麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第92回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第92回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人MEWS
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀魂はXpt(段位が昇格するとXの値が増える)を原点として、2Xptに到達すれば昇格、0ptになると降格します(天鳳はちょうど0ptは維持)。

雀聖☆1:2000/4000
雀聖☆2:3000/6000
雀聖☆3:4500/9000                    

昇格するたびラスのマイナスが25pt増えるので、雀聖☆2の1000/6000より、雀聖☆1の2000/4000の方が雀聖☆3に到達しやすいことになります。よって、より上位の段位を目指す為に意図的に負けて降格する選択が考えられます。天鳳でいうところの「わざ降段」。賛否両論ありますが、天鳳は昇段しても必要ptが緩やかにしか増えず、普通に打っていても降段する時はするので、結局のところしてもしなくてもどちらでもよいということがデータで示されています。実力向上のためには数多く打った方がよいというのもあり、伸びしろが十分あるうちはそのまま打ち続ける(ただしラスを引くリスクが低いので普段よりはトップ重視で打つ)のがいいかもしれません。

しかし、必要ptが急増する雀聖☆2以降に関しては、降格寸前ならわざと負けた方が効率がよいのは明らかです。ただし、「わざと降格する」と告知するのは、特定他家を意図的に有利する広義のコンビ打ちに該当するので、これはマナー違反ではなくルール違反の部類。わざと降格するのであれば、静かに一つ下の卓で行うべきです。同じ卓で打つ競争相手にわざわざ塩を送ることもないですからね。

ということで、雀聖☆2残り7ptになったところでさっさと降格しようとも考えていたのですが、雀聖が打てるのは王座の間と一つ下の玉の間。天鳳でコンビ打ち防止の観点から鳳凰卓の生配信が禁止されているように、雀魂では玉の間以上から生配信が禁止されていることを思い出しました。

私は配信者ではありませんが、コンビ打ち防止の観点から設けられているルールであることを踏まえると、コンビ打ちになりかねない行為自体が玉の間以上では認められていないとも解釈できます。この記事を挙げることによって、しかるべき時になったらわざと負けることを告知したとも取られる恐れがある以上、私個人としては、「わざ降段」せずに打つ(ただし降格間際の場合はラス回避を意識せずトップ重視で打つ)ことにいたします。

少し長くなりましたので今回はここまで。次回からはまた実戦譜を取り上げていきます。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top