麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
珍事多発!?佐々木のテンパイ取らず!供託7000点! RTDリーグ2017準決勝第2節7、8回戦レポート

珍事多発!?佐々木のテンパイ取らず!供託7000点! RTDリーグ2017準決勝第2節7、8回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

8/23(水)17:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ準決勝第2節7、8回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

開始時のポイントはこちら↓

2017RTD_準決勝7、8回戦_1

 

各人にとって、今後の方針が決まりそうな7、8回戦。
珍しい事象が多発した。

7回戦、まずは白鳥にしては珍しい、遠く安い仕掛けから。
2017RTD_準決勝7、8回戦_2
これは面白い。
の両面をチーして打とするのだが、前巡にを切っているため、ドラがトイツのイーシャンテン以上に見えることも多そうだ。
そう見せておいて、相手の出方を伺う腹積もりなのである。
したがって、この後すぐにが出ても当然ポンしないとのこと。
は大事な守備要員というわけだ。
すると、猿川にスーアンコテンパイが入った。
2017RTD_準決勝7、8回戦_3
しかし、白鳥も3フーロで追いつき、すぐにをツモってかわす。
2017RTD_準決勝7、8回戦_4
を温存して守備力を保ちながら進行するバランスの取れた白鳥らしい手順なのだが、それにしても珍しい白鳥の3フーロ1000点となった。

2017RTD_準決勝7、8回戦_5
東3局では終盤にテンパイを果たした佐々木が、珍しいダマテンで平賀からを打ち取ってトップに立つと、次局も3巡目テンパイ。
2017RTD_準決勝7、8回戦_6
愚形リーチ上等派の佐々木が、6400のペンテンパイを果たしたならば即リーチかと思いきや、佐々木の選択はなんと打のテンパイ取らず。
佐々木「入り目がなら即リーチだったが、ツモなら、まだ伸びしろがあると思った」
すなわち、このペンは待ちとして最下層であり、少なくともそれより上位のシャンポンテンパイにはなってくれそうであるし、といった有効牌を引いてのテンパイやイーシャンテンのほうが有利との判断である。
実は、今期の佐々木には、こういったテンパイ外しの選択が多い。
そのため、「佐々木のリーチだから(どうせ愚形でしょ?)・・・」という押しがことごとく捕まっているように見える。
ここでも、三色のイーシャンテンからドラを放した猿川がテンパイと同時にを打って佐々木のアガリ。
2017RTD_準決勝7、8回戦_7
佐々木が、感覚通りに手牌を成長させ、颯爽とトップを奪っていった。
2017RTD_準決勝7、8回戦_8

続く8回戦では、平たい展開から、たろうがリーチ。
2017RTD_準決勝7、8回戦_9
これに対し、オヤの勝又はイーシャンテンながら中を抜いていく。
2017RTD_準決勝7、8回戦_10
が2枚見えており、押すには苦しいとの判断だ。
しかし、回っているうちに先にを引いたのであれば話は変わる。
2017RTD_準決勝7、8回戦_11
攻勢に転じるのだが、勝又はここからではなくを切ってリーチといった。
が4枚見えているため、の薄さと、相反するの良さを見てのシャンポン受けである。
2017RTD_準決勝7、8回戦_12
すると、村上も追いかけリーチで3軒リーチとなるも、勝又が狙い通りのツモで4000オール。
2017RTD_準決勝7、8回戦_13
見事な攻守の切り替えでトップ目に立った。

しかし、ここから全員が決め手に欠き、3局連続流局で、溜まった供託はなんと7000点。
卓上には5000点棒が並ぶという世にも珍しい光景が広がった。
2017RTD_準決勝7、8回戦_14
放送対局史上、おそらく最も供託が溜まった1局は、村上が一発ツモの1000・2000で制し、「放送対局史上、(たぶん)1局で最も供託を獲得した選手」という珍称号を獲得。
2017RTD_準決勝7、8回戦_15

しかし、そんな珍事をもってしても突き崩すことができないのが、勝又の安定感。
南3局には、オヤでこんなテンパイを果たす。
2017RTD_準決勝7、8回戦_16
誰もがリーチの7700で決めにいく選択を思い浮かべたころ、勝又は全く別の角度からこの状況を見つめていた。
勝又「ダマテンでもこれをアガれれば2着は固く、トップ争いもできる」
勝又の選択はダマテン。
堅実に3900を取りにいきつつ、手牌に攻守の選択肢を残した。
2017RTD_準決勝7、8回戦_17
このように点数状況を最優先した思考であるため、両面にランクアップしても当然のようにダマテンを継続。
2017RTD_準決勝7、8回戦_18
すぐにをツモって2000オールとし、2着以下を引き離した。
この手牌を3900だけにして逃げ切れる感覚がすごい。
少しでも追いかけられる意識があれば、リーチという選択に傾きそうなものだ。
それをダマテンで逃げ切るから勝又は崩れないのである。

勝又とは対照的に、崩れてしまったのはたろう。
2017RTD_準決勝7、8回戦_19
なんとこんな手牌からをポンしていく。
役もほぼ消え、形も悪くなっている。
配牌から一向に手牌が動かず、そろそろ動いてけん制しながらテンパイ流局に持ち込まなければ・・・という思考だったのだが、対局後にたろうが語ったように「あのポンはないわあ( ̄▽ ̄;)」が正しい感覚だろう。
2017RTD_準決勝7、8回戦_20
無理仕掛けのたろうが村上に8000を打ち上げ、ラス転落となった。
2017RTD_準決勝7、8回戦_21

何やら珍しい出来事が多発した7、8回戦だったが、終わってみれば上位陣佐々木・勝又がトップでポイントを伸ばすという静かな結果。
徐々に縦長の展開となってきたところで、折り返しの9、10回戦に突入する。

 

■次回9/3(日)14:00から準決勝第3節をAbemaTV 麻雀チャンネルにて生放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/96AKQpgib8fPM1

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top