麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
世界麻雀大会(WSOM)のルール考察(9) メンゼンはツモでもロンでもOK!

世界麻雀大会(WSOM)のルール考察(9) メンゼンはツモでもロンでもOK!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

メンゼンはツモでもロンでもOK!

 日本麻雀では「メンゼンツモ」という役があり、チー、ポン、カンをしない状態でツモった時に役が付きますよね。

 WSOMでは、アガった時にメンゼンであれば点数が付きます。つまり「メンゼンロン」でも役になります

 ミンカンはダメですが、アンカンでしたらメンゼンとなります。

  ロン

 これは「メンゼン・タンヤオ・ピンフ」です。

 

 後日紹介しますが、WSOMルールでは「喰い下がり」がありません

 例えば鳴き三色や鳴きチャンタが、メンゼンでも鳴いても点数が変わりません。

 WSOMルールの強い役は鳴いた方が早いので、日本麻雀に比べてメンゼンで手を進めることが少ないでしょう。

 簡単に書くと、鳴きチャンタ・鳴き三色・鳴きイッツーの方が、メンタンピンより2倍以上点数が高いです。

 

世界麻雀大会(WSOM)のルール考察目次

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top