麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
もっと食うための現代大食技術論 第3回

もっと食うための現代大食技術論 第3回

CABO求人ニルウッドカバー

 前回の予告通り、ギガ盛りに挑むことにしましたが、総重量4kg超を60分以内に完食というのは完全に未体験の領域。何も考えずに挑んでも敗北濃厚ということで、とりあえず地元のお店で練習を積んでから挑もうと考えておりました。

 そんな中、関東在住のデカ盛り仲間であるナツメグ氏が九州に遊びに来るとのことで、練習がてら博多にあるお店のデカ盛りメニューをいただくことにしました。こちらのお店は既に何度も訪問しているので、そのうち記事にしようと思っております。ちなみに、御同行下さったナツメグ氏のブログはこちらです。

デカ盛りとご当地グルメ食べ歩きブログ

 とにかく面白ネタの宝庫なので、大食い、デカ盛りにさほど興味がない方でも是非とも一度ご覧下さい。

 ところがお店に予約の電話を入れると留守電になっています。念のためお店まで行ってみるとシャッターが閉まっていました。お店を色々回っていると臨時休業の憂き目に遭うのはよくあること。それが遠征中となるとショックも大きいものです。他のお店ではなかなか代替が効きませんからね(笑)

 そんなわけで新たなプランを考えることにします。一番考えられるのは、同じ福岡市内の有名デカ盛り店に行くこと。何軒も候補には上がりますが、どうも今はそんな気分ではない。単にたくさん食べるだけではなく、ブログに掲載するネタとして面白いものをというのが我々のポリシーだったりします。以前も申しましたが、ただたくさん食べるだけなら食べ放題のお店でいいわけですからね。ああでもないこうでもないと案を巡らす中、我々のとった行動とは…。

 …福岡市内のお店に向かう予定が、気付けば熊本行きの新幹線に乗っていました。どうしてこうなった、どうしてこうなった(笑)

 熊本駅に着いた頃は既に15時を過ぎていたのですっかりお腹もペコペコ。構内には美味しそうなお店がいくつも並んでいますが今は我慢我慢。熊本駅から電車で有佐駅まで乗り継ぎ、そこからタクシーでお店まで向かいます。

image001

 はい、また来てしまいました。練習はどうしたと突っ込まれそうですが、練習は本番のように、本番は練習のようにという言葉もあります(違)。ブログネタとして面白いものということで両者が意気投合した結果です(笑)

 3度目ということでお店の方にもすっかり顔を覚えられてしまいました。いよいよ豚キムチ丼ギガ盛りに挑みます。果たしてどんなものが出てくるのでしょうか。

 

image003-min

 

!?

 

image005-min

 なんじゃこりゃああ、という言葉も出ない圧倒的な巨大な丼。こんな丼一体何に使うのかと聞いたところ、完全にギガ盛り専用の丼だそうです。ギガ盛りが注文されたのは今回が初めて、つまり今まで一度も使われることのなかった丼であります。

image007-min

 味噌汁のお椀がミニチュアサイズなのではありません(笑)メガ盛りの2倍になりますが、生卵の数は2倍にならないようです。どうでもいい話かと思われますが、むしろ生卵の数は2倍になっていた方が食べやすいので少し残念です(笑)

image009-min

 並盛りとの比較…ではありません。メガ盛りとの比較です。しかしこれではメガ盛りが単なる並盛りに見えてしまう(笑)

 本当に凄まじいものを頼んでしまったものですが、ここまで来たら後は完食目指して食べ進めるよりありません。あまりの衝撃で撮影時間がだいぶ伸びましたが、いよいよチャレンジ開始です。

 前回のソースカツ丼はカツの咀嚼で顎が疲れましたが、今回はご飯に馴染みやすい豚キムチだけあって序盤は順調に量を減らしていけます。同行者からも、これはいけるのではという声も上がります。しかし今回は制限時間付き、量だけなら同程度のものを食べた経験もありますが、勢いがどこまで持つでしょうか。

 ナツメグ氏は持ち前の実力を発揮して20分でメガ盛りを完食。チャレンジ成功となりました。本人は楽勝のつもりだったけど、豚キムチが以外と食べやすくなく手間取ってしまったとのこと。

 そう、食べやすそうにみえて、流動性は高くないのでカレーとかに比べるとそれほどスピードが出るわけではないのが豚キムチという食材。事実、私は20分経過時点で、既に白菜の咀嚼に手間取るようになっていました。カツのように固くはなく、胃袋の容量もまだ残っているはずなのに、なかなか喉を通らないものです。

 半分を過ぎたところで残り1/3というところ。同じ味のものを食べ続けないといけないという辛さを改めて感じさせられます。マヨネーズでの味変も試みましたが、単純に量が量だけにあまり効果は望めません。

  残り15分で残り1/4程度、さっきからほとんど減らない。ゴールが見えてくれば力を振り絞って追い込みもかけられるというものですが、まだ終わりが見えません。どうやら大勢は決したようです。 

image011-min

 タイムアップ。結局約3.2kgを食べてリタイアとなりました。時間関係なく完食まで粘る手もありましたが、今後の予定もあるので無理はできないと判断してお店を後にします。

 チャレンジ失敗につき6600円のお支払い。期待に応えられず申し訳ありません…お店側にしては成功されたらまたタダ飯になってしまうので、期待通りなのかもしれませんが(笑)

 今後もう少し健闘できるよう研鑽を積んで参りたいと思います。御馳走様でした。

 

【店舗情報】
お食事処三南
TEL:0965-62-3560
住所:熊本県八代郡氷川町早尾683
営業時間:7:00-22:00
定休日:年中無休
食べログ:http://tabelog.com/kumamoto/A4304/A430401/43007034

 

 【熊本県の雀荘情報】
リーチ麻雀 さかえ 熊本店
麻雀 RIO(リオ) 熊本店
まーじゃんくらぶ てんほー
麻雀バンク

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top