麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
石橋伸洋が役満「小四喜」を決めるなど連勝、大きなリードを確保/ RTDトーナメント2019 グループD 1,2回戦 結果

石橋伸洋が役満「小四喜」を決めるなど連勝、大きなリードを確保/ RTDトーナメント2019 グループD 1,2回戦 結果

CABO求人全自動麻雀卓スリム

『藤田晋 invitational RTDトーナメント2019』のグループDの1回戦、2回戦が6月23日(日)に放送された。

対局メンバー

石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)
石橋伸洋白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)
白鳥翔瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)
瀬戸熊直樹仲田加南(日本プロ麻雀連盟)(初出場)
仲田加南

©AbemaTV

1回戦

小場で進んで迎えた東3局に突如事件は起きた。南家の石橋が親の白鳥のをポン、その時はまだこの手牌だった。

東3局 石橋の配牌 ©AbemaTV

しかしその直後にをポンして打、そしてその次巡、を引き無駄ヅモなしで小四喜の聴牌に辿り着いた。この時点で3枚残り。

東3局 4巡目の石橋の小四喜聴牌 ©AbemaTV

そして親の白鳥が待ちの聴牌が入りリーチ。役満とのめくりあいとなった。

東3局 石橋の小四喜 ©AbemaTV

この勝負を制したのは石橋。あまりにも大きな8000・16000のアガりを決めた。

その後は石橋以外の3者の2着争いに。2着争いは南2局で3本場まで連荘した仲田が制した。石橋は大きなリードを維持したまま半荘を終えた。

1回戦の結果 ©AbemaTV

2回戦

1回戦で4着となった白鳥が東1局、東2局に1300をアガり場を進めたが、東4局に石橋が仲田から5200のアガリでトップに浮上して南入。

東4局1本場 石橋の5200 ©AbemaTV

その後も接戦が続き誰も3万点をこえないまま終盤を迎えたが、南2局に親の石橋が思い切ったドラ切りのシャンポンリーチ、これに平和の聴牌を入れていた仲田が飛び込み7700のアガリを決めてリードを広げた。

南2局1本場 石橋の7700 ©AbemaTV

南3局2本場で瀬戸熊が白鳥から3900をアガり石橋まで700点差まで差を詰めるが最終局は白鳥が瀬戸熊から1000点をアガり石橋が連勝を決めた。白鳥はトータル2位を目指すため、石橋からはアガらない予定だったと語った。

2回戦の結果 ©AbemaTV
グループD 2回戦終了時点の結果 ©AbemaTV

来週6月30日は最強戦の放送の為休止。再来週の7月7日にグループDの3、4回戦が放送される。

■最新情報はAbema麻雀公式Twitter(@abema_mahjong)で随時ご確認ください

©AbemaTV

関連記事

RTDトーナメントサバイバルマッチ結果

RTDトーナメントグループA結果

RTDトーナメントグループB結果

RTDトーナメントグループC結果

RTDトーナメント本戦組み合わせ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top