切りである。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_10_R

すると、なんとこの2枚目のに声がかかった。

藤田だ。

前巡にを引いた藤田がスジのを打ってテンパイを組んでいたのである。

なんと、高打点に仕上げるのは難しいと思われたあの手牌を、見事マンガンに仕上げ切った。

 

すると、死地から生還したかのように藤田が活気づく。

次局にはたろうのリーチ宣言牌を打ち取ると、ウラが2枚乗って12000。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_11_R

 

さらにマンガンツモ。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_12_R

これでトップ目に立ったのだが、そう簡単には逃げさせまいと小林がマンガンをたろうからアガり再逆転。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_13_R

 

大接戦のオーラスを迎えると、先制リーチは小林。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_14_R

ここに、たろうも追いかけリーチで対抗した。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_15_R

ヤマに薄いと読んだドラより、に受ける。そして、このはヤマに3枚とさすがの読みを見せた。

しかし、ここを制したのは藤田。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_16_R

無スジを何枚も切り飛ばし、を手繰り寄せた。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_17_R

藤田はこのトップで今節を3連勝で締めくくった。

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_18_R

RTDリーグ2017_WHITE_第6節35-36回戦_19_R

トータルでも見事にマイナスからの生還を果たし、満足げな表情を浮かべた。

 

■次回5/25(木)21:00からBLACK DIVISION 第6節31、32回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9hKQFMVST5KsLT

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top