麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
雀荘が知っておくべき労働問題 第66回 「大型連休が明けて……」

雀荘が知っておくべき労働問題 第66回 「大型連休が明けて……」

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 今年のゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたでしょうか。残念ながら、今年も思うように外出や旅行・帰省などすることができなかった方が多かったのではないかと思います。

 4月からは新しく採用した、以前からいる従業員でも、環境が大きく変わった(職場での立場・責任や、職場だけではなく家庭での引っ越し、お子様の進学、転校など)という方も多いと思います。

 毎年ですが、ゴールデンウィークを過ぎた後から注意が必要なのがいわゆる「五月病」です。新入社員、春の人事異動、転校など、変化を伴った新たな環境におかれた人が、4月は気力も張って乗り切れるのですが、その新たな環境へうまく馴染むことができず、

・だるさを感じる

・気力が湧かない

・不安を感じる

など、心身に不調があらわれてくることをいいます。

  しかも、今年はコロナによる心理的負担もかなり大きく影響すると思います。

 「適応障害」とか「抑うつ状態」などと大きく関連があると言われており、この時期になると毎年多くの人がこのような状態に陥ってしまうケースが多いため、「五月病」とも言われたりしますが、五月に限ったことではありません。   

 以前もご案内しましたが、メンタルヘルスのサポートとして、厚労省が「こころの耳」というサイトを作っています。

 近年はメンタル不調に陥ってしまう方も多いことや、現在であればコロナの影響も大きく受けてしまう方もいるため、サイトのコンテンツを充実させています。働く方(従業員)だけでなく、事業主、部下を持つ方、メンタル不調に陥っている方のご家族なども参考にできるようになっています。

 相談ダイヤルもありますので、自身だけでなく、周りの方に対しても、少しでも不安なことや気にあることがあったら是非ご覧いただくことをおすすめいたします(相談することは決して恥ずかしいことではありません!)。

 (厚労省:こころの耳)こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト (mhlw.go.jp)

本記事に関するご紹介

渡辺英行社会保険労務士事務所

住所:神奈川県相模原市南区相模大野7-35-1-1-2206

TEL&FAX:042-812-3741
移動オフィス:090-8892-8185
HP:http://hideyuki-watanabe-srs.com/

いつでもお気軽にご相談ください。相談料は無料です。

この記事のライター

渡辺 英行
渡辺英行社会保険労務士事務所代表。
都内の大手社会保険労務士事務所で経験を積み、2014年に個人事務所を設立。

「”人の悩み”を少しでも解決したい!そんな思いで日々奮闘しています。お気軽にご相談ください!」

新着記事

Return Top