麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
小林がトップで500ポイント超に 瀬戸熊もトップで3位をキープ/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 41/42回戦

小林がトップで500ポイント超に 瀬戸熊もトップで3位をキープ/RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 41/42回戦

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION41・42回戦が6月21日に放送され、41回戦は小林がトップでトータル500ポイント超に。42回戦は瀬戸熊がトップで準決勝争いでやや抜け出した。

 41回戦は1位の小林、6位の内川、7位の村上、8位の松本の対戦。東1局に小林が4000オール、村上からの12300と2局連続で親の満貫の手をあがり大きくリード。村上が大きく沈む展開となり、松本と内川の2着争い。南4局1本場は松本が純チャン・三色・ドラの2着浮上となる聴牌をいれるも内川と二人聴牌で流局。そして最終局は4軒リーチという熾烈な争いとなったがトップ目の小林のあがりとなり、内川は2着キープとなった。村上は再びトータル最下位に沈み、残り6戦を苦しい状況で迎えることとなった。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 41回戦
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 78.7
2 内川幸太郎 9.9
3 松本吉弘 ▲14.2
4 村上淳 ▲74.4

  42回戦は2位の白鳥、3位の瀬戸熊、4位の萩原、5位の多井の対戦。打点の小さいあがりが続いたが、東4局1本場で、親番の瀬戸熊がタンヤオ、三色確定の待ちの聴牌を即リーチ。これをツモあがり4000は4100オールのあがりに。このあとは他者の本手があがりに結びつかず、瀬戸熊がリードを維持したままオーラスに突入。最終局は4着目の萩原がタンヤオ・平和のリーチを打つも、白鳥と二人聴牌で流局。聴牌料で白鳥が二着浮上し、多井が3着、萩原が4着となった。準決勝争いはより熾烈な状況となっている。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 42回戦
順位 選手名 ポイント
1 瀬戸熊直樹 56.0
2 白鳥翔 3.7
3 多井隆晴 ▲18.8
4 萩原聖人 ▲40.9
RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION TOTAL 42/54
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 522.4
2 白鳥翔 189.5
3 瀬戸熊直樹 60.3
4 萩原聖人 ▲51.2
5 多井隆晴 ▲94.0
6 内川幸太郎 ▲137.8
7 松本吉弘 ▲237.1
8 村上淳 ▲252.1

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top