麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
「逆転の西嶋」の支えとなった母としての強さ 西嶋千春プロの魅力

「逆転の西嶋」の支えとなった母としての強さ 西嶋千春プロの魅力

BULL2021求人ニルウッドカバー

逆転の西嶋。美辞麗句が一切ないキャッチフレーズだが、それが西嶋千春プロの強さを一層際立たせている。ジャンルこそ違うが「逆転のPL」のように、真の強者にしか与えられないフレーズだ。結婚・出産を経て、最前線に復帰後、更にすごみを増した西嶋の強さは、子を守り家庭を支える母としての強さにもつながる。本記事では、女流プロとなり、逆転の西嶋となった道のりについても探っていきたい。

目次

西嶋千春の基本情報・プロフィールデータ

名前 西嶋千春(にしじまちはる)
異名 逆転の西嶋
生年月日 2月1日
出身地 埼玉県
血液型 A型
趣味・特技 猫、マンガ、お酒
本人公式SNS Twitter
所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
プロ入会年 2009年
主なタイトル 第17・18・19期女流最高位

趣味の一つに「お酒」を挙げている西嶋。都内のスタジオで行われる対局では、1日に4~5半荘打つことも多いため、帰路につくのが遅くなりがちである。西嶋にとって、そんな時の楽しみが小田急電鉄の特急ロマンスカーに乗って一杯やること。車窓を満喫できる最前列に座れたともなると、極上の一杯となることだろう。

経歴

2009年:最高位戦日本プロ麻雀協会第34期前期生としてデビュー
2017年:第17期女流最高位を獲得、第19期まで3連覇

麻雀との出会い・きっかけ

西嶋が麻雀を始めたきっかけは、多くの女流プロと同じで「雀荘でアルバイトをしたこと」なのだが、そこにいたる理由が特殊だ。というのも、大学卒業の時点で就職先が決まっておらず、生活費を稼ぐために働き始めたという。バイト先を銀玉親方こと山崎一夫さんが経営する雀荘にしたのは、山崎さんと親交の深い漫画家・西原理恵子さんのイラストが飾ってあるなど、女性でも入りやすい店だったから。週5、週6で働くうちに、バイトを続けるよりもプロ試験を受けた方がいいと思い、最高位戦日本プロ麻雀協会へと進んだ。

西嶋千春の打ち方や雀風

もともと守備には定評がある西嶋だったが、出産を機に麻雀のスタイルも変わりつつあるという。踏み込む勇気が身に付いたというのが理由だそうだが、8戦してトップ5回と強さを見せつけた第19期女流最高位決定戦の試合運びを見れば、攻撃姿勢を貫いているのは明らか。従来なら、安手の場合は打ち回しながら手役を模索するところを、手順通りにきっちりリーチを入れて相手が降りるように仕向けるなど、攻守のメリハリがはっきりした戦法に変わっている。

西嶋千春の対局時の様子

第17期女流最高位決定戦 2017/10.1

【9/19(土)12:00】第20期女流最高位決定戦・1日目

「逆転の西嶋」が誕生したこの対局。トップを走る大澤ふみなプロに2着順差をつければ、西嶋が逆転という最終戦。大澤が3着目、西嶋ががラス目で迎えた最終局。裏ドラ期待のリーチをかけたくない西嶋はタンピン三色を目指すが、中盤に親からリーチが入る。流局すれば次局があるという状況に変わり、ツモ狙いのリーチに踏み切る。そして、西嶋は一発でツモ。3000・6000のアガリで一気にトップに浮上して劇的な逆転優勝を決めた。

西嶋千春がオーラス大逆転で初戴冠!/第17期女流最高位決定戦

第19期女流最高位決定戦 2019/10.5

【9/19(土)12:00】第20期女流最高位決定戦・1日目

初日を終えてトップの西嶋を、永世女流最高位の根本佳織プロが追う展開で迎えた5回戦。東3局ではドラが2枚の好配牌から、西嶋が最速でリーチして一発でツモ。3連覇を引き寄せる大きな4000オールとなった。守りに入らず攻め続けた西嶋は、リードして迎えたオーラスも、親の現物も持たずにアガリを目指す姿勢を崩さなかった。結果、1本場で相川まりえプロがアガって終了したが、「逆転の西嶋」が盤石の逃げ切りを見せた。

8戦中5トップ!西嶋千春が圧巻の3連覇達成!/第19期女流最高位決定戦

麻雀ウォッチPrincess of the year2021 一次予選A組 2021/6.20

栄冠のティアラは誰の頭上に輝く!? 「麻雀ウォッチPrincess of the year2021」開幕!出場者、スケジュール一覧

過去2回は予選落ちと相性の悪い大会で、かなりの意気込みで臨んだ西嶋は初戦から配信卓に登場。2着目で迎えた南2局、4巡目で先制リーチした西嶋だが、注目すべきはその打牌スピード。ツモ切りかと思うような速さでリーチをかけ、相手にプレッシャーを与える。そして、これをあっさりツモってトップ目に立った後は、きっちり逃げ切った。西嶋の迷いのない打牌が光ったが、同卓者も小気味よく打ち、視聴者にとっては見ていて気持ちのよい対局となった。

栄冠のティアラは誰の頭上に輝く!? 「麻雀ウォッチPrincess of the year2021」開幕!出場者、スケジュール一覧

SNSでの評価・評判

西嶋のTwitterには、対局への意気込みなど熱いものも多く、それに対して温かい声援を送っているファンも多い。

地道な努力を重ねて、麻雀でも私生活でも「春」を迎えたという西嶋。読むと心が温かくなるようなツイートである。

第6回女流モンドチャレンジマッチでは、1回戦トップの西嶋がまさかの逆転負けを喫した。この舞台でリベンジする日はいつ訪れるか。

各団体から「西嶋さん」「ゆかりさん」が集まったレアな対局。放送席が大変そうなのは想像できるが、実際の放送をはどうなったのだろうか。

西嶋千春のニュース・こぼれ話

4年ぶりのリーグ戦出場

女流最高位決定戦はリーグ戦・プレーオフを勝ち上がった3人が、前年の女流最高位に挑戦するシステム。ということは、女流最高位を3連覇していた西嶋にとっては、なんと4年ぶりのリーグ戦出場となる。前女流最高位として負けられない気持ちで臨む西嶋だが、まずは決定戦進出を狙う。果たして、返り咲きのチャンスをつかむことはできるのか?

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top