麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第51回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第51回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人MEWS
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

10月になっても暑い日が続きますね。私は寒暖差からか風邪をひいてしまい一時的に雀魂をお休みしてました。麻雀で勝つうえでも体調管理を怠らないようにしたいものです。

雀魂牌譜

東2局

金の間で2回トップを取れば雀聖☆1に昇格。2枚切れにつきからは切りリーチが普通なのでの方が安全でした。ただし以外のドラが見えているのでで振っても安手であることが多く、安手放銃なら親の下家に高打点の手をツモられるよりマシなので案外難しいのかもしれません。

南1局

カンドラ表示牌にが見えたことに気を取られ、2枚切れを見落としていたところに4枚目のをツモってきたがためのミス。意外な牌をツモってきた時はこの手の認知ミスが増えるもの。だからこそ前倒しで場況を確認しておく必要があります。

南2局

ダマでも倍満ありますが、両者の打ち筋傾向からリーチしても出アガリ率がさほど下がらなそう。降りられるとしても2フーロしている対門であれば、リーチで降ろしたことで対門アガリ逃し→自分ツモアガリのケースも有り得ます。そして何より、運良く倍満より上のアガリになった場合にリターンが大きい点数状況ということでリーチを選択。

下家から出て裏が…4枚!ラスを引いてやり直しかと思いきや、牌があたかもこちらを勝たせようとしているかのような展開。震えました。

南3局

西家はほぼラス確リーチですが、差し込めるのは満貫まで。万一裏ドラがモロ乗りしたらと考えて降りてしまいましたが、ドラが全部見えていて染め手でもなさそうなリーチが跳満以上あることがどれほどあるでしょうか。満貫のアガリでもいいはずの東家の国士が成就する可能性の方がずっと高かったはずです。4枚目のをツモり、これさえ切らなければ東家のアガリはないとホッとしましたが、正直油断が過ぎました。

しかも、流局して親テンパイから連荘されて逆転はまだ有り得るので、実はまだ勝ち確にあらず。西家がツモって事無きを得ましたが、相変わらずミスが目立つ半荘でした。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top