麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第350回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第350回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人ニルウッドカバー
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

魂天神社から参拝報酬が出ています。忘れずログインしましょう。最近は雀魂にログインするだけの日も増えましたが、一姫現麻執筆の為に10年以上前の戦術記事から読み漁っていると思わぬ発見があったりするのでとても充実しています。

雀魂牌譜

東1局

三麻友人戦。三麻で意図的に狙うことは滅多にない純チャンですがこの形ならリャンメン落とし。

聴牌からの待ち選択。シャンポンの方が枚数が多く端寄りでもありますが、[③]は両者に使われておらず、[一]は四麻より対子が出来やすい三麻&巡目が中盤過ぎにつき、どちらかに対子で持たれている可能性もそこそこあるとみてツモ切りを選択。手出しするとその分ダマテンの可能性が読まれやすくなるというのもあります。

うまくアガることができましたが、他家に対子だったのは[九]の方。両者に[③]が切られているとはいえ使われる可能性のある形だったので本当に正しかったのかと言われると難しいところです。

南1局3本場

対門の東家が[北]を3枚抜いているうえに河が派手なのでダマで聴牌している可能性もありそう。東家の現物を切りつつ、聴牌した時に切る牌も安全になるように手を進めて打[⑧]を選択。

2件リーチが入りましたが聴牌打牌が中筋[⑤]で比較的通りやすいとみてポンテン。

上家から[③]が出てアガリ。何とか凌ぎましたがどちらにもかなりの大物手が入ってました。結局トップを取ることはできませんだが、待ち選択にしろ押し引き判断にしろサボらず集中して対応する必要があると知らされました。それではまた次回。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top