麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第28回 ネマタの雀魂日記

第28回 ネマタの雀魂日記

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀豪☆1で足踏みしていましたが、何とか雀豪☆2への昇格戦に到達。こんな時私がつい考えてしまうのは、前回のような対局でトップを取れていればとっくに昇格していたはずであるということ。間違いではありませんが、対局中に過去の結果を悔いるのは悪影響でしかないので、どこまで行っても、「これが最初の1戦」のつもりで対局をこなせるようになりたいものです。

雀魂牌譜

トップを取れば昇格から4戦連続2着で迎えた対局。内心、「早く決めたい」という焦りもありました。

東3局

9巡目 親がダブをポンしているところでこちらはくっつき1シャンテン。既にドラ3あるので打点十分。リャンメンになりやすいようにと打としますが、次巡ツモったのはテンパイする中で最もイマイチな。ここから親に通ってないピンズを切るのもリスクがあるのでやむなくリーチを選択しますが、親に追いつかれて11600放銃となります。

対局中は仕方ないと思っていましたが、打にはダマで出アガリ跳満になる受けが残るというだけでなく、ソーズを引いて場合のテンパイ打牌がになる(東家が待ちでテンパイしていた場合に放銃回避)、良形テンパイを逃すツモでも、打としてツモ変化も残るのでテンパイを外しやすいという利点もあります。

待ちテンパイに取れていれば役有りダマに構えられ、東家への放銃も回避できていました。一つ一つは結果論に過ぎませんが、こうした数値化しづらい要素を含めての判断であることを改めて知らされます。

南2局

8巡目 ラス目のラス親で何としてもアガリたいところでしたが、と西家にポンされ、更にツモってきたで放銃。これも仕方ないと思っていたのですが、西家が配牌時点で鳴き無しを押していなければ、東家の第一打のにラグがかかっているはずなので、それを確認できていればはほぼ鳴かれるかロンされる牌。ここでを絞って打でもチートイツ1シャンテンには取れる以上、ここで鳴かせてテンパイを入れられるよりはアガリ目も残せました。自分がアガリたい時こそ、不要牌だからと手拍子でツモ切らないことの必要性を知らされます。このラスを含めて3連ラス、一気に昇格が遠のきましたが、それでもまた目の前の対局を「最初の1戦」と思って打てればと思います。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter


この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top