麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
人気が高い女流プロ雀士は誰?SNSでの発信力を元にランキング形式でご紹介

人気が高い女流プロ雀士は誰?SNSでの発信力を元にランキング形式でご紹介

BULL2021求人健康マージャン全国会

大人気のMリーグを筆頭に放送・配信対局を目にする機会がぐんと増えた昨今、麻雀はどんどん親しみやすさを増している。ファンとプロ雀士の距離感も近づいているなか、SNSは麻雀プロにとっても欠かせない存在となった。Twitterは早くから多くのプロが利用してきたが、最近ではInstagramやYouTubeを利用してアピールするケースも増えてきた。今回は麻雀プロの各SNSのフォロワー数を調査した。プロ雀士のSNS発信力をランキング形式でまとめてご紹介しよう。はたして発信力が高いプロ雀士は、どんな活動を行い、ファンに向けてどんな形で発信しているのだろうか。(※記事中のフォロワー数・チャンネル登録者数は2021年12月時点のものです)

【Twitter】プロ雀士には欠かせないツール

SNSの中でも、プロ雀士にとって特に欠かせないのがTwitterだ。自身の対局結果をリアルタイムで伝えることができるほか、対局や雀荘でのゲスト来店の予定を知らせる役割も果たしている。ツイートには写真や動画、イラストなどが織り交ぜられていることも多く、Instagramのような利用法をしている女流プロも。そのためか、SNSはTwitterだけという女流プロは、現在でも多い。ファンからのツイートにプロが返信することもあり、Twitterはプロとファンの架け橋としても有用なツールといえるだろう。

Twitterの利用法①対局結果を速報

最近では各プロ団体がタイトル戦やリーグ戦を配信することが増えたとはいえ、その試合全てを観戦している方はコアな麻雀ファンに限られるだろう。そんな中、リーグ戦や各種大会の対局を終えたばかりのプロ本人からのツイートは、ファンにとってはどこよりも信頼できる速報となる。リアルタイムに現場で撮影された写真が添えられていることも多く、大会の臨場感も感じることができる。

Twitterの利用法②スケジュールの告知

麻雀プロの仕事の一つに「来店ゲスト」がある。全国各地の麻雀店を訪れ、来店客と卓を囲んで交流を深める。店側にとっても、女流プロ来店は多くの集客を見込める看板イベント。麻雀店だけでなく、女流プロ本人もTwitterで積極的に告知を行っている。また、月末になると「来月の予定」を掲載するプロも多く、こちらを確認すれば対局予定やどの店を訪れるか、ひと目でチェックすることができる。

Twitterの使用法③ファンとの交流

女流プロのツイートには、ファンからコメントが寄せられることも多い。「質問箱」サービスを活用して、ファンからの疑問に答えている女流プロも少なくない。打ち筋についてやプロになった経緯など、様々な質問に回答しているプロもいる。

【Twitter編】女流プロ人気度ランキング - 「新人プロ」長澤茉里奈が断トツ

順位

氏名

フォロワー数

リンク

1位

長澤茉里奈

335,244

Twitter

2位

岡田紗佳

133,034

Twitter

3位

高宮まり

100,867

Twitter

4位

伊達朱里紗

98,832

Twitter

5位

中田花奈

92,200

Twitter

6位

椿彩奈

89,803

Twitter

7位

篠原冴美

86,270

Twitter

8位

二階堂亜樹

82,684

Twitter

9位

大亀あすか

76,890

Twitter

10位

東城りお

74,342

Twitter

11位

二階堂瑠美

73,667

Twitter

Twitterのフォロワー数トップは、「まりちゅう」こと長澤茉里奈(協会)。2位の岡田紗佳(連盟・サクラナイツ)を約20万人も引き離しての堂々のトップだ。上位の顔ぶれで共通しているのが、グラビアアイドルや声優など、プロ雀士以外の顔も持っていることである。麻雀とその他の活動の二足の草鞋を履くことは、多くの人にファンになってもらう上で非常に効果的だということが見て取れる結果となった。そんな中で、二階堂亜樹が8位、瑠美が11位。女流プロのパイオニアとして業界を引っ張ってきた姉妹の人気は衰えを知らない。また知名度という点では、Mリーガーが強いということも判明。それ以降も16位までは、Mリーグで活躍する女流プロがずらりと並んだ。もともとの人気と実力に加え、Mリーグでの注目度が、フォロワー数を押し上げていると予測される。

「2つの顔」を持つ女流プロが上位に

1位の長澤がプロテストに合格したのは2021年3月。プロとしてのキャリアは浅いが、それ以前から麻雀関連の仕事は行っており、「雀士まりちゅう」のイメージは浸透している。2位の岡田はMリーグ以外にも芸能人による対局番組にも数多く出演しており、知名度は抜群。6位の椿彩奈はまだ麻雀プロとしては駆け出しだがこれまでのタレント活動は大いに知られているところだ。

3位の高宮(連盟)と4位の伊達(連盟)は麻雀格闘倶楽部のチームメイト。高宮は雀士からグラビアという道を開き、声優でもある伊達はMリーグで快進撃。5位の中田(連盟)のアカウントは、乃木坂46卒業後に開設された。

【Instagram】今後の伸びしろは十分

女性タレントや有名人のSNSというと、まずInstagramを思い浮かべる方も多い。そのため、人気や発信力アップにはまずはInstagramという傾向もある。女流プロ雀士の場合は、Twitterに比べるとInstagramの優先度はまだまだ低く、アカウントを開設していないというプロも少なくない。しかし一方で投稿数を意識して増やしている女流プロも着実に増えている。

Instagramの利用法①日常を記録

麻雀が本職の女流プロの場合、日常を切り取った写真を投稿するケースが目立つ。プロ仲間との自撮りや、食べ物やコスメなどの写真が多く、家庭内での楽しい一コマを投稿するプロも。

Instagramの利用法②グラビア

一方で「芸能人雀士」の場合は、投稿されている写真も完全にプロ仕様だ。特に仕事で写真に慣れているグラビアアイドルのInstagramのクオリティは高い。写真集の一コマのようなものから、グラビア撮影時のオフショットまで、雀士だけでなくグラドルとしての魅力も満載。フォロワー数がけた違いなことも納得である。

【Instagram編】女流プロ人気度ランキング - 芸能人プロが上位独占

順位

氏名

フォロワー数

リンク

1位

長澤茉里奈

934,158

Instagram

2位

中田花奈

260,907

Instagram

3位

篠原冴美

233,669

Instagram

4位

岡田紗佳

163,532

Instagram

5位

山本ひかる

29,058

Instagram

6位

高宮まり

26,456

Instagram

7位

丸山奏子

24,078

Instagram

8位

東城りお

22,898

Instagram

9位

都美

13,990

Instagram

10位

二階堂瑠美

13,140

Instagram

Instagramのランキングでは「芸能人プロ」が圧倒した。Twitterに続いてトップの長澤のフォロワー数はなんと100万人に迫る勢い。Twitterでは3位の高宮が順位を下げ、代わりに中田や篠原冴美(協会)が浮上、フォロワー数はともに20万人を超えている。5位の山本ひかる(RMU)、9位の都美(協会)も含め、華やかな顔ぶれとなった。

グラビア勢の本領発揮

1位・長澤、3位・篠原、4位・岡田らに代表されるグラビア、モデル勢が本領を発揮。Instagramでも充実した写真でファンに楽しんでもらおうという高いプロ意識が感じられる。2位・中田は、乃木坂46時代に発売された写真集のために開設されたアカウントを引き継いで利用している。5位には人気ドラマ「科捜研の女」にも出演する山本ひかるが、RMU勢で唯一のランクインを果たした。

【YouTube】Mリーグ発足以降に本格化

コロナ禍によって「非接触」が求められるようになり、イエナカ需要が高まったこともあって、YouTubeに参入した有名人が急増した。麻雀界も例外ではなく、各団体はYouTubeを中心にした配信コンテンツをさらに強化していて、個人のYouTubeチャンネルを立ち上げるプロ雀士も増えた。しかし、一人でも発信できるTwitterやInstagramとは違い、YouTubeの場合は動画撮影や編集にコストが必要となることも多い。そのため、個人でチャンネルを開設できるプロ雀士は限られるが、麻雀メディアが運営するYouTubeチャンネルに数多くの雀士が登場している。再生回数を大きく伸ばしている人気企画もあり、そのような企画が麻雀プロを知るきっかけにもなっているようだ。

YouTubeの利用法①トーク

麻雀の対局動画はYouTubeでも数多く見られるようになった。麻雀プロの対局時の様子は知っていても、日常やプライベートでの素顔について知る方法は意外と少ない。女流プロのYouTubeチャンネルでは、女流プロが集まってトークを繰り広げる配信も行われている。対局番組では聞けない話題を楽しみにしているファンも多い。

YouTubeの利用法②同時配信

Mリーグの中継動画を見ながら、自分なりの解説を加えていく「同時配信」を行っているチャンネルも多い。特に盛り上がるのはドラフトの同時配信で、多くのプロ雀士が緊張のドラフト指名を見守った。2021シーズンのドラフトでは、二階堂姉妹のチャンネルでも同時配信を行っていた。すると、風林火山が姉の瑠美プロを指名するというビッグサプライズが。自宅療養中だった瑠美プロは、リモートで抱負を語り、コメント欄も大盛り上がりの配信となった。

【YouTube編】女流プロ人気度ランキング10 - 他ジャンルに比べると登録者数はまだまだ

順位

氏名

登録者数

リンク

1位

長澤茉里奈

83,400

YouTube

2位

二階堂亜樹

62,000

YouTube

3位

二階堂瑠美

62,000

YouTube

4位

茅森早香

25,900

YouTube

5位

伊達朱里紗

21,300

YouTube

6位

黒沢咲

18,400

YouTube

7位

魚谷侑未

14,300

YouTube

8位

東城りお

14,300

YouTube

9位

宮内こずえ

13,000

YouTube

YouTubeのチャンネル登録者数でもトップに輝いたのは長澤で、三冠達成となった。ただし、登録者数はTwitterやInstagramほど多くはない。Mリーグ発足以降にチャンネルを開設したプロが多く、登録者数が1万人を超えるチャンネルは数えるほどしかないが、まだまだ伸びしろ十分と捉えることもできる。

複数プロが共同でチャンネル運営

1人のプロが一定のペースで配信を続けるのが難しいということもあり、複数人でチャンネルを立ち上げているケースも目立つ。2・3位の二階堂姉妹は「るみあきchanねる」、7・8位の魚谷・東城の2人は共同で「りおみんチャンネル」を運営している。4位の茅森早香(最高位戦・フェニックス)の「さやチャンネル」でも、最高位戦の浅見真紀や根本佳織が茅森を支えている。

【総合フォロワー】女流プロ人気度ランキング10

順位 氏名 フォロワー数 URL
1位 長澤茉里奈 1,352,802 こちら
2位 中田花奈 353,107 こちら
3位 篠原冴美 319,939 こちら
4位 岡田紗佳 296,566 こちら
5位 二階堂瑠美 148,807 こちら
6位 二階堂亜樹 144,684 こちら
7位 高宮まり 127,323 こちら
8位 伊達朱里紗 120,132 こちら
9位 東城りお 111,540 こちら
10位 椿彩奈 108,384 こちら

芸能人とMリーガーは強かった

Twitter、Instagram、YouTubeの3部門すべてでトップに立ったのは、グラビアアイドルの長澤プロ。2位の中田プロ、3位の篠原プロ、4位の岡田プロと「芸能人兼プロ雀士」が続き、芸能人の発信力の大きさを見せつける形となった。まだプロ入会直後だが、10位の椿彩奈の今後の麻雀プロとしての活躍も期待される。また、4~9位のプロはすべてMリーガー。Mリーグの影響力の大きさをあらためて示す結果ともなった。女流プロのSNSでの発信は、今後も麻雀ファン層の拡大に大きく貢献してくれるだろう。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top