麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
多井の一番嫌な倍満!迷いが消えた内川の鋭い判断! RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 39-42回戦レポート

多井の一番嫌な倍満!迷いが消えた内川の鋭い判断! RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 39-42回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

6/18(月)および6/21(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 39-42回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

BLACK39回戦:迷いが消えた内川の鋭い判断

長らく最下位に低迷していた内川が復調してきている。

それとともに、打牌に迷いがなくなっているように思う。

東2局、何の変哲もない当然の4,000オールなのだが、低迷している際にはこういった当然のカンチャンリーチにも若干の迷いが生じていたように見えた。

飄々としている内川だが、成績の低迷とともに、選択に自信が持てなくなっていたのではないだろうか。

その迷いが、ここ数節で晴れたように見えるのだ。

 

オーラス、トップ目をキープしていた内川に対し、小林がオヤで2フーロ。

そして、次巡にテンパイを果たした。

全て手出しという面白い捨て牌だ。

これに対する内川。

脇の2人がアガる公算が高いこともあり、打点がわからない小林に対してオリていた内川からアンパイが消えた。

ドラがということを考えると、安目になりやすいトイツの辺りで2巡凌ぐプランを採る打ち手が多いだろうか。

一方の内川は、なんと無スジのを打っていった。

これはいかに。

内川「仮に配牌でソウズがだった場合、第1打というのはあまりないかなと。少しイッツーが見えるので」

面白い。

確かにから第1打よりは、からが打たれる方が少なさそうである。

特筆すべきは、このを迷いなく打ち抜いている点だ。

結果、小林の1,000オールとなり、内川は放銃回避で凌ぐ。

すると、この後小林にいったんまくられるが、再逆転のアガリを決めてトップ。

持ち前の鋭さが戻ってきた内川が、ようやく内川らしいトップを決め始めた。

 

BLACK40回戦:苦しすぎる多井の本当に嫌な倍満ツモ

東2局、小林のオヤが始まると、控室で観戦していた瀬戸熊が冗談交じりにつぶやく。

瀬戸熊「普通、1回アガリ逃すとけっこうアガれないじゃないですか?小林さんだけアガリが5通りぐらいあるんですよね(笑)」

5通りは言いすぎだが、本当に3通りぐらいあるよ、この人(笑)

この7,700で4万点台のトップ目となる。

逃げ足日本一の小林が、まさかこの点数から転落することになろうとは、このときは思ってもみなかった。

まず松本に並ばれると、次いで萩原からも反撃。

前巡の打で先制リーチをかけず、多井のリーチを受けてしまった局面。

ここから1枚切れで絶好の単騎に受けると、一発でツモってマンガンを決めた。

解説に来ていた鈴木たろう、プロデューサーで元最高位の張、そして私の声が重なる。

「おれ、単騎でリーチしてそうだからアガれてないわ」

待ちの良さに対する要求水準の高い萩原らしい選択で見事なアガリを拾うと、オヤ番での4,000オールで一気にトップ目まで駆け上がった。

 

そして、オーラスに事件が起きる。

まずは、松本がをポンしてテンパイを組む。

松本「(萩原からドラが出ない前提で)ドラツモ以外アガる気がなかったですね」

トータルを考えても、ここは無理にトップを狙いにいく局面と位置づけた。

点数状況的に、小林・松本の2着争い、松本・萩原のトップ争いだけに注目が集まったが、意外にもこの局の主役は多井。

を切ると、なんとチンイツリャンペーコーの倍満テンパイである。

ダマテンにすればどうアガっても3着に浮上する。

しかし、もしリーチしてツモるとトップまで逆転できる大物手だ。

多井の選択は打でのダマテン。

多井「はヤマにいても1枚だろうと思ってて、1枚止められたら終わるから、あれはリーチできない。ダマテンにすれば、今ならみんな切りそうだし。倍満16,000+順位点20,000で、役満みたいなもんだからね」

実際に、この後小林もソウズを打っているし、松本もおそらく打っただろう。

逆に、松本は言う。

松本「多井さんからリーチがきたら、ソウズだけは止めそうですね」

そう考えると、多井の判断は状況に合っているように思う。

しかし、対局後に意見は割れた。

多井・小林・和久津はダマテンにすると言い、萩原・たろう・瀬戸熊・白鳥はリーチすると言う。

リーチした場合、成功時の見返りが大きすぎるのが魅力的で、3倍満24,000+順位点80,000=104,000点。

つまりはトリプル役満以上の価値があるわけである。

そう考えると、リーチも悪い選択ではないが、これまでかなり意識してラスを回避してきた多井の麻雀を線で捉えると、ダマテンが自然に見えた。

しかし、結果はツモアガリ。

3着には浮上したのだが、結果的にリーチすればトップだった微妙なアガリに、多井もこの表情。

倍満を「放銃」した者の顔にしか見えない。

多井「ぼくがリーチしてると、動きとかが入って違う結果になってたかもしれないけど、AbemaTVで一番嫌な倍満だった」

トップは萩原。

萩原「(最後のオヤ番でポイントを叩きたかった気持ちはもちろんあるけど、)多井さんを信頼してるからやめたよ」

と、冷静にオリてトップを堅守した。

 

BLACK41回戦:追い込まれた村上の焦り

4,000オールで先制した小林が、1本場でドラのにチーテンをかける。

を村上にアンカンされているため、アガリ牌はしかなく、12,000のテンパイだ。

これに対してをアンカンしている村上。

無スジのを引いてどうするか。

は現物、も通りそうではあるため、守備的にいくならを外すことになりそうだ。

ワンチャンスのをツモ切りする選択ももちろんあるが、それはも打ち出すことを視野に入れたものであるため、リスクが高い攻撃的な選択である。

いったん回って反撃するタイプの村上は辺りを切っていくイメージだったが、ここで選択したのは打

これには違和感があった。

そして、テンパイを果たすと、切りリーチを宣言し、小林に12,000放銃。

結局村上はここからさらに転げ落ち、痛恨のハコラスを食ってしまう。

村上のこの選択には、低迷期が続いていることによる焦りのようなものを感じた。

ちょうど、低迷期の内川に生じた迷いのようなものだ。

それを示すかのように、控室に戻った村上が最初に発したのは「打っちゃダメかなあ」である。

そう、仮にイーシャンテン時にを打っても、テンパイ時にを切ることもできたわけで、やはりバランスを崩しているように感じざるを得なかった。

 

BLACK42回戦:オーラス、ノーテン罰符を争うシビアな攻防

最終戦では瀬戸熊が面白い選択。

が悪くなさそうであるため、を打ちそうなところだが、瀬戸熊の選択は打

これは、678の三色にする前提で、カン以外にメンツを作る場合、シャンポンを残した方が変化に富むという柔軟な選択である。

であれば、仮にシャンポンテンパイになった場合、その選択と相性がいいのはダマテンだ。

しかし・・・

瀬戸熊の選択はなんとシャンポンリーチ。これをツモって4,000オールとした。

瀬戸熊「これは決めてましたね。周りの動きを止めるためにリーチしました」

「シャンポン受けを残して」「即リーチ」というなかなかに独特な組み合わせで、瀬戸熊がトップを決めた。

 

一方、オーラスを迎えて2着争いは熾烈だ。

現在2着目の多井は、この形からをチーしなかった。

チー打だと234三色が透け、自身でを切っているためにピンズ受けよりマンズの234がケアされることを避けたか。

しかし、この後テンパイせず、萩原からリーチが入ってしまう。

他家からは萩原に対してきつい牌に見えるノーチャンスのを打ち、テンパイを演出して白鳥をテンパイに持ち込ませない戦略を採るのだが・・・

白鳥「多井さんのはきついけど、ぐらいじゃまだテンパイじゃないこともあると思ったから、その後に引いた無スジのも押しました」

結果、多井ノーテン・白鳥テンパイで流局し、白鳥が多井をまくって価値ある2着。

逆に多井は痛い3着落ちとなった。

戻ってくるなり、多井が口を開く。

多井「オーラス、チーするの?」

村上「ぼくはするけど(しないのも全然あるよね)」

多井「マジかあ。チーしとけばよかったかなあ」

あの多井ですら、不遇の展開が続けばふらつく。それが麻雀の奥深さでもある。

ペナルティ圏内の7位8位も、準決勝進出者も、まだ全くわからないまま残り2節に突入する。

 

■次回6/25(月)21:00からWHITE DIVISION 43-44回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top