麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
天気予報の勝又と降雨装置のたろう! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 31-34回戦レポート

天気予報の勝又と降雨装置のたろう! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 31-34回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

5/14(月)、5/17(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 31-34回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回までの成績はこちら↓

▼▼▼31、33回戦:正統派・勝又の天気予報による傘売り▼▼▼

さて、そろそろ梅雨の時期に入ってくるころだ。

ではここで梅雨クイズ!

もしあなたが雨傘屋だったとしたら、どうやって傘を売るだろうか?

おそらく、多くの方が「雨が降りそうなところに売りにいけばいいんじゃない?」と思うのではないだろうか。

そう!それが正統派の考え方である。

雨傘屋・勝又の思考「経験則的、統計的にあの辺りに雨が降りそうだから、そこに傘を売りにいこう

勝又はアガれそうなところを探し当てる能力に長けており、その能力に従って着実にアガリを重ねていく。

超高性能の気象予報士といった印象である。

 

自分の目からが3枚見えた一見良く見えるを頼りに、1つ仕掛けたトイメンの達也に対し、を抱えてを先切りしておく手はある。

しかし、こういうとき、勝又は「が固められている」と疑っていることが多いように感じる。

つまり、勝又にとってはが「アガれないかもしれないところ」と見えているのではないか。

それを前提に、上家で2フーロの平賀に対して切りを先送りする意味もあり、ここでは切りで目一杯に受けると、その選択が活きるツモでリーチ。

アンカンの後にツモって4,000オールとした。

このトップで波に乗る勝又は、次戦でもとポンしてマンガンツモスタートでトップ目に立つ。

すると、トップ目を維持して南3局を迎え、早々に自風のをポンしてを引いた。

このままでもトイトイの5,200で追加点としては十分である。あとは、余剰牌に何を求めるかだ。

を切り、の重なりを求めて安全度の高い字牌を抱えながら打点も上げていく手順もあるが、勝又は打

河を見ればピンズの上が場に安く、ここでターツができればかなりアガリが取れそうだ。

すぐそこに、ピンズに雨が降ることがわかっているわけである。

すると、をポンした後に目論見通りを引くと、直前のを鳴いていないこともあり、和久津からすぐにが出て5,200。

同じ5,200だが、トイトイよりアガリやすい待ちで最速のアガリを決めた。

連勝を決めた勝又がトータル2位まで浮上し、佐々木の背中を視界に捉えている。

 

▼▼▼32回戦:破天荒・たろうの降雨装置による傘売り▼▼▼

余剰牌にアガリやすさを求める傾向が強いのが勝又なら、強烈に打点を求めるのがたろうだ。

雨傘屋・たろうの思考「もし豪雨を降らせることができれば、あの屋外イベント会場で高くたくさん傘が売れそうだ。ならば、そこに雨を降らせてしまえ

傘が高く売れる状況を自分で動いて作り出していく。それがたろうの考え方だ。

猿川の4,000オールで幕を開けた32回戦、たろうはなんとこんなところからをポンしていく。

すると、そのあとと続けてポン。

どんなテンパイかといえば・・・

テンパイしてないんかーい!

いくらなんでも、これはどうやって雨降らせるのだろうか。

これは・・・

たろうから1枚切れのが切られたのを見た和久津の立場に立って考えると、たろうはテンパイならほぼトイトイのシャンポンだ。

すると、シャンポンに当たらないは安牌で、生牌のが危険に見える。

したがって、を押さえていったんを1枚切っておこうという発想になるだろう。

このにたろうからロンがかかり、3,900もあるのだからゲリラ豪雨もいいところだ。

 

そして、この6,000オールで猿川を完全にまくると、南1局の第1打がちょっとすごい。

たろうは、ここからを打った。

ドラ引きが確定しないのであれば、トップ目であるこの状況でリーチ手順を踏みたくなく、それならうまくいったときのチャンタに照準を合わせようというわけだ。

ちなみに、勝又なら、場に安いソウズの上をで拾うことを視野に入れながら、辺りから打ち始め、ドラが先に引けたときのリーチか、ソウズのホンイツをメインに局消化を目指すのではないかと思う。

それが、私の思う勝又とたろうの違いである。

今局では、佐々木のリーチ宣言牌をチーしてイーシャンテンまでが精いっぱいだったが、第1打に破天荒な降雨屋・たろうを見た。

 

▼▼▼34回戦:逆転の猿川、本格始動▼▼▼

前回たろうにまくられた猿川が、今回も18,000で先制する。

すると、トップ目で迎えた南1局でを残してを打ち、ホンイツをボカしにかかる。

そして、2枚目のをポンしてテンパイを組むと、2着目の達也から直撃してトップ。

なんと、ペナルティ圏内を脱出する6位まで浮上した。

ちなみに、雨傘屋・猿川はというと、「うーん、なんか今日売れそうな気がしないから、かき氷売りにいこっかな」である。

売れそうな気がしないというところも感覚なら、傘にこだわらない戦略も自由な発想。

そんな独特の感覚が「逆転の猿川」を支えていると思われる。

ここまで来れば、目指すは上位進出だ。

 

※あくまで筆者のイメージです。

 

■次回は、5/21(月)21:00からWHITE DIVISION 35、36回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

 

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top