麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
第155回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第155回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人MEWS
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ           

一回戦を勝ち抜き二回戦。ここを勝ち抜けば準決勝。生放送で名前が紹介されるので是非とも生き残りたいところです。

雀魂牌譜

東1局

2フーロしてソーズホンイツ傾向の対門から早くもが溢れました。こちらも平和234三色が見える好手牌ですが警戒が必要です。

そのを上家がチーして打。次巡対門が打よりが残されるとなると、の周辺にメンツ候補が無い可能性が高い。そのうえでソーズホンイツ傾向となると、他に字牌を持たれている可能性が高まります。

そのを上家がポンして打。それを対門がポンして打。役役ホンイツで満貫にも関わらず、役牌のより客風のが残される牌姿。がポンされてが見えてないのですから、小四喜狙いで対門の残り4枚がとなっていることが想定されます。違和感のある手順は手牌構成が絞りやすいことが多いものです。

平和テンパイになりましたが切るのは生牌のが通ったうえでソーズ待ちのケースを考えてみると、の出が早い。高めチャンタ狙いの河作りにしてもより先に切るほどではなさそう。ならから、ならから鳴いたケース。この手順も否定はできませんが、をツモれば役満のメンツ候補が揃う対門が、果たして1回のツモを放棄してまで鳴くところであるのか疑問に残ります。リャンメン以外のソーズ待ちについても、高めチャンタのリャンメン変化を残せるが後まで残されそうです。

実戦ではとてもここまでは考えられていませんでしたが、鳴き方と手順がかなり特徴的だったので、字牌待ちの可能性が極めて高いと感じていました。こうした、「言葉で説明しようとするとややこしい思考」を、先人方は「勘」と読んでいたのかもしれません。

なら50:50。ここまで絞れるなら通っていたとしても判断は間違いでなかったと頭では分かっていても、次巡をツモった時は正直ガックリしてしまいました。

南3局2本場

 

気付けば無和了無放銃で残り100点。役満でも入らないかなと思った矢先にこの配牌。あの役満が見えます。

もしがただのなら早々に切って「伝説」を作りたかったのですが、ダブドラなのでいきなり切ろうものなら余計に警戒されてしまいます。タンピンイーペーツモドラ4のような倍満ツモでもオーラスに現実的な勝ち抜け条件ができるので一旦1シャンテンに受けましたが、ツモで役満狙いに切り替え。狙う役満とはもちろん緑一色のことです。

下家に4つも鳴かせてしまいましたが、勝ち抜くためには満貫ツモが必要なので私からは当たれません。上家も下家にツモられてしまうと負けてしまう以上私に対して絞ってきません。絶体絶命なのは変わりませんが都合のよい状況が揃いました。

杏樹「成果を記録しました。雀士さんにもシェアいたします。」 ひとまず高め倍満テンパイですが、言うなればこれは「仮テン」。私の麻雀史上最も贅沢な仮テンです。

杏樹「上がるまで油断してはいけません。」 

ついに「本手」が入りましたが、実はアガリ牌が出ても油断してはいけません。下家から出アガリすると3着止まりで敗退が確定してしまいます。

しかし今回の大会は「役満賞(祈願の巻物)」があります。ここから勝ち抜けできる可能性を考慮すれば流石にアガった方が無難そうですが、とりあえずは自動和了ボタンは押さないことにしました。

ツモあがればまさに伝説でしたが、残念ながらテンパイした時点でアガリ牌は1枚も山には残っていませんでした。次局は上家がツモってトビ終了。結果こそ振るいませんでしたが、今回の大会は最初から最後まで楽しかったですね。次回に備え明日から段位戦に励むこととしましょう。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。
「咲-Saki- 全国編」とのコラボも決定!

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top