麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
もっと食うための現代大食技術論 第62回

もっと食うための現代大食技術論 第62回

CABO求人全自動麻雀卓スリム

前回、大野城イオンモールに「春日食堂」の2号店がオープンした話をしましたが、実はその向かい側に、「ジャンボたらいうどん」で有名な「能古うどん」があります。(画像は博多駅構内の博多デイトス店) 名前だけは聞いていましたが一度も食べたことがなかったのでこの機会にいただくことにしました。

つゆ入れと比較するとまさにジャンボサイズですが、麺は4玉程度。有料で麺を追加することも可能なので、機会があればたらいにびっしり麺が詰まったやつもいただきたいですね(笑) 福岡のうどんと言えばコシが無くて柔らかいものが多いですが、こちらはコシがあって身が締まった細うどん。最近は柔うどんも結構好きだったりしますが、冷やしうどんならやっぱりコシのあるやつがいいですね。

夜の時間帯からは博多名物「もつ鍋」が加わります。しかも〆のうどん食べ放題。食べ放題という文字に釣られて早速再訪(笑) もつ鍋の味は味噌+明太子にしました。

〆のうどんは1玉か2玉ずつの提供。提供された状態そのままでも冷やしうどんとしていただけます。うどんのコシを楽しみたかったので温める時間は最低限にして、もつ鍋のスープと明太子を合わせていただきましたがかなりイケますね。〆のうどんというよりは完全にこちらがメインになっています(笑)

スープと明太子が無くなるまでお替わりし続けて気付けば16玉も食べていました。やっぱりラーメンよりずっと量が食べられますね(笑)御馳走様でした。

【店舗情報】
能古うどん
▼住所
福岡県大野城市錦町4-1-1 イオン大野城ショッピングセンター

▼営業時間
10:00~22:00(L.O.21:30)

▼定休日
不定休(イオン大野城に準ずる)

【福岡県の雀荘情報】
https://mj-king.net/tokushuses/prefs/40

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top