麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
第205回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第205回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ             

四象戦冬の陣。参加者の皆様お疲れ様でした。雀魂日記今年最後の更新は決勝戦の観戦記です。

雀魂牌譜

東1局

引きでもターツが完成し、役牌は重なればアガリやすいので打

結果的にフリテンが残っても三メンチャンリーチなら十分。逆に言えばこのようなを上手く残せないのに字牌を抱えがちな人は手組で損することが増えるので注意したいところです。

一発でツモって跳満。開幕から大きなリードになりました。

東2局

ダブドラがトイツのチャンス手。既にポンしてメンツができる組が揃っているのですから、を残すメリットは薄いとみてを残したくなるところです。

しかしはドラだけあって鳴きが期待しづらく、テンパイしても降りられやすい。それなら他家が降りてもツモアガリが期待できるように極力リャンメンへの変化を残すのも一考。視聴者視点からは上家がカン残りの1シャンテンなので先切りしたくなりますが、対局者視点では上家のテンパイが近いとは言えず、そうだとしても待ちを絞りにくいので妥当なところとみます。

跳満テンパイが入りましたが、当たり牌は他家に止められ流局。

東2局1本場

前巡打としたところでは一盃口変化があるので打かと思ってしまったのですが、を残せばだけでなく、ツモから678、789三色変化を追うこともできます。しかもの出が早いので待ちが強そうですね。

結果的にはメンツを逃し西家への放銃となりましたが、ドラである以上これは致し方無し。

東3局

リーチに降り切るのは難しいのでチー打としてチンイツの受けを増やす手も考えましたが、いずれにせよアガリが厳しいので南家のツモを増やしたくなかったのかもしれません。西家にアガられてもまだ挽回はききますが、ドラを押してきている南家にマンズホンイツの満貫をツモられようならほぼ優勝が決まってしまいます。

こちらも安牌ならがありますが、南家にツモられるくらいなら、が見えて安手の可能性が高い西家に当たり得る牌を打った方がマシという判断があったのかもしれません。少なくとも南家の現物だからと西家の手出しを確認せずにを切るのは避けたいですね。

東4局

トップ目で待ちが悪いとなるとカンを控えがちになりますが、先制かつ打点上昇が大きいのでアンカンが有力とみます。西家がこちらの仕掛けにドラを切ってきたのが強く、勝負手が入っているとみたというのもありそうですが、全員トップを狙って来る決勝卓ならそれでも加点できる時に加点チャンスを広げた方がよいと思いました。

カンしていれば2000オールのところを1300オールのアガリ。

東4局1本場

タンピン三色まであるメンツ候補は残しつつ安牌を抱える一打。

西家からリーチが入りましたが、現物を切ってこのテンパイならトップ目でも追いかけリーチ。更に追いかけてきた南家からで11600出アガリ。これで優勝がかなり近づきました。

東4局2本場

点棒を稼いだからこそ止まる当たり牌の

リーチ者から出アガリすると飛ばして終わってしまうのでは押しづらい。しかしテンパイ料だけでも取って少しでも優勝の可能性は残したいのでチー打。ギリギリの攻防が続きます。

18巡目で安牌が尽きて、実況ではに手がかかるものと思われていましたが入り目の打待ちなら既にツモられてしまってそうなものだから、リーチが長引いた以上悪形待ちに当たる可能性もケアしたというところでしょうか。確かに無スジ同士ならの方が当たりやすそうではあります。

しかし今回はが4枚見え。はドラかつ手順からシャンポン待ちが否定できないので除外するとして、も通ったのではどうでしょうか。私ならそれを切ってそうです。

南1局3本場

ツモっても東家を飛ばして終了の3メンチャン。これで勝負有りと思われたのですが…

当たり牌が全て他家に流れたのでまだ分かりません。最後のをツモきれば東家に河底ドラ3を振り込んでいましたが打で回避。この局面なら念には念を入れて現物を抜いてもよさそうですが、が当たりになるパターンは今回のようなドラ3内蔵パターンは考えにくいということは言えそうです。

南1局4本場

打点は不要なのでが残っててもダマの一手。東家にタンヤオドラ3のテンパイが入るも、再度メンツスライドで放銃回避。当然の選択ではありますが、正しくスライドさせられるかどうかは結果に非常に大きい影響を与えます。

西家は親の仕掛けにケアしつつも、完全には手を崩さず勝負手を狙う構えでしたが結果的にダマに放銃。

南2局

トップ目でも先制役無しリャンメンはリーチすることが多いのですが、今回は親が倍満をツモったところでラス目が飛んでトップで終了。ダマでもツモアガリはできるのですから、少なくとも三倍満以上をツモアガられることよりは高打点放銃をケアしてダマにした方がよいでしょう。

そして親が本当に18000以上確定リーチ。もし直撃となればいよいよ優勝が分からなくなります。

結果的には西家のツモアガリ。完全に結果論ですが、もし東家以外がアガリに向かわず、東家もチートイツテンパイに取らずアンコを残していれば四暗刻をツモアガっていました!西家はダマが良かったとは思いますが、下手に手を狭めてアガリに向かわないのはなおのこと良くないと気付かされます。

南3局

再度四暗刻チャンスの手が入りますが、結果は南家に満貫放銃。2位以下も順位で賞品が変わるので、南家が優勝の目無しリーチを打つのも致し方無しというところでしょうか。

西家も四暗刻ツモでは優勝できず、優勝を狙うならツモアガらずに四暗刻単騎のダブル役満を狙う必要があります。役満賞もあるのですが、果たして実際にそうなった時にあくまで優勝を目指すべきなのかどうか。私も似たようなケースがありましたが、何とも悩ましいものです。

南4局

リーチして役満放銃と、リーチを打たなかったために他家のダブル役満成就なら一応前者の確率が高そうなので打でテンパイを外しそうですが、ウイニングランのつもりでリーチしたいという気持ちも分かります。

南家から出アガリして優勝決定。おめでとうございます。今回は参加資格すら無かった私ですが、次回の春の陣はせめて予選に参加できるよう頑張りたいですね。

来年も「雀魂日記」の更新は続くので、引き続きよろしくお願いします。それでは皆様、よいお年を。

 

 

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。
「咲-Saki- 全国編」とのコラボも決定!

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top