麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの手組の達人 第32回

ネマタの手組の達人 第32回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 ドラ

麻雀関連のホームページにつきものと言えばやはり何切る問題。今回の手牌はその中でも様々なホームページで出題されていたので何かと印象に残っている問題です。この機会に私の見解を取り上げさせていただきます。

「23322」の1シャンテン。聴牌する受け入れが最も多いのは打ですが、仮にツモで聴牌したところで、切りでのシャンポン聴牌に取るくらいなら、を1枚外してくっつき1シャンテンにした方がアガリやすそうです。打点についても平和がつく分聴牌外しが有利と言えます。

メンツが完成したところで聴牌を外すのであれば、良形変化が豊富なマンズの中ぶくれ形は残すところ。端寄りのトイツを落とすより、を1枚外した方がツモの形で勝ります。トイツ落としと浮かせ打ち。どちらを選ぶかの目安についてはこちらを御参照下さい。

受けが無くなるものの、1シャンテンを維持する打という選択肢もあります。この手の「2+1枚」の形を良形でない2枚に受ける選択肢は、手変わりしても余り牌が生まれ良形聴牌が残りにくいことから損になることが多いのですが、今回は打として仮にを引いた場合、打とする手があります。

ツモだけでなくツモも七対子聴牌。ピンズ部分がの刻子を抜くとが残るので、最初の牌姿ではが雀頭候補だったものの、がシャンポンに固定されるとが「2+1枚」のメンツ候補になり、余り牌の出ない形になるのです。

しかし、打としてを引いた場合も、

ツモで聴牌する打で聴牌しない代わりに、ツモでチートイツ。打にはないツモの手変わりが残る打(二盃口まで狙う打は受けが狭まる割に手変わり面でさほど有利にならないので損)との比較は微妙ですが、いずれにせよ打ツモの牌姿に比べて劣ってはいないと言えます。

ツモはどちらも打で聴牌を外すとして、残るは打として1枚のをツモった時に即聴牌することと、打ツモで中ぶくれ形が2つ残るくっつき1シャンテンになることとの比較ですが、これもアガリやすさで言えば互角程度、打点は平和、一盃口がある分後者が勝ると言えるので、私は打に分があるとみました。

その他の選択肢としては他に打がありますが同様の理由で打推奨。もしマンズがであれば、は残すとして、手変わりした際に平和がつかないことから、代わりに三暗刻がつく可能性を残せる打が有力そうです。和了率で余り差がつかなそうなら、メンツが順子だけなら平和がつきやすいように、メンツが刻子だけなら刻子手がつきやすいように打てば、打点が伴いやすくなるので有利になりやすい。迷う問題こそ、判断はシンプルにやった方が案外うまくいくのかもしれませんね。

手組の達人第33回

 ドラ

 

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top